軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

ヴィネットサロンに初参加

2015年8月25日 21:03

P1000638.JPG

高原はもう秋ですね。ほら、ススキが出てきましたよ。

マリン「秋と言ったら、やっぱり・・・」

M記者「食欲の秋でしょ」

マリン「そうそれ!でも、秋の食べ物はまだみたい」

M記者「栗もちょっと早いわね」

P1000579.JPG

秋を探しに来たふたり。旧軽井沢では、観光会館で軽井沢ぺット協会が写真展をやっていました。

会場へ行ってみると、ルヴァン美術館の木田副館長が受付を担当していました。

ペット協会のボランティアに協力しているとのこと。

会場には、捨てられたペットたちが里親にもらわれて大切に育てられている様子が

見られ、心温まる写真展でした。

マリン「ペットたちがみんな幸せになるといいね。アタシみたいに」

M記者「そうね、マリンみたいにね」

マリン「ごはんいっぱい食べられるといいね」

P1000612.JPG

さて、翌日は三笠ホテル近くにある、スイス公使館だった建物へ。

軽井沢町が所有して初の一般公開です。

大学の夏季寮として利用されていましたが、その後売却されて不動産業者の

手に渡り、壊されるかもしれないという危機がありました。しかし、軽井沢文化

協会によって署名運動が行われ、軽井沢町が買い取り保存していました。

P1000609.JPG

この日はなんと、400人もの人が見学に来たそうです。

マリン「すごい大勢の人が来ているね。アタシ迷子になりそう・・・」

M記者「こんなに関心が高いなんて。ホント、建物が残ってよかったわね」

マリン「詳しくは、トップページから、J記者が取材した新着情報をご覧ください。

P1000627.JPG

そして、翌日は待ちに待ったヴィネットサロンです!

マリン「わ~い!やっと、ヴィネットサロンに来ることができたよ」

今までホテルでの開催が多かったので、マリンは入れませんでしたが、この

会場のハーモニーハウスは会場入り口にいることができました。

記念に前編集長の三善里沙子さんとパチリ!

P1000631.JPG

参加者の皆さま、ありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか。

吉村順三建築のハーモニーハウスは、木のぬくもり、温かみが感じられる会場でした。

マリンも参加できてよかったね。

夏の軽井沢

2015年8月18日 18:39

 この季節は、新聞やフリーペーパー、雑誌の配布・配本で町を走り回ります。
 今週の旧軽井沢銀座の様子。ご覧の通り、たくさんの観光客で賑わっています。
g.jpg

 旧軽銀座を一本入るとショー通り。「ステンドグラスバロック」軽井沢ギャラリーさんがあります。様々なステンドグラスを間近で見ることができます。これは建築家、フランク・ロイド・ライトデザインのステンドグラスをモチーフにしたものだそう。
a.jpg
 暑い日差しも、ステンドグラスを通すと、ひんやり美しく見える気がしますね。9月12日・13日には、制作過程などを紹介するオープンスタジオを行うそうですよ。
b.jpg

 旧軽井沢ロータリーにある松井真珠店さんに新聞を届けにいくと、古い写真が並んでいました。
c.jpg

来年行われるサミットの会場、三重県賢島を紹介する展覧会を開催中だそうです。無人島だった賢島は、昭和初期に「海の軽井沢」を目指して開発が始まったんだとか。
d.jpg

e.jpg

サミット開催候補地の間の、ちょっと意外なつながりを知りびっくりしました。
f.jpg
(A記者)

さわやかに交流会

2015年8月11日 12:02

軽井沢アイスパークで行われた「さわやか軽井沢交流会」を取材しました。
4回目の開催となった今年は、677人が来場し、親睦を深めました。
150811-01.JPG

13年ほど前、軽井沢に別荘を持ったという元国連事務次長の明石康さんが講演。
左に立っているのは手話通訳の方。
明石さんは東京ではあまり買物に出ないそうですが、「軽井沢は食べ物がおいしい」と、
スーパーに出かけ、自らカートを押しながら好きな食べ物を選ぶのだとか。

