軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

クラシックの世界

2007年8月31日 20:11

DSC06932.JPG

8月29日、プチホテル「オテル・ドゥ・軽井沢ヴァルト」のサロンコンサートへ出かけました。こちらの

オーナー岩田さんは、25年前にペンションを始め、その・?から、ずっとコンサートを続けています。

ご自身もチェロ、ギターー、ヴィオラ・ダ・ガンバなどたくさんの楽器を演奏されます。

この日はなんと82回目のコンサート。バッハやモーツアルトの美しい調べのあと、アンコールで「軽

井沢の環境を大切に」という願いを込めて「ふるさと」が演奏されました。

DSC06938.JPG

 8月30日、東京半蔵門にある国立小劇・?で行われる「えにしの会」へ行きました。これも軽井沢が

ご縁となった歌舞伎役者の市川門之助さんが出演するので、その取材のためですが、特別に舞台

稽古を見せていた縺 きました。これはなかなか見られないシーンです。

DSC06941.JPG

こちらが本番「清元 梅川」での市川門之助さんです(女形は上村吉弥さん)。顔が白塗りなので、

撮影はとても難しい。舞台写真は全部失敗でした。

ガーデンパーティーを楽しん縺 人たち

2007年8月28日 16:52

DSC06910.JPG

DSC06911.JPG

DSC06912.JPG

DSC06913.JPG

DSC06914.JPG

DSC06915.JPG

参蜉 者全員が写ってなくてごめんなさい。

『ヴィネットサロン』は爽やかな緑の中で

2007年8月27日 19:54

DSC06916.JPG

 8月26日、南原別荘地にあるハウスオブ軽井沢で、『ナチュラルな休日を楽しむ』をテーマにヴィ

ネットサロンを開催しました。年間購読者の交流会として企画したこのサロンに、各地からヴィネッ

トの読者が集い、緑いっぱいの庭でさわやかなティータイ繝 を楽しみました。


DSC06917.JPG

1000坪の敷地には、いろいろな野の花が咲き、大きな木々が軽井沢らしい雰囲気を作り出して

います。木陰でゆっくり過ごすお茶の時間で、軽井沢らしさを満喫していた縺 きました。

DSC06908.JPG

本誌連載『南ヶ丘リポート』でおなじみの「しいある倶楽部」の鈴木美津子さんが、荒れ果てていた

南ヶ丘の土地を美しい森に甦らせた話や、切られる木々を保護している活動を皆さんに説明し、感

動を与えました。

明日は参蜉 された皆さんのスナップをご紹介しますので、お楽しみに!

(Y記者)

美術館でのコンサート

2007年8月26日 17:07

DSC06893.JPG

庭のオブジェが邏 敵なルヴァン美術館、ここでのコンサートに行きました。

太郎山に別荘がある高広幸子さんのフルートコンサート。

軽井沢では今回で10回目を迎えたそうです。

DSC06901.JPG

今回はチェロとピアノのトリオ演奏があり、絵画の囲まれた雰囲気の中でとても邏 敵でした。

脇田美術館やメルシャン美術館でも、毎夏コンサートが行われています。

大賀ホールもいいけれど、こうしたアートプラスコンサートというのも私は大好き。

DSC06898.JPG

ルヴァン美術館は、文化学院を設立した西村伊作さん一族が運営しています。写真は伊作さんの

娘、坂倉ユリさんと息子の八知さん。95歳と85歳というのが信じられないほど、シャッキリ元気な

お二人。他の姉妹も高齢(85歳以上)にも関わらず、夏になるとニューヨークや北欧から飛行機で

飛んできて軽井沢に集まるというのですから、驚きますね。

夏に会う人たち

2007年8月24日 16:46

DSC06872.JPG

シャンソン歌手の鳳寛子さんとはもう12,3年のお付き合い。南軽井沢にある別荘を取材させていた

縺 いたこともありました。

 『軽井沢パリ祭』を10年続けたエネルギッシュな方です。一昨年は大賀ホールで、僧侶の声明と

コラボレーションを行い、みんなをアッと驚かせました。今年のレイクニュータウンでのディナーコン

サートも大好評でした。

 今日はヴィネットの取材を兼ねて一緒にランチを楽しみました。毎年、夏にはお会いしてパワーを

分けてもらっています。

「FM軽井沢で『鳳寛子のシャンソンをあなたに』を日曜夜9時からやっていますので、聞いてく縺 さ

いね」

DSC06887.JPG

 推理作家の斉藤・?さん一家とも、毎夏、必ず一緒に食事を楽しみます。やはり、取材でお会いし

てから10年以上。月日の経つのも早いもので、生まれたばかりの赤ちゃん縺 ったお孫さん(真中に

立っている男の子)はもう小学・?1年生。夏は当然軽井沢へ来るものと思っていて、今年は「カブ

ト繝 シを採りたい」と、目を輝かせます。万平ホテルのコテージが毎夏の別荘です。

毎年、すてきな人たちとの出会いが本当に楽しみ!(編集長)


