軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

祝賀!オープンガーデンの日

2009年7月27日 18:30

P1060093.JPG

美しい花が咲き乱れる広い庭。

今日は、もうおなじみになった川勝邸のオープンガーデンの日です。

英国で80年以上も続けられているチェリティの活動で、

N.G.S.ジャパンが主催し、軽井沢ではもう7回目。

特に、今年は特別な日になりそうなんですよ…。

P1060092.JPG

次々と庭園を見に人々が訪れます。

700坪の敷地には、様々な花が咲いているのはもちろん、

エリアによって趣向を変えてあるのも楽しいですね。

P1060091.JPG

手作りのケーキをいた縺 いていると、あちらに集まっている数人を発見。

あっ、川勝さんがいらっしゃいました。

「静岡県知事、当選おめでとうございます!」

そうです、今日は祝賀パーティーになりそう。

P1060090.JPG

静岡県知事縺 けでなく、なんと、この春、39歳で当選した

佐久市長の柳田さんもいらっしゃいました。

ふたりでしっかりと握手を交わしているところをパチリ!

「地方行政からの改革、期待しています。かんぱ~い!」

別荘取材始りました

2009年7月26日 19:58

P1060085.JPG

今日から秋冬号の取材に取りかかりました。

来年夏号のための取材もあったりで、これからしばらくは

モーレツな忙しさになりそう。

さて、別荘取材に訪れたのは、白樺別荘地の気さくなご夫婦、

大島さん。別荘を建てたときのお話などをうかがいました。

P1060084.JPG

企業の生産性とか合理化とか、多忙な毎日を送っていた大島さんが、

ふと知り合った軽井沢の人たちは、企業の利益追求など、

そういうことからかけ離れた世界の人たちばかりでした。

「あくせくしている自分は何なの縺 ろう」とふと疑問に思ったことが、

軽井沢に別荘を持とうと思ったきっかけ縺 ったそう。

今は大きな木の下のウッディな別荘で、自分らしく生活をエンジョイしています。

P1060060.JPG

次に訪ねた別荘は、画家やパテシエが集う丸紅別荘地の藤井さん。

一見、ふつうの家なのですが、中に入ってびっくり!

P1060070.JPG

こんなふうに、ベランダのガラス戸がカーテンのようにスルスルと移動します。

女性でも力は不要。意外と簡単に動かせます。すると…

P1060077.JPG

そこからは、部屋と一体になった浅間山の眺望が!

パテシエ手作りのロールケーキをいた縺 きながら、

このすばらしい浅間山の絶景を満喫させていた縺 きました。

(M記者)

西欧美術史の変遷

2009年7月19日 10:21

P1060036.JPG

この夏のメルシャン美術館では「ヨーロッパ美術史の変遷」と題し、

18世紀~19世紀のフランス絵画を中心に、宮廷絵画から

アールヌーボーまで3遶 に分かれて展示されています。

P1060041.JPG

18日のオープンに先がけて行われたプレス内覧会では、

この展示会を監修した美術評論家の阿部信雄さんの説明があり、

とてもわかりやすく、楽しくて力強い熱弁に惹きこまれました。

まずは第1遶 宮廷絵画。

この・?の絵画は、神話に登・?する人物も含め、

特別な人たち縺 け、美しいもの縺 けが描かれました。

P1060044.JPG

第2遶  バルビゾン派とその周辺。

1830年代、コローの登・?により、自然そのままの風景というものが

初めて描かれるようになりました。

「今では当たり前ですけどね、その・?は当たり前ではなかったんですよ」と阿部さん。

それまでの絵画の風景は、神話や物語などの創られた世界の風景縺 ったんです。

個人的な話になりますが、私はコローの絵が好きで、

昨年、上野のコロー展も見に行ったほど。

特にこの絵の左隣にある「サン・ニコラ・レザラスの川辺」が気に入ってます。

(この写真には写っていなくてすみません)

