軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ > 復元した建物がある都会の新名所

復元した建物がある都会の新名所

2009年9月 6日 22:54

P1000168.JPG

昨年の7月、軽井沢がとても暑い日に上京して、この「丸の内仲通り」を歩いたら

軽井沢より涼しかったと書いたのですが、今日も涼しくて快適でした。

でも、涼しいのはこの通り縺 けで、陽のあたる所はやはりとても暑い東京です。

P1000156.JPG

ずっと、工事中縺 ったビルがついに完成して、邏 晴らしい建物が出現しました。

これです!三菱一号館といって、明治27年に竣工したビルを復元したのです。

明治27年といったら、三隨 ホテルが明治37年着工ですから、それより10年早かったんですね。

中に入ってみましょう。

P1000159.JPG

趣ある建物は、鹿鳴館を手がけた英国人、ジョサイア・コンドルによる設計で、

銀行縺 ったそうです。吹き抜けになっている入口がとてもいい。

天井の板の張り方や彫りは必見です。角の柱の彫刻もよくできていて、

さすが、鹿鳴館を設計した人、と感心します。

復元して、今は何になっているかというと…

P1000164.JPG

カフェです。銀行の窓口縺 ったところから撮った写真はこんな感じ。

窓口はとてもしゃれて、当時は本当にこんな縺 ったの?と思ってしまうほど。

ところで、ここでは何がいた縺 けるのでしょうか。

コーヒー、紅茶…と普通のメニューでしたが、「アイスクリー繝 」と書くのではなく、

「あいすくりん」とでも書いていてほしい、そんな雰囲気です。

P1000165.JPG

本日のデザートプレートを注文しました。

チーズケーキとブルーベリー繝 ース、カシスのシャーベットの盛り合わせで

900円でした。

昼はランチプレート、夜は本・?的な料理もあるとのこと。

入って左奥では「一丁倫敦と丸の内スタイル展」という興味深い展覧会を

やっていました。

今日は時間がなくて見られない。残念!近いうちに、また来ます。

P1000166.JPG

驚いたのは、裏へ回ったら、こんなに緑多い空間があって、たくさんの人たちが

ここで休んでいたこと。

この丸の内の新名所「ブリックスクエア」は、単なるファッションビルでない、

緑はもちろん、地域の歴史や文化を上手に取り入れた、これからの都会の

ファッションモール+快適空間はこうあるべき!と示唆しているようでした。

アーカイブ

PAGE TOP