写真は左から:斉藤・?さん、芦屋の山梨さん、孫の子竜くん、長女・啓子さん、幸子夫人、藤沢の

柳沢さん(万平ホテル 『たん熊』にて)

音楽に浸れる街

2007年8月22日 17:15

DSC06876.JPG

 『軽井沢八月祭』が始まり、大賀ホールでは毎日、朝から晩までコンサートが行われています。

私も、21日は前夜祭コンサート『六本木男性合唱団』、22日は『前橋汀子ヴァイオリンコンサート』

へ出かけました。『六本木男性合唱団』は、日本を代表する政財界や様々なジャンルの第一線で

活躍するメンバーが集まって結成しているコーラスグループです。メンバーの名前を見て驚きまし

たが、また、その邏 晴らしいコーラスにもびっくりしました。(非公開のところを特別見学させていた

縺 きました)

 写真に写っている車は日産の燃料電豎 車「X-TRAIL FCV」という最新エコカー。八月祭の期

間中、出演者や関係者を乗せて町内を走っています。

DSC06878.JPG

22日の『前橋汀子ヴァイオリンコンサート』は、大勢の観客で会・?はいっぱい。「G線上のアリア」や

「ハンガリー舞曲」「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ」など邏 晴らしい演奏に嵐のような拍

手がおくられました。

『軽井沢八月祭』は8月26日まで多彩なスケジュールで行われます。そしてそのあとは、『軽井沢

国際音楽祭』も予定されています。

まさに、『音楽の街、軽井沢』。邏 晴らしい環境に恵まれていることに感謝!(M記者)


DSC06880.JPG

チャリテイバザー

2007年8月18日 19:04

DSC06860.JPG

古宿にあるアトリエ「May & Cook」でチャリテイバザーが開かれているので、渋滞をぬって行ってみ

ました。手芸品やアクセサリー、陶芸作品採れたて野菜など、色々なものを売っています。なかな

か盛況の様子。ひっきりなしに車や人が入ってきます。売上の一部を『社会福祉法人日本聴導犬

協会』へ寄付し、さらに小学・?の子供たちに聴導犬や介助犬のデモンストレーションをプレゼントし、

今年でもう3回目縺 そうです。

DSC06861.JPG

 私もぜひ協力をと、何を買おうかなと見ていたら「この海苔、おいしいのよ。私の実家で作っている

の」と声をかけてきた女性たち。この日のために東京や横浜からお手伝いにきたという元タカラジェ

ンヌの方々。右は店のオーナー塩沢さん(も、元タカラジェンヌ)。話が弾んで宝塚の歌を歌っていた

縺 きました。「すみれの花咲く・?」ではなく、30数年前の「シャングリラ」でした(みんな知らないでし

ょうね)。

(Y記者)

滅失の危機

2007年8月17日 16:28

DSC06849.JPG

この建物はスイス公使館別荘縺 った建物ですが、近々、取り壊されることが決まりました。1945年

8月、日本政府がポツダ繝 宣言の受諾を連合国へ打電した記念すべき・?所、平和交渉の・?でもあ

ったとして知られています(軽井沢の人達は終戦を8月10日に既に知っていた)が、所有者の東京

電機大学が老朽化と利用者減のために取り壊しを決めたということです。軽井沢町へ引き取りを

打診したけれど、町は断りました。

軽井沢の風景に溶け込む外観、軽井沢ならではのストーリーがある建物縺 けに、なんとも残念な

話です。敷地内には「平和の記念保存家屋として終世迄保護いたしませう」と別荘利用者が記し

た碑が残されているというのに。

ドイツには、ポツダ繝 宣言の・?になった館が大切に残され、今も多くの観光客が訪れています。

軽井沢町役・?も町民も、こうした文化遺産を観光資源として大事にせず、毎年、「観光客が減った」

と嘆いているのもおかしな話ですよね。

DSC06853.JPG

こちらは・?辰雄の小説「美しい村」にも登・?するチェコスロバキア公使館別荘縺 った建物です。

既に不動産屋に買い取られ、看板にも売り物件と出ているので、いつ壊されるかわかりません。

軽井沢にはこのような由緒ある別荘がいくつか滅失の危機にあります。その別荘の歴史には軽井

沢ならではの物語があるものが多いので、壊されてしまうのはとても残念です。

『軽井沢ナショナルトラスト』はあっても、「保存しよう」と積極的に立ち上がる運動をやっているよう

には見受けられないのが残念です。「軽井沢の美しい別荘風景を未来へ」と、『軽井沢ナショナル

トラスト』のパンフレットに書かれていますが、果たしてこれで未来へと続くのでしょうか?

