軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

明治時代の外国人別荘

2007年12月18日 19:18

P1000650.JPG

 ここはハッピーバレー(幸福の谷)と呼ばれる別荘地。外国人が名づけた邏 敵な名前ですが、今

の季節、歩いている人はひとりもいなくて、舞い落ちて積もった枯葉がもの哀しい雰囲気をかもし

出しています。春、夏、秋と季節ごとに美しい別荘地ですが、今の淋しい時期は・?辰雄が「風立

ちぬ」の終遶 (死のかげの谷)を書いた・?所というのも、何となくわかるような気がします。(書いた

時期は12月でした)

P1000647.JPG

道沿いに見えてきました。杉皮張りの明治の別荘(実はそっくりに復元した建物)、シーモアハウ

スです。シーモアさんという女性宣教師が建てた別荘ですが、帰国するとき、英語を教えていた

同志社大学に寄付していったのです。

同志社大学では、OBたちの宿泊施設としてとても大切に使用してきました。以前取材したとき、

泊まっていた方が「屋・?に穴が空いても、星がよく見えていい」と言っていたので驚いたほど。

でも、あまりに傷んできたので、とうとう新築したのでしょう。新築には見えないほど、そっくり同じ

に、古い感じもそのままの杉皮張りの建物になっています。シーモアさんの気持ちを一番に考え

のですね。これが新築と気づく人は少ないようです。

P1000653.JPG

やはり明治時代の数少ない別荘として、その行方が気になっていたのがこの芥川龍之介の想い

人、片山広子ゆかりの別荘。売りに出されたとか、もう、売却されたとかという噂がたっていました。

この別荘へ立ち寄ってみると、ちょうど工事中でした。工事の人に「別荘は買い手が決まったそう

ですが、この建物は壊されるのですか?」と訊くと、「いや、売られてなんかいないよ。今は持ち主

の依・?で補修しているん縺 よ」という返事。「そうですか。持ち主の方は邏 晴らしいですね」と思わず

笑顔になると、「こういう建物は軽井沢にとって大事なん縺 よ。もっと、町が協力して補修すればい

いん縺 よ」と工事の方。「そうですね、ホントに…」とうなずいたのでした。

P1000651.JPG

見事な土管の煙突です。杉皮張りの杉皮は今も供給できるので、いつでも、張り替えることはでき

るの縺 そうです。(編集長)

アーカイブ

PAGE TOP