150811-02.JPG

安保法案については「日本もある程度の抑止力を持つことが必要。ただ、相手に対し脅威を与えるような必要以上に戦闘的な印象を与えるのは厳に慎むべき。抑止と同時に対話の精神を忘れてはならない」と持論を展開していました。

150811-03.JPG

軽井沢中部小学校吹奏楽部は、『君の瞳に恋してる』『およげたい焼き君』など、アンコールを含む全6曲を演奏。大人も顔負けの音を響かせていました。

150811-04.JPG

カーリング場内は7℃に設定され、外で火照った体が冷やされ気持ちよいです。
無料体験の参加者の中には、昨年ピアノのリサイタルを軽井沢大賀ホールで開いた、92歳の村岡清一さんの姿も。
氷の上を危なげなく、すいすいと滑っている姿に驚きました。体験を終え「面白い。でも難しいね」と村岡さん。
何でもお盆に軽井沢へ遊びにくる、孫やひ孫とカーリングをやりに来る予定があり、その事前練習をしに来たとか。いやはや、恐れ入ります。
(J記者)

夏のグルメ取材

2015年8月 9日 02:12

%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9.jpg

軽井沢も毎日暑い日が続いています。

マリン「軽井沢ってほんとに避暑地なの?」

M記者「暑くって、これじゃあ避暑地とは言えないわね」

汗を拭き拭き、歩いて行くと

M記者「あ、もう、コスモスが咲いている!」

マリン「暑いのに秋の花?」

軽井沢では8月中旬に咲くのは珍しくないけど、今年は暑いだけに、ちょっと早いような・・・

P1000467.JPG

皆さん、もう『軽井沢スタイルマガジン』をご覧になりましたか?

M記者「フリーーペーパーなのにこれだけの情報量ってスゴイと思うわ」

マリン「カフェのおじさんが、みんなが持っていくからすぐなくなっちゃうって言ってた」

M記者「そうね。早いものがちですよ。駅や観光案内所、いろいろなお店に置いてあります。

軽井沢のまわり方やガイドも出ているので、便利に使ってね」

マリン「そうそう、アタシもペット特集のページにでていま~す」

M記者「え、ほんと?(中を見て)あ、ほんとに出てる」

P1000484.JPG

今日は軽井沢の町民祭『軽井沢ショー祭』の取材に来ました。

M記者「ここが、避暑地発祥の地なんだって」

マリン「はっしょうのちって何?」

M記者「ここから、リゾートの軽井沢が始まったってことよ。ショー祭は16年前に

始まって、今まで1回も雨に降られたことがないんだって」

マリン「へぇ~、すごいね。今年も晴れている。不思議~」

今年も緑陰のもと、静かな軽井沢らしい雰囲気で行われました。

詳しくは新着情報をご覧ください。

P1000498.JPG

マリン「あ、やっとグルメ取材になった。やった~」

M記者「今日は旧軽井沢銀座に新しくオープンしたケーキのお店よ」

プレジールというお店の信州の旬の果物を使ったケーキです。

マリン「わぁ!おいしそう」

お店の人「右から、『丸ごと桃のデザート』。カスタードが中に入っています。そして

桃のショートケーキ。北海道の酪農家の生クリームを使っているので、ひと味

ちがう濃厚な味です。左は紅茶と桃のタルトで紅茶が入った生地に生クリームと

カスタードがおいしいですよ」

どれも、本当においしそうですね。10月からはティールームができるので、ここで

食べられるようになるんですって。

M記者「じゃあ、マリンもそのときにね」

マリン「10月まで、お預けなの?トホホ・・・」

P1000501.JPG

そして、次の取材は老舗の『レストラン菊水』です。

マリン「やった~、グルメ取材だ!今度こそ食べられる?」

「こんにちは」と出迎えてくれたのはこの3人。左の斎藤亮介シェフとスタッフの

ひとみさん、とあゆみさんを撮影。

M記者「はい、終わりよ」

マリン「え~、うそでしょ。まだ何もお料理写してないよ」

M記者「前に撮った写真があるからいいの。でもとってもおいしそうですよ。

皆さん8月10日から始まる軽井沢WEBのトップページをご覧くださいね」

マリン「・・・」

アーカイブ

PAGE TOP