軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢を美しくする見回り隊

2008年4月30日 10:41

P1010329.JPG

今年も我が家の山桜が満開になりました。

すっかり近所の名所になっているので、電線の邪魔になっても切るわけにはいかないですね。

もちろん、まったくその気はありません。電線を切らず、カバーをかけるか、地下埋設できないかと

思っています。前に、中部電力へは話してあるので、具体的にどうするか相談に行きます。

樹齢は約35年。軽井沢町役・?の無償配布でもらったものがこんな見事に育ちました。

「4月29日には無償配布しますが、木が大きくなると困るから、低木を配布します」と町長。

昨日、4月29日に役・?でドウダンツツジとブルーベリーを配っていました。

配布の目的は「緑化」縺 ったはずなのに、これでは緑化になりませんよ。

P1010313.JPG

これが、先日紹介したギョウジャニンニク。た縺 の葉っぱなのにニンニク味って不思議ですね。

5月2日にバーべキューをするので、また、焼肉をこれと一緒に食べます。

P1010309.JPG

ここは「中軽井沢歴史散策」で観光ボランティアガイドが案内する髫 れた名所。中軽井沢といえば、

かつては浅間三宿の沓掛宿。皇女和宮がお通りになったとき、わざわざ掘った井戸なの縺 そう。

P1010308.JPG

その横を見上げれば、こんな無残に枝を切られた大木が!
P1010304.JPG

離れた所から見るとこんな感じ。腕を切られた人間のよう。

「さわやかな高原の街・軽井沢」というイメージからはほど驕 い暗い印象です。

私の山桜はこんなふうにしたくありませんね。電線のためにこんなに切らなくても、電線をカバー

すればいい縺 けのことです。しいある倶楽部さんの話では、こんなことをすると、切ったところから

もっと枝が生えてきて、かえって大変なことになるそうです。

P1010159.JPG

ついでにもう一つ、あきれたこと。

大日向の「天皇御巡幸の記念碑」の横がこんなふうになっていました。

「ドッグラン」縺 そうですが、本当でしょうか?

いくらなんでも、この・?所にこの汚いトタン板はないでしょう。ドッグランなら、もっと、丸太の杭で

囲むとか、きれいに軽井沢らしくする方法はあるでしょう。赤のコーンも工事現・?みたい。

軽井沢を美しくする見回り隊が必要なのではないでしょうか。(編集長)

20周年のカフェ

2008年4月24日 13:58

P1010288.JPG

滝沢さんのギャラリー『詩季彩』に』立ち寄ったら、4月25日からの展示会の準備をしているところで

した。6月1日までの企画展『山辺奈美の花紀行』と題したプリザーブドフラワー展。

前半の第1部は『母に贈る花展』で、母への想いをこめた作品が、小さな詩と共に並んでいます。

5月13日からの第2部は、アトリエの仲間の作品も合わせて『アトリエ花紀行』を展示するそう。

邏 材やデザインのおもしろさが楽しめます。

P1010299.JPG

塩沢通りのカフェ『ミスアナベラ』は、今年7月で20周年を迎えます。おめでとう!

季節的な変動のある軽井沢で、喫茶店を20年も続けるというのは大変なことなのです。

「普通ではなかなか会えないような人にたくさん会うことができました」

と、20年を振り返って恵子夫人。

店内は20年も経ったとは思えない瀟洒な騾 り。ここではお茶を飲む縺 けではなく、品質の良い

おしゃれな小物も売っていて、掘り出しものを見つける楽しみもあります。

なんと、20周年を記念して恵子さんがデザインした絵を、スウェーデンで織ってもらったそうです。

(写真で恵子さんが手にしている布。)

ご主人の寺岡さんが抱いているのは、3代目のワンちゃん「菜々ちゃん」。

1代目、2代目はチャウチャウ犬でしたが、3代目はコッカスパニエル。ま縺 生後80日とのこと。

ミスアナベラはワンちゃんとの出会いを楽しみに訪れるお客様も多いのです。

白い花咲く

2008年4月21日 10:01

P1010254.JPG

コブシの花が咲きました!

