軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

野鳥の森で自然学習

2014年10月15日 11:53

141014-01.JPG

台風が過ぎ去った10月14日朝、軽井沢は爽やかな空気に包まれ、

浅間山の手前には大きな虹が出現しました。


台風が来る前の12日、

インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢の生徒が課外活動で、

ピッキオビジターセンターを訪問しました。

生徒はフィリピン、タイ、日本出身の3人。

ピッキオのスタッフ、井上基さんが、

軽井沢の動植物について英語で話しながら、野鳥の森を案内しました。

141012-02.JPG

巣箱に設置したカメラの前で、ムササビが寝返りを打つ様子を見て

「So cute!」と声を上げる生徒。

141012-03.JPG

一人の生徒が、きれいな赤い実を発見。


生徒「これは何ですか」

井上さん「マムシグサ。実をつけるのは雌性。生育がよくないと、雄性に戻ることもある」

生徒「へー!」

井上さん「きれいな色をしているけど、有毒で口の中に入れると激痛がはしる。

      でも、それを知った上で口に入れる人もいるんだよ」

生徒「え!なぜですか?」

井上さん「経験?」

生徒(笑)

141012-04.JPG

私の取材はここで終わりましたが、

生徒たちはこのあと、ピッキオスタッフのサポートとして、

夕方の一般客向けツアー「ムササビウォッチング」に同行。

ムササビが飛ぶところ、見ることできたかな?

(J記者)

アーカイブ

PAGE TOP