軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ > 緑に染まるガラスの文学碑

緑に染まるガラスの文学碑

2007年7月23日 18:17

7月も20日を過ぎているというのに、毎日雨や霧の続く軽井沢。今日は曇りですが、半袖では寒い

くらい。18時現在の気温は16℃です。今日のテレビでは、冷夏になる可能性もあるとのこと。心配

ですね。何が心配って、日照不足で野菜が育たないことも心配ですが、何よりも軽井沢は都会が

暑くならないと別荘住民も観光客も来軽しないので、それが心配なんです。人が多すぎるのも困

るけど、少ないのも困りますよね。

DSC06691.JPG

 そんな天候の中、軽井沢高原文庫へ写真の件で出かけました。敷地内へ入るとすぐ左の大きな

木の下に、立原道騾 の詩碑があります。「夢はいつもかへっていった 山の麓のさびしい村に」の

詩が書かれています。磯崎新さんの設計による記念碑です。


DSC06692.JPG

こちらは建物の裏庭にある中村真一郎の文学碑。これは金属より丈夫といわれる特殊なガラスで

できています。やはり中村真一郎自身の文字が刻まれています。ぜひ、見てほしい文学碑です。

DSC06695.JPG

館内には「かるいざわ文学散歩」展(7月23日まで)が開催されていました。・?辰雄の直筆原稿や

有島武郎の手紙など、貴重な資料が展示されています。私が注目したのは、これ、軽井沢での川

端康成の写真(アサヒグラフ)。上右は室生犀星のお墓の前で。右下は緑のトンネルで夫人と。そ

の左隣は旧軽井沢の床屋にて。一番左は見づらいけど、テニスコートの前でアメをしゃぶっている

姿が写し出されています。室生犀星が旧軽銀座でソフトクリー繝 をなめていたという話は有名です

が、ノーベル賞作家・川端康成も軽井沢ではリラックスして夏を楽しんでいたんですね。

7月27日からは生誕百年記念「高原の薫風のなかの井上靖」展が始まります。この機会に高原文

庫へぜひ足を運んでみてく縺 さい。(Y記者)

アーカイブ

PAGE TOP