軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

紅葉の終わりに

2012年10月30日 18:17

006.JPG

軽井沢の紅葉、今年はとってもきれいですね!

マリン「ここ、すごいね。どこを撮ったの?」

M記者「すごいでしょ。これは私じゃなくてM子さんが撮ったの。

千ヶ滝西区の管理事務所前のモミジよ。あまりの美しさに思わず

シャッタ―を押したんだって」

マリン「軽井沢のどこもステキよ!アタシも撮りに行かなくっちゃ・・・」

P1080505.JPG

ここは会社の前。「今日の軽井沢」でいつもWEBに登場する看板の

手前から写した様子です。黄色のモミジに赤が混じってきれいです。

P1080499.JPG

さて、日曜日。あいにくの雨でしたが、昼には晴れて「新そばまつり」の取材へ。

マリン「わ~い。軽井沢は長野県だから、有名な「信州そば」なんだよね。

しかも新そばだって」

M記者「何を言ってるの、取材よ。ちゃんと、撮影しなさい」

マリン「だって、ちゃんと食べなきゃ、記事が書けないよ」

M記者「書くのは私だから、食べるのは私だけでいいの」

マリン「え~、だって、ランチの時間だよ」

M記者「マリンにはジャーキーがあるわよ」

マリン「・・・(涙)」

013.JPG

そして、翌日は強い風が吹いて、きれいな紅葉の葉がかなり

散ってしまったのです。

P1080509.JPG

マリン「追分まで撮影に来たのに、もうこんなに葉が落ちて・・・。

アタシの紅葉のきれいな写真のシャッターチャンスがなくなっちゃった(涙)」

M記者「来年はもっと早く撮ろうね」

マリン「来年・・・て」

WEBでも新聞の内容が見られます

2012年10月27日 14:00

P1080467.JPG

マリン「皆さん、こんにちは。今、軽井沢ヴィネットオリジナルカレンダーを

制作中です。軽井沢の美しい写真がいっぱいのこのカレンダーは、

ヴィネット年間購読者の方へお送りしますので、お楽しみに!」

M記者「マリン、取材に行くよ」

マリン「え、どこへ?Mちゃんはいつも急なんだから。アタシだって、予定と

いうものがあるんだから(ぶつぶつ・・・)」

二人は旧軽井沢へと向かいます。

P1080483.JPG

旧軽銀座通りチャーチストリート前のモミジが美しく紅葉しています。

平日でも、結構、紅葉を見に来る観光客がいるようですね。

今日は金曜日ですが、次の土・日は紅葉がちょうど見ごろなので、きっと

とてもにぎわうのではないでしょうか。

P1080490.JPG

やってきたのは、旧軽銀座通りにある「ジャムこばやし」さん。

店内には、ハロウィンのカボチャがいくつか並んで、「らっしゃ~い!」と

言っているよう。

P1080488.JPG

マリン「あ、これな~に?」

M記者「アフリカの木の実だって」

ここには、世界のいろいろな木の実があります。なかなかお目にかかれない

おもしろいものもいっぱい。

P1080485.JPG

世界の木の実を取材に来たのではなくて、こちらのフルーツソースです。

ちょっと、珍しいフルーツソースなんです。

M記者「何が珍しいかは、軽井沢新聞11月号をごらんください」

マリン「また~、その手なの!」

M記者「だいじょうぶ。軽井沢WEBでも、この記事が見られるように

なりますよ」

マリン「そうなの!よかった」

お給料ください

2012年10月19日 18:06

P1080452.JPG

これはご存知、旧軽井沢の聖パウロ教会。紅葉は少し進んで、こんな感じ。

きれいになるには、あと1週間くらいかかるかな。

紅葉が美しくなったら、カメラで腕をふるおうと思っているマリンなのでした。

P1080375.JPG

マリンは、今日は直談判です!

