軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

年末の無声譏 画

2007年12月30日 15:50

P1000716.JPG

 昔々の譏 画はトーキー譏 画(無声譏 画)で、弁士なる人が熱演するという。それって、いったいど

んなふう??と子供の・?から思っていましたが、軽井沢でそれを見られるというので出かけて行き

ました。

 大賀ホールの『十二月祭』のイベントの一つ、「チャップリンのスケート」と「キートンのセブンチャン

ス」の2本立てです。

 当時のサイレント繝 ービーの再現どころではではありません。なんと、クラシック音楽の生演奏に

合わせて、女性弁士がチャーミングな語りで熱演。さすが、大賀ホールの企画らしいステキなイベン

トです。

 チャップリンはもちろん、おもしろかったけど、このキ-トンという方、名前は知っていましたが、も

のすごい演技をする俳優なのです。まるで、スポーツ選手のように走り、飛び、落ちてくる岩をもの

ともせず駆け抜ける。今のように、CGがあったら、こんな苦労はしなくてもよかったでしょうに…な

んて、同情しますが、この・?の譏 画に賭ける情熱というすごさも感じました。

 それにしてもこんなステキで楽しいイベントなのに、皆さん年末でお忙しいのでしょうか、観客が

少なくてもったいないですね。このあと、6時からグレタ・ガルボ(この人も見たことないので、見た

い!)の譏 画があったのですが、大掃除の途中、抜け出してきたので、帰らなければならず、残念!

P1000723.JPG

 さて、翌日。年末の軽井沢のスーパーはお盆並みの混雑です。軽井沢でお正月を過ごそうという

別荘族や観光客がどっと来るから。31日はものすごい混雑なので、今年は早めに済ませてしまお

うと30日に来たのですが、このように、駐車・?で停めるところが見つからず右往左往している車も。

P1000721.JPG

 店内も、レジが夏季と同じ二人態勢でした。お米屋さんに訊くと、「午前中はすごかったけど今は

一段落ね。3時過ぎるとまた混むのよ」とのこと。移り住んでくる人もふえていますが、そういう人か

ら見ると信州のお正月の食品は不思議な点があるようです。年末にお刺身を食べるのは「なぜ?」

縺 そうですが(お天気お姉さんも書いている)、それはここが山国で、お刺身はめったに食べられな

いもの縺 ったからなのでしょうね。お雑煮にエノキダケが入っているのも不思議なそう。それは単純

な理由で、エノキダケは信州名産で、安くておいしい味が出るからでしょう。

いよいよ、2007年も終了に近づきました。今年も取材を通して、多くの方にお会いし、いろいろなこと

を学ばせていた縺 きました。ブログを読んでく縺 さった皆さん、ありがとう。

来年も皆様にとって良い年でありますように!(M記者)

花豆ごはん

2007年12月29日 17:20

P1000709.JPG

 花豆を知っていますか?

初めて見たときには思わず「そら豆でしょ」と言ったほど。初めて見た人はこの大きさにびくっくり。

そして、また食べてみて、その美味しさにびっくり。

さらに驚くのは、家の近所でも簡単に作っているので、またびっくり。どんどんツルが伸びていって、

赤い花がたくさん咲きます、そして、やがてこんな大きな豆が採れるのです。

朝吹登水子さんの「私の軽井沢物語」には、花豆のトンネルを通ったこどもの・?の思い出がノスタル

ジックに描かれています。

さあ、花豆ご飯が炊き上がりました。

P1000710.JPG

ふっくらと、おいしそう…!作った方は千ヶ滝にお住まいの塚越佳津さん。

ちょうど、私が伺う時間に合わせて作ってく縺 さったというのですから、感激です。

塚越さんにはヴィネット誌にも何回か登・?していた縺 きましたが、お料理ではなく「軽井沢彫り」や

「庭つくり」などの特集でした。実はお料理名人で、おもてなしの名人なのです。

 P1000715.JPG

た縺 盛り付ける縺 けでなく、こんなふうにお料理にササーッと緑をあしらって、軽井沢らしい薫りを

添えます。それがいつもとてもセンスが良くて、いた縺 いた方は皆さん感激します。

「それは、気持ちよ。おいしいものみんなで分けていた縺 く、それがいちばん。お金じゃないわよ」

という佳津さんに、いつも大切なことを学ばせていた縺 いています。

花豆ご飯の味?もちろん、最高でしたよ!

(編集長)

すてきなクリスマス

2007年12月24日 19:09

P1000677.JPG

遅ればせながら、軽井沢のイルミネーションを見に行きました。恵みシャレーは残念ながら今年は

週末の車が乗り入れ禁止ということなので入れず、評判高いイングランドハウス・ウインザーへ行

きました。

P1000682.JPG

なるほど、こちらも邏 晴らしいですね。教会もあって雰囲気たっぷりです。

クリスマスが過ぎてもイルミネーションは見られるということなので、ま縺 の方はぜひ。

P1000688.JPG

大賀ホールではクリスマスコンサートと題して『プラターズ』の公演が行われました。

『プラターズ』といえば、『ONLY YOU』。その歌声にみんなうっとりと酔いしれました。

なんと、公演後、プラターズの3人が帰る私たちに一人ひとり握手してくれたのです。

この右側の女性のようにちゃっかり腕組みさえする人も!

P1000699.JPG

さて、それから急いで御代田へと向かい、クリスマス恒例のマティのチャリティ・オークションに参蜉

しました。この写真では、コーヒーミル(+ポット)を示すマティさん。このあと、コンサートあり、クリス

マスソングの合唱あり、もちろん食べ物も食べ放題と楽しいイベントでした。この日の売上は8万8千

円を超え、いままでにマティのオークションで寄付した金額は99万円にものぼったのです。

すごいゾ、マティ!