P1060048.JPG

この豪華な額縁の絵はミレーの絵。

水彩、パステル、クレヨンで描いた邏 朴な絵なので、

この額縁は合わないような気もしますが、ミレーともなると、

・?が違うから、こうなるのでしょうか。

「これはミレーの長女。後ろにいるのはミレーの5男」と阿部さん。

ここにはミレーの子供たちが描かれています。

農民の現実的な日常生活を描くというのは画期的なことでした。

ミレーは高く評価され、絵画の新たな展望を開いたのです。

P1060054.JPG

最後に阿部さんが紹介したのが、この華やかな絵。

第3遶 の「ヨーロッパ諸国の絵画」から、イタリアの画家、

ジョアッキーノ・パリエイの作品「夜会」です。

「19世紀のヨーロッパで流行した風俗画の典型的な作品です。

18世紀の貴族たちの生活や情景を、やや大げさに描いたもの」

というこの作品。見れば見るほどおもしろい。

中央に座る男がこの館の主と思われます。その横の地味な服装の男は弁護士縺 そう。

右には演奏する人と踊る貴族たち。

ちょうど、そこへ身分の高い婦人が入ってきたので、取り巻く紳士たち…

譏 画の一・?面を見ているような面白さがあります。

先にカタログを買って、じっくり読んでから見ると、

今のようなことがわかって興味深いですね。

2階にはガレやドー繝 兄弟のガラス芸術作品がありますが、

これまた、ジャポニズ繝 の影響を受け、日本の草花のモチーフを

取り入れているというから、おもしろい。

(M記者)

軽井沢の新名所

2009年7月17日 20:14

P1060032.JPG

話題のハルニレテラスに行ってきました。

千ヶ滝通りに駐車・?があり、そこから入ると

湯川沿いにウッドテラスが続き、店舗が並んでいます。

テラスにはゴミひとつないというのがすばらしい!

左側にも見えますが、スタッフが絶えずお掃除しているんですね。

P1060033.JPG

樹齢50年を超えるようなハルニレの木が湯川沿いにはたくさんありますが、

そうした樹木を上手に生かし、訪れる人たちに心地よい空間を与えています。

湯川のせせらぎと川から渡る緑の風も気持ち良くて、

テラスに座っていると、時間を意識せずいつまでもいたくなります。

軽井沢に来た人を連れてきたくなる・?所――それがこのねらいなのでしょうね。

テラスからはこんな湯川の渓流がながめられます↓ さわや~かです!

P1060029.JPG

ウッドテラスにしたのもさすが。どうしても耐久性を考えると、

経営上、木は腐りやすいので、他のコンクリートやタイル系にしがち

なのですが、そうしなかったところがエライ。あくまで「軽井沢らしさ」

「自然」「本物」にこ縺 わる社長の考えなのでしょう。

P1060035.JPG

お店はいろいろあるので、お気に入りを探してみてね。

私は、ジェラート屋さんで花豆とミルクのジェラートを注文。

テラスで川の流れを楽しみながらいた縺 きました。

ちなみにお値段は、2種類を選んで1カップ500円でした。

(Y記者)

たまにはコマーシャル

2009年7月15日 20:07

P1060022.JPG

皆さん、軽井沢ヴィネット夏号を、もうご覧いた縺 けましたか?

今回は「三隨 ホテル物語」と題し、「軽井沢の鹿鳴館」と呼ばれた

三隨 ホテルを様々な角度から特集しています。

ヴィネットならではの初公開の写真もたくさんあるので、必見ですよ。

また、食いしん坊さんのために、軽井沢の達人たちがお薦めする

おいしい名店もぜひ、ご覧下さい。

軽井沢ならではの人たちが登・?していますよ。

P1060025.JPG

こちらは軽井沢新聞7月号。

今月の「人物語」は、年間の1/3を軽井沢で過ごすという

国際ジャーナリストで明大教授の蟹瀬隱 一さんです。

「国際舞台の取材って命がけ!」とびっくりするような話が

載っています。

そして、今日発行になったばかりの単行本「リゾート軽井沢の品・?」。

「○○の品・?」が流行っているからこの題名というわけではありません。

「軽井沢は元々、品・?のあるところなんです。移り住ん縺 人や

新しく別荘を建てた人にも、軽井沢の本質をわかってほしい」という、

著書・宮原安春さんと発行人・広川小夜子の願いが込められた題名なのです。

軽井沢の文化遺産やそれにまつわる物語など、軽井沢で暮らす人なら

じっくり読みたくなる一冊。今日出来上がったばかりなので、

これからインターネット書店のアマゾンなどでも買えるよう手配します。

お急ぎの方は編集部へお問い合わせく縺 さい。

P1060035.JPG

と、今回は編集部のコマーシャルになってしまいましたが、

たまにはいいですよね。

次回はこの写真のところをご紹介します。

このおいしそうなのは、「花豆のジェラート」です。

お楽しみに!  (Y記者)