経理をやっている会長のところへやってきました。

会長「おっ、マリン今日はどうしたの?」

マリン「アタシにも、お給料をちょうだいよ。校正したり、撮影したり、

パソコンの早打ちだってやっているんだから!」

会長「マリンはがんばっているんだね。じゃあ、役場で住民票をもらっておいで」

マリン「役場・・・行ってくる!」

P1080445.JPG

役場は、会社のすぐ前です。

夏の間、節電のために植えた緑のカーテンのアサガオもそろそろ終わりです。

P1080446.JPG

マリン「あ、これこれ。『軽井沢町民憲法』ね。とってもいいこと、書いて

あるんだから、もっと、町の人が読まなきゃ。町民の皆さん、役場へ来たら、

これを読んでくださいね」

P1080439.JPG

そして、役場の中へ入ったマリンは住民課へ。

マリン「アタシの住民票ください」

係の人「・・・? ワンちゃんの登録は保健所じゃないのかしら」

マリン「アタシのお給料は・・・(涙)」

軽井沢の必需品

2012年10月17日 17:08

P1080434.JPG

ここは塩沢にある浄月庵(旧有島武郎別荘)の玄関前のテラス。

ときどき、テーブルに落葉が舞ってきます。

徐々に黄色や赤に染まってきていますが、今年の紅葉は少し遅いようです。

静かな秋の午後、お茶を飲みながら好きな本を読むというのもいいですね。

この浄月庵はカフェになっているので、そんなときにぴったりです。

P1080436.JPG

こちらのテーブルは、南軽井沢の「花の妖精」の庭のテーブル。

のっている花があまりに美しいので、思わず撮影してしまいました。

これは布製の花をアレンジメントしたもので、今、別荘のマダムたちに

大人気とのこと。

詳しくはWINTER(ヴィネット年間購読者向けの通信。11月発行)で

ご覧ください。

PA150161.JPG

M記者が取材を終えて会社に帰ってくると、

マリン「Mちゃん大変、大変。野鳥がベランダの窓にぶつかって動かないよ!」

M記者「もうちょっと、様子をみましょう。ショックで動けないのかも」

しばらくすると、この鳥は動いて、飛び立っていきました。

マリン「だいじょうぶかな・・・。途中で落ちなきゃいいけど」

P1080440.JPG

軽井沢ではガラス窓にぶつかって鳥がケガすることって、ときどきあるんです。

M記者「あ、思い出した。こんなこともあろうかと、この夏、

ピッキオの講習会のとき買っておいた鳥よけシールがあるわ」

8月の写真展でクマについてピッキオのお話会があったときのこと。

あのとき、「別荘便利グッズ」として売られていた一つが、このシール。

さっそく、ガラスに貼ってみました。

これを貼ると、ガラスにぶつからないそうです。

マリン「よかった!これで鳥さんもぶつからなくてすむね」

なんか、良いことをしたような気持ちになったマリンでした。

世界初の珍しいミステリー

2012年10月 6日 16:19

P1080402.JPG

軽井沢新聞の印刷入稿日が近づいて、連日、遅くまでパソコン打ちと

校正が続きました。

マリン「もぅ~、アタシくたびれた~。おなかもすいたよ~」

早打ちが得意のマリンももう限界のようです。

P1080400.JPG

M記者「じゃあ、この前、拾ってきた山栗でモンブラン作ってあげるから、

あと、ひと息、がんばってよ」

と、出来上がったのが、これ、「簡単モンブラン」です。本当に簡単で、

だれにでも美味しく出来上がります。

「わ~ぃ、やったぁ!」

去年は軽井沢では栗が不作だったため、できませんでしたが、今年はまた、

味わえて幸せ!

P1080404.JPG

さて、この方は誰でしょう?

そう推理作家の内田康夫さんです。今日は浅見光彦倶楽部へ、J記者と

取材に出かけました。浅見光彦誕生30周年記念のインタビューです。

なんと、実はJ記者も浅見光彦と同じく、「33歳の独身貴族」なんです。

マリン「似ているのはそれだけですけど・・・」

マリンは余計なことを言わなくてもいいのにひと言多い。

内田さんは「独身というのはいいね」と、なぐさめてくださいました。

が、浅見光彦さんは歳をとらないからいいけど、

Jくんはどんどん歳をとりますからねぇ。

P1080407.JPG

さて、これが浅見光彦30周年記念として発売される2冊です。

舞台は山口県萩市。それぞれ別の物語で、出版社も光文社と祥伝社から

別々に販売されますが、事件がクロスしているという世界初の出版形式です。

別々に読んでも、1冊の物語としておもしろいけど、両方読むと

あの部分はこうだったのか、と感じることができたり、裏側の状況が

わかったりするのだそうです。

1冊は視点が浅見光彦ですが、もう1冊の視点は誰でしょう?

M記者「それなら、やっぱり両方読まないと・・・と思ってしまうところが、

出版社の策略ね」

Y記者「うまいことを考えるねぇ」

並行して2冊を書いたので、内田康夫さんはとても大変だったそうです。

ここまで聞いて関心を持ったあなた、もうすぐ、発売になりますので、

ぜひ、書店で探してみてくださいね。

内田康夫さんのインタビュー記事は軽井沢新聞11月号に掲載です。

お楽しみに!

アーカイブ

PAGE TOP