軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢別荘物語 > 千ヶ滝別荘地西区

千ヶ滝別荘地西区

2013年4月18日 10:33

軽井沢別荘物語 第7回


千ヶ滝別荘地西区

P1090137.JPG

  千ヶ滝別荘地といってもとても
  広いので、今日は西区を紹介
  します。
  千ヶ滝別荘地でも古いのが管理
  事務所からセゾン現代美術館
  辺りの一帯。
  西武グループの創始者・堤康
  次郎が大正時代に開発したの
  が始まりです。
  堤は広大な原野を買い取り、
  旧軽井沢より庶民的な別荘を
  買いやすい価格で販売しました。
  別荘の中心地に運動場、
  温泉場を設けるなど
  幅広い事業を展開、
  別荘とレジャーの融合という
  画期的な経営を行い発展しました。
  写真は千ヶ滝別荘地の中心でもある
  西区管理事務所です。







P1090138.JPG

  管理事務所からセゾン現代美術館
  へと向かう道です。
  大きなカラマツやモミの木が
  歴史を感じさせ、
  暑い夏でも涼しく爽やかな風が
  吹き抜けます。












%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg

  この地区では丸太を活かした
  ベランダの別荘が多く、
  周囲の風景に溶け込んでいます。
  GW前の4月中旬ではまだ緑が
  少なく、庭には枯葉が積もり
  静けさを漂わせています。
 













P1090135.JPG


  遠藤周作・北杜夫はじめ
  作家や著名人の別荘も昔からあり、
  長年この地で夏を過ごす人が多い
  千ヶ滝西区。
  一方、移り住んで年間暮らす住民も
  増えています。
  企業の山荘はバブル期は多かったが
  今は少なくなりました。
  最近ではIT関係や
  ベンチャー企業の経営者などの
  別荘も多くなっているようです。
 





アーカイブ

PAGE TOP