DSC06855.JPG

ここは何回か壊すという話が持ちあがった別荘ですが、つい最近、理解ある人に買い取られ、残る

ことになりホッとしました。もっと、みんなでこうした歴史的建騾 物を文化遺産として、価値を認識し

てもらえるようなことをやらないといけないのではないかと思います。保存にはお金がかかることで

すが、みんなが力を合わせて、「保存を!」と叫ぶことも必要でしょう。基金を集めることも必要かも

しれません。その価値を理解してもらえるよう、私たちも新聞やヴィネットでもっと伝えていかなけれ

ばいけないと思っています。

(編集長)

夏、本番!

2007年8月14日 18:20

DSC06847.JPG

 夏本番。軽井沢も相当暑い日が続いています。旧軽井沢銀座もこのとおり、人混みのうえ、木々

がないので、暑いこと。避暑地なのに連日30℃です。ワンちゃん連れが多いので、犬がかわいそ

う。ワンちゃんのためには銀座通りを歩くのを止めて、別荘地の中を歩いてほしいと思います。

DSC06834.JPG

今日は、羽仁進さんご夫妻と一緒にランチをいた縺 きました。羽仁さんは知る人ぞ知るワイン通で、

なんと、名誉ソ繝 リエなのです。それも30年以上前からというからスゴイ!

レストランは羽仁さんおすすめの『プランデルブ』です。この日はワインの話を聞きながら(車の運転

のため、私は飲まずに聞く縺 け)、「ズッキーニの花、帆立繝 ース詰め」をいた縺 きました。(これをう

っかり、撮影するのを忘れてしまった)

羽仁さん夫妻の写真も、まるで酔っぱらって撮ったようにボケてしまってすみません。

(編集長)

萩とカラマツとブルーベリー

2007年8月12日 14:03

DSC06815.JPG

 萩が美しく咲く空き地に、昨年、除草剤を撒かれ、すっかりダメになったと思っていたんですが、

なんと、その空き地の一部に萩が咲きました。「よかった、生きていた!」と嬉しくて思わずパチリ

と写したのがこの写真。土地の所有者は単なる雑草と思っているようですが、萩は「源氏物語」や

「万葉集」にも登・?する日本古来の優しい花。英国の庭園を見学したときにも萩が上手に使われ

ていたのに驚いたほど、価値ある花なんです。また、除草剤をかけられかもしれないと心配です。

DSC06816.JPG

 先日の朗読&コンサートで、下重暁子さんが「私はカラマツが大好きで、カラマツのある所を探し

て別荘を持ちました。友人もまた、カラマツが好きで、カラマツのある所を探して別荘を建てました」

と話し、北原白秋の詩「落葉松(カラマツ)」を朗読されました。けれど、最近、軽井沢ではカラマツ

がどんどん切られています。地元の人には葉が落ちるのが迷惑なの縺 そうですが、有島武郎は、

それがカラマツの魅力として記しています。

――苗床のやうに林立する円錐形の樹木は、さながら天鳶絨のやうな柔らかさを以て、山の肌

を被っている。夏にはそれはよい程の白さを持って青い。秋が深まるに従って黄金の色となり樺と

なる。試みにその林の中に分け入ると、さびた針のやうなその葉が、ささやかな風にもたまりかね

て、ほろほろと・?といはず肩といはず佇む人の上に降りかかる。(有島武郎著「信濃日記」)

DSC06808.JPG

軽井沢新聞の配布で大日向の「さんしゅゆ」へ。ここはカフェレストランですが、今の季節、ブルーベ

リー狩りもできるのです。敷地にはいちめん、ブルーベリーの木が並んでいます。

DSC06811.JPG

「今年は不作ですね」と奥さん。それでも10分経つか経たないかのうちにこんなに濃紫色のブルー

ベリーが採れました。ちなみにお値段は30分食べ放題、持ち帰り1パック付きで800円と良心的

な価・?です。私はこれを煮たルバーブにかけて食べるのが大好物なんです。

(編集長)