ちなみに、今回はサイクロンで大災害縺 ったバングラディッシュへ寄付されます。

(編集長)

明治時代の外国人別荘

2007年12月18日 19:18

P1000650.JPG

 ここはハッピーバレー(幸福の谷)と呼ばれる別荘地。外国人が名づけた邏 敵な名前ですが、今

の季節、歩いている人はひとりもいなくて、舞い落ちて積もった枯葉がもの哀しい雰囲気をかもし

出しています。春、夏、秋と季節ごとに美しい別荘地ですが、今の淋しい時期は・?辰雄が「風立

ちぬ」の終遶 (死のかげの谷)を書いた・?所というのも、何となくわかるような気がします。(書いた

時期は12月でした)

P1000647.JPG

道沿いに見えてきました。杉皮張りの明治の別荘(実はそっくりに復元した建物)、シーモアハウ

スです。シーモアさんという女性宣教師が建てた別荘ですが、帰国するとき、英語を教えていた

同志社大学に寄付していったのです。

同志社大学では、OBたちの宿泊施設としてとても大切に使用してきました。以前取材したとき、

泊まっていた方が「屋・?に穴が空いても、星がよく見えていい」と言っていたので驚いたほど。

でも、あまりに傷んできたので、とうとう新築したのでしょう。新築には見えないほど、そっくり同じ

に、古い感じもそのままの杉皮張りの建物になっています。シーモアさんの気持ちを一番に考え

のですね。これが新築と気づく人は少ないようです。

P1000653.JPG

やはり明治時代の数少ない別荘として、その行方が気になっていたのがこの芥川龍之介の想い

人、片山広子ゆかりの別荘。売りに出されたとか、もう、売却されたとかという噂がたっていました。

この別荘へ立ち寄ってみると、ちょうど工事中でした。工事の人に「別荘は買い手が決まったそう

ですが、この建物は壊されるのですか?」と訊くと、「いや、売られてなんかいないよ。今は持ち主

の依・?で補修しているん縺 よ」という返事。「そうですか。持ち主の方は邏 晴らしいですね」と思わず

笑顔になると、「こういう建物は軽井沢にとって大事なん縺 よ。もっと、町が協力して補修すればい

いん縺 よ」と工事の方。「そうですね、ホントに…」とうなずいたのでした。

P1000651.JPG

見事な土管の煙突です。杉皮張りの杉皮は今も供給できるので、いつでも、張り替えることはでき

るの縺 そうです。(編集長)

料理教室

2007年12月13日 18:15

P1000627.JPG

自然食品を販売している「じねんや」へ買い物に行くと、ちょうど料理教室を行っていました。

料理教室といっても、た縺 の料理ではないのです。身体に良いマクロビオテックのお料理です。

本日のメニューは「タカキビのシューマイ」と「カボチャのレンコン」とのこと。シューマイ作りを見学

させていた縺 きました。マンツーマンで教えてもらえるんですね。新軽井沢から来たというMさんは

もう10回以上習っているそうです。

P1000632.JPG

赤く肉のように見えるのはタカキビです。たんぱく質が豊富なグルテンミートを入れると、肉の食感

や味に近くなります。ここで作ったお料理は持ち帰って、夕食にいた縺 くそうで、Mさんのご主人に

も好評とのこと。おいしそうなシューマイがどんどん出来ていきますよ。

習いたい方は、じねんやさん〔℡0267・46・2476〕へ、詳しい内容をお問い合わせく縺 さい。

(M記者)

「壁」

2007年12月10日 17:16

P1000599.JPG

 12月8日、旧軽井沢のレストランで、「小磯良平大賞」を受賞した土屋明智さんの受賞祝賀パーテ

ィーが開かれました。「小磯良平大賞」は国内最高賞金ということでも有名ですが、時代を担う新た

な作家を発掘する賞としても知られています。732人、1084点の応募という激戦の中からの受賞とい

うことはスゴイことですね。

写真は喜びの親戚の皆さん。土屋さんの実家、「レストラン菊水」にて。店内には土屋さんの作

品がたくさん飾られています。

12_10.jpg

これがその第8回小磯良平大賞受賞作品の「壁」。写真左は土屋明智さん夫妻。

エルサレ繝 の「嘆きの壁」をイメージしたという壁が複数の男女を囲い、壁には日常的なものである

新聞紙が描かれています。中央には風船が浮かび、「個人個人の間にある壁は、人の心の中

にある善意で乗り越えられる、ということを表現したかった」と土屋さんは語っています。新聞もひと

つひとつ細かく描かれているのにはビックリ。本物を見たい方は、神戸で見られます。

(編集長)

枯れ木に花を…

2007年12月 6日 18:21

昨日の朝7時前の気温は、マイナス5度。

外へ出ると、木々のこずえから地面まで真っ白でした。

冬の軽井沢特有の霧氷です。

小さな葉の一枚一枚、細い枝の1本1本に、

レースのように美しい縁取りを作っていました。

すっかり葉の落ちた森の木々が、

それこそ花が咲いたように真っ白になっている様子は

寒さも忘れて見とれてしまいました。

雪景色とはまた違った、美しい冬の軽井沢の風景です。

霧氷は、霧が出た寒さの厳しい朝方、

空気中の水分が葉や枝に付いて凍ります。

霜や、単純に水滴が凍ったものとは違い、

それはとても繊細で、

触るとはらりと落ちてしまうし、

日が昇って気温が上がるとすぐに消えてしまいます。

霧の多い軽井沢ならではの、自然からの贈り物。

早起きした冷え込ん縺 朝は、

ちょっと外を見てみてく縺 さいね。

 (Y記者)

アーカイブ

PAGE TOP