軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

花に満たされたヴォーリズ建築の別荘

2009年6月23日 18:26

P1050901.JPG

塩沢湖畔の軽井沢タリアセンでは「薔薇の祭典」が行われています。

その企画のひとつが「假屋崎省吾 花の世界in軽井沢」。

今日は睡鳩荘に假屋崎さんがフラワーディスプレイを行うというので、

取材に出かけました。

P1050851.JPG

假屋崎先生は広いサロンの中で、まず暖炉周辺からお花を活けていきます。

暖炉の両脇には、スモークツリーというやわらかでエレガントな雰囲気の花が飾られました。

朝吹登水子さんの別荘縺 ったこのサロンがフランスの香りに満たされるかのよう…。

P1050872.JPG

突然、假屋崎さんが窓の外にある白樺の枝を持ってくるようスタッフに指示しました。

どうするのかと思ったら、オブジェのように組み、そこへ花をアレンジしていきます。

なるほど!邏 敵ですね。

スタッフにてきぱきと指示する假屋崎さんに、

「プロの真剣勝雋 」というきびしさが垣間見えました。

P1050887.JPG

そして、1時間後、1階のサロンはアートな花たちで、エレガントな華やかさに包まれました。

これは飾り棚の上の作品。野ぶどうのツルとスモークツリーのバランスが見事です。

P1050890.JPG

こちらは2階のゲストルー繝 。

部屋を見てイメージするのでしょうか。1階とはまったく違うデザインなのに、

何となく南欧の明るい雰囲気が伝わってきます。

このほかの・?所にも邏 敵な作品が並び、ヴォーリズの別荘建築にマッチしています。

7月5日まで展示とのこと。皆さん、ぜひ、ご覧く縺 さいね。

湖畔の午後

2009年6月18日 20:18

P1050834.JPG

今年も野バラが美しい季節になりました。

・?辰雄の「美しい村」には「どこへ行っても野薔薇がま縺 小さな硬い白い蕾を付けています」と、

「序曲 六月十日」付で書かれています。

昨今は、6月10日には咲いていますから、やはり地球温暖化のためでしょう、

野バラの咲くのも早くなっているんですね。

軽井沢にいらっしゃる方は、緑の中を歩いて見つけてみて。

結構、あちこちにあって、バラのいい匂いがしますよ。

P1050808.JPG

ここは塩沢湖タリアセン。

白樺林は意外と軽井沢には少ないので、白樺のある高原のイメージを求めている方は、

こちら塩沢湖畔へお出かけ下さい。湖の向こうに見える邏 敵な建物は、

サガンの翻訳で知られる朝吹登水子さんの別荘(睡鳩荘)を移築したもの。

中は古き良き軽井沢の別荘の雰囲気に満ちています。

ヴィネットが毎夏行っているヴィネットサロンは、今年は8月22日、

この建物と湖畔で開催の予定です。

詳しくは7月10日発行の軽井沢ヴィネット夏号をご覧く縺 さい。

P1050810.JPG

塩沢湖畔でピーターラビットを発見!どうしてこんなところにいるの?と思ったら、

事務所で飼っているモップちゃんでした。

ま縺 生後3ヶ月くらいで、男の子か女の子かもわからないそう。

ここには以前、たくさんのウサギがいたのですが、外で飼っていたため、

キツネに全部食べられてしまったのです。モップちゃん、気をつけてね。

P1050823.JPG

道路の向い側にある軽井沢高原文庫へ来ました。

この建物は入口右にある作家・野上弥生子の書斎兼茶室です。

北軽井沢から運んで移築したものですが、なかなか風情があっていいですね。

軽井沢ナショナルトラストの勉強会がここで行われた時に入りましたが、

思ったより中は広かった印象があります。

P1050821.JPG

今日の一番の目的はここ。

裏庭にある・?辰雄山荘で行われている「蜉 藤周一追悼展」を見にきたのです。

追分の別荘で毎夏を過ごされていた蜉 藤さん。軽井沢での幅広い交流は

著書にも描かれていますが、時々、いろいろな方と談笑されているお姿を

お見かけしました。こんなことなら、もっと、早く取材するべき縺 った

と思いながら、見学しました。ご冥福をお祈りします。 (Y記者)

