軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ > なかなか見られない貴重な手紙

なかなか見られない貴重な手紙

2012年9月13日 11:49

P1080291.JPG

文学者ゆかりの追分「油屋旅館」がギャラリーになり、話題を集めている

「文化磁場油屋」へ出かけました。いろいろな個性的なお店が入っている

ようです。

P1080292.JPG

ルーサイト・ギャラリーのコーナーでは高橋朋子さんのすてきな白い磁器が

並んでいました。

ルーサイトギャラりーは、東京隅田川沿いにある、昭和を代表する人気芸者

「市丸姐さん」の元邸宅を改装したギャラリーで話題を集めています。

P1080294.JPG

ここは油屋旅館のとき、ロビーだったところ。今はカフェになっていますが、

昔の面影が残っています。

ここに、立原道造が火事に遭って危機一髪で救出されとときの、恐怖を

つづった手紙が飾られていました。あの手紙はどこへ行ったのでしょう?

.P1080298.JPG

あ、ありました!ここ、堀辰雄文学記念館に展示されていました。

M記者「せっかくの写真なのに、光が入って立原さんの顔がよく見えない」

マリン「あ~、失敗!ごめんなさい。立原さん」

M記者「でも、手前の道造という文字がはっきり見えるわ。立原さんは

文字も、なんか詩的よね」

マリン「この展示『堀辰雄「別去れの村」へのまなざし』は11月30日まで

追分の堀辰雄文学記念館でやっています。皆さん、ぜひ、行ってみて

くださいね」

アーカイブ

PAGE TOP