軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ > 8年がかりで手作りした別荘

8年がかりで手作りした別荘

2009年11月 5日 17:08

P1000642.JPG

ヴィネット秋冬号の暖炉特集に登・?していた縺 いた横山さんの別荘へ

おじゃましました。

横山さんの家は暖炉ばかりでなく、全体がとても邏 敵な手づくりの家。

50年前にご主人とたった二人縺 けで作ったというのですから、すごいことです。

(今、流行りのセルフビルドのログハウスではありません。在来工法です)

ヨーロッパの本を参考に作ったというこの窓は、洗練された雰囲気があります。

P1000639.JPG

建具も全て二人で作ったそうです。この扉はなんと、フレー繝 が安中城の

梁で作ったの縺 そうです。「軽井沢に別荘は数えきれないくらいあるけれど、

お城のもので作った別荘はここしかない」と友人に言われたそう。

扉には「ここで会った人たちと、次の世でも再会しましょう」と

いう意味の中国の詩が書かれています。

扉の前の女性が横山さん。

こんなきゃしゃな奥様が、和服姿でこの家を手作りしたなんて信じられますか?

P1000644.JPG

この茶室も手作りと聞いて、本当にシロウト?と、目を丸くしました。

ご主人は建築を学ん縺 こともあるけれど、英文学者なのですって。

左の花・?窓は高崎の重要文化財の花・?窓を写させてもらって彫刻して作ったそう。

よくできていると感心するばかりです。家は完成までに8年の歳月がかかったと

いいますから、気の短い現代人には考えられないことです。

時間がかかっても、自分たちの納得できるものを作りたかったのでしょうね。

P1000631.JPG

これはカンテラです。最近、大人気の「ターシャの家」の本にこれと同じものが

出ていたので、横山さんはびっくりしたそうです。

そういえば、横山さんの家はターシャの家の雰囲気にそれとなく似ていますね。

家のそこかしこに、お二人がこの家を大切に作り上げたという愛情が

感じられます。

ヴィネットでも、次の機会に、この家のすべてを紹介したいと思います。

(Y記者)

アーカイブ

PAGE TOP