長い厳しい冬が終わり、ようやく軽井沢にも春が来たことを知るのがこの花。

そんな理由からか、軽井沢の人々に愛される「町木」に選ばれました。

これから、どんどん花開いて、車で走っていると、街のあちこちに白い花をたくさん付けたコブシの

木が目につくようになります。花がきれいな時期は意外と短いので、これは、と思ったときに写真を

撮るようにしています。満開のあと、雨が降ると、すぐ茶色っぽくなってしまうから。

P1010257.JPG

足元を見れば小さなスミレも咲いています。

これはピンクですが、薄紫色や白色のスミレもあちこちに見られます。

今年は濃い紫色のスミレを探してみたいと思います。

最近、濃い色のはあまり見かけないので。

P1010261.JPG

これは桃の花。軽井沢では梅も桃もほとんど同時に咲きます。

白いコブシ、ピンクの桃の花、そして黄色のレンギョウも見かけます。

山菜はフキノトウが終り、我が家の庭ではギョウジャニンニクが葉を広げてきました。そろそろ食べ

・?ですね。この山菜はニンニクの味がして、焼肉と一緒にいた縺 くとなかなかいけます。もちろん

天ぷらでも美味。

P1010255.JPG

新軽ローソン裏がいつの間にか更地になって、工事をしていました。近所の人の話では、大きな

コブシの木は切られ、どうやらマンション用地となったようです。

町木のコブシは切らずに残しておくことはできなかったのでしょうか。

白い花咲くマンションも売れると思うけど。(M記者)

「ソロモン流」のロケ

2008年4月14日 19:27

P1010234.JPG

今日はテレビ東京の「ソロモン流」という番組のロケでした。

軽井沢では老舗パン屋さんとしてお馴染みのブランジェ浅野屋の社長さんが出演し、

私もちょっと縺 け出てお話します。

P1010235.JPG

こちらの女性が社長さんです。

若くて美人!その上、ソ繝 リエの資・?も持つスーパーキャリアウーマン。

今日はサッチモというジャズ喫茶でロケが行われました。

この美しい社長さんの「邏 敵な生き方、仕事にかける情熱、その手腕と邏 顔」を知りたい方は

ぜひ、4月27日(日)午後9時54分からテレビ東京をご覧く縺 さい。

軽井沢もいろいろ紹介されるそうです。

P1010238.JPG

ロケが終わった・?、ちょうどそこにやってきたのがブルドッグを連れた、八風別荘地にお住まいの

岩崎さん。

「いつも編集長ブログ見ていますよ」と声をかけていた縺 きました。

ブルちゃんはオス、3歳半、名前は力(リキ)くん。

個性的な彼は、愛嬌をみんなに振りまいていました。

(編集長)

百年以上愛されているデザイン

2008年4月 5日 16:12

P1010190.JPG

 今朝はウグイスの鳴く声で目覚めました。軽井沢は桜どころか、コブシもま縺 咲かず、木々は

裸木のまま。でも、今日は野鳥が春を知らせてくれたのです。

 11時から、メルシャン軽井沢美術館の春~夏にかけてのイベント「モリスの夢見た日々―近代デ

ザインの父、ウィリア繝 ・モリスの生活芸術展」のプレス内覧会へ出かけました。

 今では日常の身近なところにデザインが取り入れられていますが、実はこれを生み出したのが

ウィリア繝 ・モリス縺 ったのです。彼は貴族社会から大衆のためのデザインを広めた人でした。

テキスタルやタピストリーなどの展示を見ると、誰しもが、「あっ、このデザイン知っている」と、うな

ずきます。それは自然をモチーフにした優しいデザイン。

P1010197.JPG

彼のふるさとの木々や草花からデザインしたパターンが、100年以上経た今も愛され続けていま

す。2階には、このようなデザインのインテリアが上品にコーディネイトされ、当時を彷彿させる小部

屋ができていました。

P1010207.JPG

62歳という若さで亡くなった彼は、10人分以上の仕事をして、大活躍して亡くなったの縺 そうです。

その10人分の仕事とは、詩人、デザイナー、染色家、実業家などなど…多彩な人縺 ったんですね。

その中の一つに印刷工房の試みというのもあり展示されています。文字や絵を組み合わせた

ブックデザインも邏 敵です。

複数の分野で活躍したモリスの功績はどれも邏 晴らしいのですが、アート以外のことで驚いたの

は、彼が創設した「古建築保護協会」がイギリスの環境保護運動の中・?として今も盛んに活動を

展開しているということ。

P1010210.JPG

展示物の説明にすっかり心を動かされ感動してしまいましたが、ちょうど、時間はランチタイ繝 。

・?所をレストランに移動して、エルミタージュ・ドゥ・タ繝 ラさんのご馳走を満喫させていた縺 きまし

た。このあたり、詳しくは営業ブログをご覧下さい。(でも、あまり参考にならないかも)

(編集長)

アーカイブ

PAGE TOP