軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

しなの追分馬子唄道中

2015年7月30日 10:10

 軽井沢の夏の風物詩「しなの追分馬子唄道中」を取材しました。今年で30回目を迎えるそうです。最近話題のハイぶりっ子ちゃんも駆けつけていました。

150730-a.jpg

 町長の藤巻進さん、町議会議長の内堀次雄さんも江戸時代の格好に身を包み、追分宿を練り歩きます。なかなか似合ってますね。

150730.jpg

150730-b.jpg


 今年の目玉の一つが、岩手県大槌町の伝統芸能「虎舞」。「向河原虎舞風虎会」のメンバーの皆様が追分まで来てくださいました。獅子舞は知っていますが、虎舞を見るのは初めてでした。

 「虎舞」の起源は諸説あるらしく、「江戸時代、三陸地方の豪商が、江戸で近松門左衛門の浄瑠璃の虎退治の場面に感動し、故郷に広めたのが始まり」とも、「『虎は一日にして千里行って千里帰る』という諺にあやかり、漁師たちが無事に帰港することを願って踊ったのが広まった」とも言われているそうです。

150730-c.jpg

 お囃子のリズムに合わせ、4人の男性が2匹の虎になって舞います。本物の虎を見ているようなダイナミックな動きに、思わず見入ってしまいました。

150730-d.jpg

 虎の顔も迫力満点。ちょっと怖いくらいでした。

(A記者)

アーカイブ

PAGE TOP