ウォーキング・マーガレットの道

2009年6月10日 20:31

P1050791.JPG

今日は軽井沢町議会の傍聴に行きました。一般質問する議員がたった4人縺 け。

私が今まで見たなかでは、最低の人数でした。

「議員て、何人いるの?」「16人縺 っけ?」

「え~!そんなにいるのに、たった4人しか意見言わないの?」

「住民の声を届けるという意識があまりないのかな」

「結構なお給料もらっているん縺 から、もっと、一生懸命働いてもらいたいものね」

「そうよ、私たちの税金なん縺 から」

「でも、今回は4人縺 けで時間も早く終わったから逵 っている人がいなかったみたいね」

「え~、いつも寝ているんですか?」

「縺 いたい、ひとり、ふたりはいるわね」

(議会終了後の井戸端会議より)

P1050798.JPG

M記者「なんか、迫力に谺 けた議会縺 ったわね」

マリン「ねぇ、なんか、つまんなそうね」

M記者「この前、マリンを連れていくの忘れたから、これから、湯川公園へ散歩に行こうか」

マリン「わ~い!行こう行こう」

P1050799.JPG

マーガレットの咲く道を歩いて、湯川公園へ向かいました。

湯川のせせらぎと可憐なマーガレットの花に癒されて、ルンルン気分になったふたり。

マリン「湯川公園にはドッグランがあるから、イケメンのワンちゃんが来ているかも…」

M記者「そろそろ、アカシアの花が食べ・?かも…」

P1050731.JPG

この写真は、5月に撮った湯川公園の写真です。

ツツジが満開のときは、こんな鮮やかな公園に変身します。

でも、いつもあまり人がいませんね。

土・日は子供たちが遊んでいますが、今日は誰もいませんね。

ドッグランにもワンコがいなくて、マリンはがっかり…。

P1050772.JPG

湯川のほとりにある、この大きなハルニレの木は

ヴィネット(96号)の表紙を飾ったこともあるんですよ。

大きな包み込むような温かさのある木なんです。

この木の下に立って、川の流れを見ていると、自然っていいなと思います。

木はやっぱり大切ですよね。

公園の芝生より、この川べりが好き。マリン、ここで休んで行こうか。

P1050800.JPG

「あ、見て見て!」とマリン。そこには、私が探していたアカシアの花が!

アカシアの木に近づくと、とってもいい香り。

毎年、この花をてんぷらにしていた縺 くのですが、

てんぷらではこの香りは消えて、ほんのり甘味が感じられるのです。

花よりダンゴの私とマリン。「夕食の献立はこれに決まり!」

両手にいっぱい花を抱え、マーガレットの咲く道を引き返し家路を急い縺 のでした。

(M記者)

ウォーキング・松並木通り

2009年6月 3日 19:47

P1050763.JPG

不安定な天候が続いていますね。

雨が降りそうな空の下、久々に松並木通りを散歩しました。

新緑が気持ちいい別荘地です。どこからか、カッコウの声も聞こえて、さわやか。

カラマツ林にカッコウが聞こえると、軽井沢の夏が近いという気がしますね。

あ、いけない!マリンを連れてくるのを忘れちゃった。

P1050766.JPG

この道しるべは土屋三四郎さんというおじいさんの手作りです。

三四郎さんはこの近所にお住まいの方で、よくこの通りをお掃除されていました。

(今もお元気でしょうか?)

丸太を削って作り、筆で書いた邏 朴なところが、何とも愛情がこもっていていいですね。

高額な金属製の道しるべが旧軽井沢の方にありますが(見たことがありますか?)、

それより、ずっとこちらのほうが邏 朴で軽井沢らしくていいではありませんか。

P1050768.JPG

ふと、足元をみると、こんな消火・?の蓋を発見。なかなか、かわいいですね。

このほか、鳥や花などいろいろな絵の蓋があるようです。

車で通り過ぎると気がつかないことも、歩くといろいろ発見しますね。

ちなみに、右上のマークは軽井沢の「か」をデザインした軽井沢町のマーク。

P1050770.JPG

いやぁ~、驚きました!しばらく来ないうちに、ホテルウィンザー縺 った・?所が

こんな空地になっていました。正面の木の横にある街灯についている

ユニオンジャック(英国旗)が、わずかに面影をとどめています。

ここはこれから、どうなるのでしょう?変なふうにならないことを祈っています。

P1050773.JPG

さて、松並木通りはここでおしまい。

このあとは、いったんバイパス18号に出て、スーパーツルヤの裏から

湯川沿いに歩きます。続きはまた。今度はマリンを連れてこなくっちゃ。

(M記者)

アーカイブ

PAGE TOP