軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

風立ちぬ

2013年8月26日 11:00

P1090954.JPG

秋が近くなって来た軽井沢。

別荘地の小道には青いイガ栗が落ちているのを見かけるようになりました。

道端には紅色のアザミも見かけます。

マリン「あ~夏もそろそろ終わりか・・・。短かったねぇ~」

M記者「今年は残暑がきびしいらしいから、まだまだ夏は続くわね」

マリン「え、ホント。よかった・・・」

M記者「マリンは夏が好きなのね」

マリン「好き!だって、夏の軽井沢はお店がいっぱい出て、おいしいものがたくさんあるもん。

秋もおいしい果物がたくさんあるから、もちろん、好きだけど」

M記者「やっぱり、食べることか・・・」

P1090966.JPG

こちらは、去年のヴィネット110号でも紹介した「ガーデンセール」。

今年も、緑さわやかな別荘の庭にテントを張って、ガラス製品などお買い得のものが

並んでいました。ショッピングというより、この軽井沢らしい雰囲気がいいですね。

P1090970.JPG

この夏はいろいろなイベントが目白押しでした。

これは別荘団体連合会が行った「別荘地・軽井沢」展。この日はピアノコンサートが

開催され、大勢の人が訪れました。

会場のハーモニーハウスは吉村順三設計の貴重な建物で、内部見学はこの夏限りだとか。

別荘の人が作った作品もユニークなものがたくさんありました。

P1090998.JPG

そして、M記者とマリンはこの夏話題のジブリ映画 『風立ちぬ』を見に行ってきました。

M記者「とっても良かったね。軽井沢の風景の美しいこと。昔のホテルのシーンもよかったわ」

マリン「ホント。外国人がおいしそうにバリバリ草みたいなものを食べていたけど、あれ、何だろう」

M記者「サラダでしょ。あの時代に軽井沢にはサラダというものがあったのね。一般の

日本人はサラダでなく漬物の時代よね。マリンはそんなところばかり、しっかり見ているのね」

マリン「食べているところだけじゃないわ。地震のシーンもすごかったよ。

みなさんもぜひ、見てくださいね」

ヴィネットサロン スナップ

2013年8月21日 17:18

 レポートに引き続き、ヴィネットサロンの模様を写真で皆さまにお伝えします!

DSC_0179.JPG

ホテル自慢のお料理がズラッと登場。どれもおいしそう…!

DSC_0196.JPG

お料理について、ホテルの方から説明がありました。

手前の可愛いグラスはデザートではなく、前菜です

DSC_0189.JPG

リヨンでのボキューズドール世界大会での様子が、大きなスクリーンに

映し出されます。取材に行った広川編集長も感想を述べました。

DSC_0210.JPG

コック帽を取った浜田シェフのヘアスタイルは、大会でも話題を呼んだ

チョンマゲスタイルです。

DSC_0215.JPG

魚料理では世界1位となった浜田シェフと記念写真を撮りたいという人が続出。

急きょ、撮影タイムをとりました。

DSC_0230.JPG

DSC_0232.JPG

2013 ヴィネットサロン

2013年8月14日 18:19

お待たせしました、ヴィネットサロンの様子をお伝えします!

今年で8回目を迎える読者交流パーティー、

テーマは「今だから、軽井沢らしくパーティーを」です。


DSC_0186.JPG

ヴィネットの連載で素敵な別荘のイラストを書いて下さる小谷明先生の乾杯の挨拶で、

いよいよパーティーのはじまりです。

DSC_0195.JPG


会場は去年に引き続きホテルブレストンコート。

フランス料理のオリンピックといわれるボキューズ・ドール国際料理コンクールで3位を受賞した

浜田シェフがプロデュースしたお料理が並びます。どれもおいしそうで選びきれません。


DSC_0219.JPG

浜田シェフ。

手に持っているのは大会で最高得点を獲得した魚料理です。


DSC_0256.JPG

デザートはブレストンで行われているスイーツ博のメニューも登場しました。

スイーツ博はチケットがなかなか手に入らない人気のイベント。

ここで食べられるのはとてもラッキーです。

DSC_0290.JPG

続いては、ヴィネットサロン恒例の抽選会の様子です。

参加者のIさんが当てたのは、なんと白樺の木のオーナーの権利!
軽井沢ベセアの森の白樺にネームプレートが付けられます。

木とともに自分の名前が残っていくなんて本当に素敵ですね。

DSC_0296.JPG

DSC_0300.JPG

参加者の皆さまも、思い思いに食事と会話を楽しんでいたようです。

みんなとっても楽しそう!


