軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ > 江戸時代の建物でアンティ-クを楽しむ

江戸時代の建物でアンティ-クを楽しむ

2007年2月24日 17:43

DSC05897.JPG
 2月の信濃追分は静かです。今年は暖冬とはいえ、ま縺 ま縺 寒い軽井沢。今日は日中でも-2℃

から気温は上がりませんでした。

 写真は江戸時代、追分宿の旅邀 『現金屋』縺 った建物。なんと250年も経っているこの建物で、

冬も・?張って営業しているのがここ『時幻』です。アンティークショップとして有名で、夏には大女優の

Yさん、歌手のTさん、その他、文化人たちも大勢訪れるお店。オーナーは知る人ぞ知る、あの有名

な『蜂の繝 サシは死ん縺 のさ~』(ちょっと古いけど、当時は大ヒット)の歌の作詞家のチコさんです

(写真の女性)。チコさんおすすめは「日常的に女性が手軽に使える器」です。

DSC05894.JPG

写真右の蓋付き茶碗は明治初期の印判と手描きでできているもの。(2300円)。その左はそばち

ょこ(1200円)。マイぐい飲みやコーヒーカップとしてもいいかも。その時代の特色を楽しみながら、

現代にあった新しい使い方を工夫してみるのもおすすめです。私が気になったのが、後ろにあった

火鉢。ここには火鉢がいろいろありますが、これは大正時代のもの縺 そう。中国の賢人が浮彫りに

なっている銅製で、値段は4500円と、思ったより高くないんですね。でも、灰がありません。今どき、

灰なんて手に入るのでしょうか。「縺 いじょうぶ、ここでもお分けしますよ」とチコさん。買っていってワ

インクーラーに使ったり、植木鉢に使ったりする人もいるとのこと。でも、、やっぱり日本人なら「和室

に火鉢」って情緒味わいたいですよね。(編集長)

アーカイブ

PAGE TOP