軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

雪と氷の世界

2008年1月14日 09:58

P1000775.JPG

 1月11日は雪が降り、夜には止みました。雪におおわれた別荘地の中にステキなイルミネーショ

ンが輝いて、とてもロマンテック。これからしばらくは、雪と氷の世界です。

P1000780.JPG

 雪が降った翌朝の景色はとても美しいですね。これは塩沢通り。モミやカラマツに積もった雪が

軽井沢の冬らしい風情を感じさせてくれます。

最近は「軽井沢の木を広葉樹にしよう、カラマツも切ろう」という傾向があるようですが、雪景色に

モミは谺 かせない存在ですし、カラマツ林の雪景色も邏 晴らしいもの。軽井沢にとって、樹木は

どれも大切縺 と思います。

P1000781.JPG

 上の写真のように、道路は凍ってツルツル(滑る)、バリバリ(薄い部分を歩くと割れる音)です。

何年運転しても氷の上を歩いたり、車で走ったりするのは苦手ですね。

こういう道に馴れていない方は無理しないで、タクシーを利用したほうがいいですよ。

P1000782.JPG

 14日の朝、近所の子供たちがお正月の飾りを集めていました。軽井沢ではこうしたお正月の松や

しめ縄、昨年のダルマなどを集め、「どんど焼き」をします(中軽井沢は狩野公園で)。

軽井沢の「どんど焼き」は、「まゆ玉」(上新粉で作ったお団子を小枝に刺したもの)を、正月飾りを

燃した火で焼いて食べると風邪をひかないといわれています。

私のふるさとの「どんど焼き」は12月31日、竿の先に付けたスルメを、やはり、その年のダルマや

神社のおフダなどを燃した火で焼いて食べます。

あなたのふるさとではどうですか?(編集長)

アーカイブ

PAGE TOP