以上今年のヴィネットサロンレポートでした。

皆さま、またお会いしましょうね。(A記)

コスモスの夏

2013年8月12日 16:02

P1090939.JPG

軽井沢はもうコスモスの花がいっぱい。

軽井沢の人にとっては、「コスモスは8月の花」というイメージが定着していますが、

他の地方から来た人にとっては、コスモスは秋の花。だから、ひまわりと一緒に

咲いているのは不思議に見えるようですね。

P1090885.JPG

このところ、連日30℃の軽井沢。街路樹がない所は

とっても、暑くて「これでも避暑地なの!」と嘆く声も・・・。

マリン「だけど、東京や他の所はもっと、もっと、暑いんだって。木陰のあるところは涼しいよ」

この写真は塩沢通りの桂の並木道。20年くらい前に青年団の人たちが植えた木が

こんなに大きくなりました。

マリン「木陰は気持ちよく歩けます。でも、軽井沢の駅前から本通りは暑いよ~。

旧軽井沢銀座も!・・やっぱり、・このくらい大きな木が必要よね」

P1090942.JPG

さて、ただ今、平安堂軽井沢店では、軽井沢新聞社の企画で『軽井沢と恋』の

ブックフェアを開催中!

マリン「アタシも一生懸命お手伝いしたの。ぜひ、見に来てね」

M記者「軽井沢を舞台にした恋愛小説12作品」を紹介しています。可愛い

ポップも楽しいですよ」


P1090892.JPG

そして、10日にはブレストンコートで「ヴィネットサロン」を開催。大勢の読者の

方々が集まりました。

この様子は次回、お知らせします。(写真は挨拶に立つ広川美愛編集長)

8月1日の式典

2013年8月 3日 11:20

P1090817.JPG

8月1日に毎年行われる「軽井沢ショー祭」。軽井沢を避暑地として見出した

アレキサンダー・クロフト・ショーはじめ、健康なリゾート地を築いた先人たちを

称えるのが「ショー祭」です。

もう14回目ですが、今まで1度も雨に降られたことがないのです。

マリン「それって、すごいよね。でも、今日は朝から雨だから、どうかな・・・心配だね」

旧軽井沢へ行ってみると、なんと、雨は止んでいるではありませんか!

しだいに雲の合間に青空も見えるようになってきました。

M記者「やっぱりすごい!ショーさんの力!」

マリン「そうなのかな・・・不思議だね」

P1090826.JPG

式典が始まり、聖歌、主教のことばに続き、参加者たちがショーさんの胸像に

献花していきます。毎年ながら、緑陰の清楚な雰囲気が心地よい式典です。

このお嬢さんが大きくなったときもこの祝典が続いていたらいいなと思います。

P1090839.JPG

参加者たちの献花に彩られたショーさんもうれしそう。礼拝堂の前では、

軽井沢少年少女合唱団の「翼をください」の歌声が響いていました。

P1090845.JPG

さて、このあと、大賀ホールへ直行。3時から「町制施行90周年記念式典」が

行われるのです。

姉妹都市ウィスラーから市長さんも訪れ、祝辞を述べました。

マリン「あ、こんな若いきれいな女性が市長さんなんだ。いいな~」

M記者「え、なんで、いいの?」

マリン「だって、気軽に話をきいてもらえそうだし、近くに行ったら頭なでて、

おやつをくれそうだもん」

M記者「犬好きだったらね。・・・やっぱり、女性の市長さんってイメージいいわよね」

マリン「あの後ろの白い幕はなんだろう。なんか、隠しているよ」

P1090852.JPG

M記者「隠していいるんじゃなくて、これから発表するの。軽井沢のシンボルマークだって」

と、現われたのがこれ、かわいいリスのイラストでした。

マリン「あ、リスくんだ!」

M記者「いいね、いいね!軽井沢にぴったりよね」

マリンもM記者もとても気に入ったシンボルマーク。

これから、軽井沢のあちこちで、見かけるようになることでしょう。

アーカイブ

PAGE TOP