軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ > 世界初の珍しいミステリー

世界初の珍しいミステリー

2012年10月 6日 16:19

P1080402.JPG

軽井沢新聞の印刷入稿日が近づいて、連日、遅くまでパソコン打ちと

校正が続きました。

マリン「もぅ~、アタシくたびれた~。おなかもすいたよ~」

早打ちが得意のマリンももう限界のようです。

P1080400.JPG

M記者「じゃあ、この前、拾ってきた山栗でモンブラン作ってあげるから、

あと、ひと息、がんばってよ」

と、出来上がったのが、これ、「簡単モンブラン」です。本当に簡単で、

だれにでも美味しく出来上がります。

「わ~ぃ、やったぁ!」

去年は軽井沢では栗が不作だったため、できませんでしたが、今年はまた、

味わえて幸せ!

P1080404.JPG

さて、この方は誰でしょう?

そう推理作家の内田康夫さんです。今日は浅見光彦倶楽部へ、J記者と

取材に出かけました。浅見光彦誕生30周年記念のインタビューです。

なんと、実はJ記者も浅見光彦と同じく、「33歳の独身貴族」なんです。

マリン「似ているのはそれだけですけど・・・」

マリンは余計なことを言わなくてもいいのにひと言多い。

内田さんは「独身というのはいいね」と、なぐさめてくださいました。

が、浅見光彦さんは歳をとらないからいいけど、

Jくんはどんどん歳をとりますからねぇ。

P1080407.JPG

さて、これが浅見光彦30周年記念として発売される2冊です。

舞台は山口県萩市。それぞれ別の物語で、出版社も光文社と祥伝社から

別々に販売されますが、事件がクロスしているという世界初の出版形式です。

別々に読んでも、1冊の物語としておもしろいけど、両方読むと

あの部分はこうだったのか、と感じることができたり、裏側の状況が

わかったりするのだそうです。

1冊は視点が浅見光彦ですが、もう1冊の視点は誰でしょう?

M記者「それなら、やっぱり両方読まないと・・・と思ってしまうところが、

出版社の策略ね」

Y記者「うまいことを考えるねぇ」

並行して2冊を書いたので、内田康夫さんはとても大変だったそうです。

ここまで聞いて関心を持ったあなた、もうすぐ、発売になりますので、

ぜひ、書店で探してみてくださいね。

内田康夫さんのインタビュー記事は軽井沢新聞11月号に掲載です。

お楽しみに!

アーカイブ

PAGE TOP