軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

秋の日の新発見

2013年10月 4日 13:37

P1100090.JPG

今年は栗が豊作だったようです。

マリン「あ、ここにもたくさん、落ちている。今年はモンブランがたくさん食べられるね」

毎年、栗を拾ってゆでてつぶして、生クリームと合わせてモンブランを作って

みんなで食べるというのが恒例なのですが、去年は不作でそれができませんでした。

でも、今年はたっぷり味わうことができたのです。

マリン「ねぇ、どうやらマツタケも豊作らしいよ。今日テレビでやっていたもん」

M記者「ホント!いいな~。軽井沢はどこにあるのかな・・・」

F記者「みつかっても、軽井沢のきのこは食べられませんよ。町の広報で言ってたから」

M記者「まだダメなの?上田市(マツタケが日本一の産地)はいいのに軽井沢はダメって・・・」

と納得のいかない二人なのでした。

P1100099.JPG

秋晴れの週末、追分にある「ベセアの森」で、行われるガーデンパーティ-に行きました。

ここは何もない空き地だったところに、みんなで木を植えて美しい庭園を造っています。

白樺やモミジのオーナーになった人たちが集まって楽しいひとときを過ごしていました。

マリン「軽井沢って、簡単に木を切ってしまう人もいるけど、こうやって緑を

大切にしようという人もたくさんいるんだね。よかった」

きっと、10年後、20年後には美しい森になっていることでしょう。

P1100100.JPG

これは、しいある倶楽部さんが運んできたツリバナです。別荘建築のため


切られるところだったのを、交渉して引き取り、「ベセアの森」に植えました。

マリン「切られなくてよかった!」

赤い実が揺れる美しいこの木は、白樺にに似合っていますね。

P1100081.JPG

マリン「あれ?・・・この人、誰かに似ているけど、だ~れ?」

M記者「この人は軽井沢開発の父と言われたアレキサンダー・クロフト・ショーさんの

息子のノーマン・リマーさんよ」

マリン「へぇ~。珍しい写真だね」

M記者「そうよね。もっと、いろいろな、ショー家秘蔵の写真が載る本が発売になります」

10月10日に軽井沢新聞社から「HISTORYー縄文時代から現代まで」が

発売になります。

なんと、ノーマン・リマーさんの手記「初めての軽井沢」も掲載します。

「ショーさんはディクソンと来た」「布教の途中だった」といわれていましたが、

「そうではないない」という事実もわかりました。

鬼押し出しや小瀬温泉に行っていたことも書いてあるので、びっくり。

マリン「軽井沢の温泉に入った外国人第1号だね、きっと」

アーカイブ

PAGE TOP