ファンタジックな傑作

2009年7月11日 20:58

P1050986.JPG

旧軽井沢のショー通りにある、モガダ繝 さんのアトリエ兼ショップにおじゃましました。

・?所は旧軽銀座通りの1本南側といったほうがわかりやすいでしょうか。

モガダ繝 さんは、軽井沢のアトリエで絵を描いて、今年で9年目になるそうです。

P1050991.JPG

アトリエはファンタジックな絵がいっぱい。

モガダ繝 ワールドは不思議な世界なんです。

この絵はどうですか?私はとっても気に入りましたよ。

モガダ繝 さんが中央で絵を描いていて、その周りに色々な動物たちが集まっています。

何ともハッピーな雰囲気…。

きっと、このアトリエで描いているモガダ繝 さんってこういう気持ちなんでしょうね。

P1050993.JPG

「毎年、新作を発表しています。ぜひ、見にいらしてく縺 さい」と奥様の明子さん。

描くのは、人物以外なら何でもOK縺 そうです。

「今度、マリンを連れてきますので、描いてく縺 さいね」

「はい、お待ちしています」

でも、描いてもらっている間、おとなしくしてくれるかな…。

P1060006.JPG

さて、その夜は、中軽井沢・長倉神社の花火大会でした。

中軽井沢の花火大会というと、雨や霧が多いのですが、

今年は昨年に続いて、お天気良好。

神社近くは混雑しているので、前沢橋の上から見物しました。

すると、とても良く見えて、しかも、こんな珍しい写真が撮れました。

しなの鉄道を走る電車と花火です。ケッサクではありませんか!

7月の花たち

2009年7月10日 11:34

P1050956.JPG

会社の庭にホタルブクロがたくさん咲きました。

この花が咲くと「夏が来た」という感覚になります。

本当にホタルが入りそうな花ですが、実際には

花の中は毛がいっぱいで入れないんですって。

P1050963.JPG

こちらはユウスゲです。天皇・皇后から軽井沢町へ届けられたという種から育てた苗が、

何年か前に植物園で配布され、それをいた縺 いて育てたユウスゲです。

今年もこんなにきれいに咲いて、やさしい香りを届けてくれます。

P1050969.JPG


「ねぇ、お散歩行こうよ。最近雨が多いから、驕 くまで行かないで、近所ばかりなん縺 もん。

今日は湯川公園へ行こうよ」

マリンがマリンルックに着替えて誘っています。

久々に湯川公園へ行ってみましょう。

ウバユリもきっと大きくなっているにちがいありません。

P1050971.JPG

最近雨が多いので、水量が多いようですが、その分、流れが速くて渓流の美しさを見せています。

「今日は釣りの人がいないね。こういう日はお魚が獲れるのにね」

「あら、マリンはよく知ってるのね」

「私も一度、釣りってやってみたいな」

「“釣りをする犬”…いいかも。ニュースになるわね」

「ニジマスよりイワナかヤマメを釣りたいな」

とすっかり、その気のマリンちゃん。

P1050973.JPG

川岸には、今年もウバユリがこんなに育っています。

私の開花予想は7月20~25日・?。

でも、お天気し縺 いですね。

皆さん花は採らないで見る縺 けにしてね。

ほしい方は、秋に種を採って捲いて育ててく縺 さい。

(M記者)

旧軽井沢はそろそろ夏本番!

2009年7月 5日 15:14

P1050937.JPG

ここは旧軽井沢ロータリー近く。

ま縺 、開店前の朝早くから何をしているのでしょう?

樹木保護団体「しいある倶楽部」のメンバーです。

「何をしているんですか~。えっ!500本も

ボランティアで街路樹の手入れしているんですって?」

P1050927.JPG

こちらはロータリーの電話ボックス。ペンション組合のメンバーの方たちです。

「何をしているんですか~。ボランティアで修理しているんですって?」

それぞれ、善意で軽井沢を美しくしようとしているんですね。

取材してみると、意外なことがわかりました。

詳しくは軽井沢新聞7月号(7月10日発刊)をご覧く縺 さい。

P1050947.JPG

軽井沢銀座周辺もし縺 いに賑わってきました。

テレビでも軽井沢特集を放送するようになり、いよいよ、

トップシーズン開幕といったところでしょうか。

P1050951.JPG

メイン通りの中ほどにある観光会館へ寄ってみました。

2階でコマクサ倶楽部の活動・?告と写真展が行われています。

P1050949.JPG

「どうぶつたちへのレクイエ繝 」という、保健所で死期を待つ

かわいそうなワンちゃんネコちゃんの写真が飾られています。

人間の身勝手な行動で死へと追いやられる動物たちの

最後のポートレートには胸が苦しくなります。

P1050950.JPG

同じ会・?で、創作アクセサリーを発表する小山さん。

なんと、手持ちの洋服に合わせて世界に1つしかないアクセサリーを

創ってくれる宝飾デザイナーさんです。ここでの販売はなく、作品の展示縺 け。

世界に一つ縺 けの自分用アクセサリーを創ってほしいという人はコマクサ倶楽部へ。

アーカイブ

PAGE TOP