涼やかなテラスで会議

2007年8月 7日 18:55

DSC06751.JPG

 前々回にウバユリの紹介をしましたが、こちらは軽井沢に自生するヤマユリです。

 ここは南ヶ丘のあるお宅の庭。とっても美しく、甘い香りが漂っています。どんどん増えるそう

です。旧軽井沢の別荘地にもたくさんありましたが、今は猿に全部食べられてしまいました。

残念ですね。ここのは縺 いじょうぶかな。

DSC06799.JPG

今日は、三隨 にあるピ-エスの社長さんの別荘へおじゃまして会議に参蜉 させていた縺 きまし

た。会議は別荘のテラスで行われました。テラスから見る庭がこの写真です。大きな赤松の木

にびっくり。軽井沢でこんな太い幹の赤松は初めてです。

何年か前、猿が何百匹もやってきて、この庭が猿でいっぱいになったそうです。それは三隨 通り

で猿が車にひかれ亡くなったとき縺 ったそうで、その様子を思い浮かべると、それはスゴイ光景

縺 ったと想像できます。きっと、それは人間に対する怒り縺 ったんでしょうね。

DSC06806.JPG

 会議は「いかにして快適なバスルー繝 にするか」「寒さは」「湿気やかびは」などについて話し合

いました。バスルー繝 は単なるバスルー繝 ではなく、軽井沢での特別な時間として過ごしたいとい

う人も多くいるはず。この会議を元に、ヴィネットでもこのテーマを・?究し、バスルー繝 を「より快適

で、軽井沢らしく過ごせる空間」になるよう追求していきます。

きっと、軽井沢暮らしに役立つページになると思いますので、お楽しみに!

(編集長)

『軽井沢らしさ』の深み

2007年8月 5日 19:12

DSC06756.JPG

 8月の第1土曜日は、軽井沢ならではのイベントがたくさん行われる日です。

「軽井沢高原文庫の会」は今年でもう22回目とか。文学ファンの皆さんに毎年ここでお目にかかり

ます。写真は右から:吉村祐美さん(軽井沢ヴィネットでもおなじみ文芸評論家、「文学者たちの

軽井沢」を連載していた縺 いています)、塩川治子さん(佐久文学賞受賞の作家)、三善里沙子

さん(エッセイスト、『軽井沢の法則』の著者)、桐山秀樹さん(ジャーナリスト、ノンフィクション作家) 

DSC06762.JPG

 三善さんの司会で、井上修一さん(井上靖の長男)と川端香緒里さん(川端康成の娘婿)のトーク

ショーが行われました。お二人の関係は、香緒里さんが修一さんの家庭教師縺 ったの縺 とか。緑

の林の中で、川端康成と井上靖という文豪のエピソードを身近な人から聞けるって、これはやっぱ

り軽井沢縺 からですね。

DSC06772.JPG

 この日は町と県が主催する国際親善パーティーが4時からあり、毎年そちらへ行くのですが、今

年は大賀ホールで開催する「軽井沢のかそけき風と音楽と」の朗読とコンサートへ行きました。

 チェレスタとクラヴィコードの調べにのせて、下重暁子さんが、北原白秋や立原道騾 の詩の朗読

を行います。

DSC06777.JPG

 森ミドリさんが演奏するチェレスタは、1890年代の楽器。オルゴールのようなやさしい響きに心が

癒されます。なんと、森さんはこの楽器をNHK大阪で捨てられかけていたのを拾ったの縺 とか。

なんと、邏 敵な拾い物でしょう!

DSC06779.JPG

こちらはクラヴィコード。1700年代の楽器縺 そうで、チェンバロにも似た響きです。聴く人より、弾く人

が楽しめる楽器で、このように楽器の中に邏 敵な絵が描かれています。

夏の軽井沢では、様々なコンサートや展覧会や講演会が行われ、今の季節、めいっぱい文化の薫

り高い軽井沢を満喫できます。こうして、取材なのか、遊びなのかわからなくなるほど楽しんで、

『軽井沢らしさ』という深みにはまっていく…とは編集長のことば。(M記者)

これがウバユリ

2007年8月 2日 19:10

DSC06716.JPG

 軽井沢の林の中にひっそりと咲くウバユリの花が今年もようやく開きました。掲示板でもときどき

話題になるウバユリとはこの花です。清楚な花なのにウバユリなんて、かわいそうな名前ですが、

昔むかし、お乳が出ない母親がこの花の・?っこを採ってきて、すりつぶし絞ってお乳の代わりに

赤ちゃんに飲ませたそうな。そこからこの名前が付きました。赤ちゃんにとっては“命の花“縺 った

んですね。

DSC06713.JPG

ま縺 、最初はこんな感じ。これではとてもユリの花には見えません。ユリと気づかない人がほと

んど。

DSC06707.JPG

ふくらん縺 蕾が開いて幾つかの蕾に分かれます。そして、何日かすると、緑がかったユリの花が咲

きます。旧軽井沢の別荘地にたくさんあったのですが、今はほとんど、猿に食べられてしまいました。

DSC06724.JPG

ここは森のように木がたくさんあった広い土地。昨年秋に木を全部切ってしまった・?所です。その

あとにはこのようにウバユリがたくさん咲いているので、かつて、ここが林縺 ったということが証明さ

れています。でも、ウバユリは日陰を好む植物なので、来年は咲かないでしょう。この・?所ではこ

れが見納めです。

(編集長)

アーカイブ

PAGE TOP