軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ > 萩とカラマツとブルーベリー

萩とカラマツとブルーベリー

2007年8月12日 14:03

DSC06815.JPG

 萩が美しく咲く空き地に、昨年、除草剤を撒かれ、すっかりダメになったと思っていたんですが、

なんと、その空き地の一部に萩が咲きました。「よかった、生きていた!」と嬉しくて思わずパチリ

と写したのがこの写真。土地の所有者は単なる雑草と思っているようですが、萩は「源氏物語」や

「万葉集」にも登・?する日本古来の優しい花。英国の庭園を見学したときにも萩が上手に使われ

ていたのに驚いたほど、価値ある花なんです。また、除草剤をかけられかもしれないと心配です。

DSC06816.JPG

 先日の朗読&コンサートで、下重暁子さんが「私はカラマツが大好きで、カラマツのある所を探し

て別荘を持ちました。友人もまた、カラマツが好きで、カラマツのある所を探して別荘を建てました」

と話し、北原白秋の詩「落葉松(カラマツ)」を朗読されました。けれど、最近、軽井沢ではカラマツ

がどんどん切られています。地元の人には葉が落ちるのが迷惑なの縺 そうですが、有島武郎は、

それがカラマツの魅力として記しています。

――苗床のやうに林立する円錐形の樹木は、さながら天鳶絨のやうな柔らかさを以て、山の肌

を被っている。夏にはそれはよい程の白さを持って青い。秋が深まるに従って黄金の色となり樺と

なる。試みにその林の中に分け入ると、さびた針のやうなその葉が、ささやかな風にもたまりかね

て、ほろほろと・?といはず肩といはず佇む人の上に降りかかる。(有島武郎著「信濃日記」)

DSC06808.JPG

軽井沢新聞の配布で大日向の「さんしゅゆ」へ。ここはカフェレストランですが、今の季節、ブルーベ

リー狩りもできるのです。敷地にはいちめん、ブルーベリーの木が並んでいます。

DSC06811.JPG

「今年は不作ですね」と奥さん。それでも10分経つか経たないかのうちにこんなに濃紫色のブルー

ベリーが採れました。ちなみにお値段は30分食べ放題、持ち帰り1パック付きで800円と良心的

な価・?です。私はこれを煮たルバーブにかけて食べるのが大好物なんです。

(編集長)

アーカイブ

PAGE TOP