軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

秋の別荘ツアー

2015年10月29日 09:29

 毎年恒例の秋のマラソンが行われた10月25日、「軽井沢ヴィネット」定期購読者を対象にした秋のヴィネットサロンが開催されました。

151029-1a.jpg

 今年で5回目を迎える「ヴィネットと巡る歴史別荘ツアー」。今回は「戦後70周年記念〜平和を祈った疎開外交の場所〜」三笠エリアを散策しました。まずは貸別荘の前田郷を、特別に見学させていただきました。苔庭と紅葉が美しい庭に、参加者の皆さんはしばし見入っているようでした。

151029-2.jpg


 現在町が所有する「深山荘」も、今回のツアーのために特別公開していただきました。戦時中はスイス公使館として使われた歴史ある建物です。私も中に足を踏み入れるのは、この時が初めてでした。

151029-3.jpg

151029-4.jpg

 2時間たっぷり歩き回った後は、旧三笠ホテル近くにある「軽井沢三笠茶屋」さんで茶話会を行いました。疲れた体に嬉しいデザートプレートと温かい飲物で、参加者の皆さんも話に花を咲かせていました。

151029-5.jpg

151029-6.jpg

151029-7.jpg

151029-8.jpg

151029-9.jpg

151029-10.jpg

 今回のツアーには軽井沢ナショナルトラストの浅井さんも参加してくださり、説明にさりげなく補足を加えていただきました。浅井さん、ありがとうございました!

 ヴィネット読者の皆さま、またお会いしましょうね!(A記者)

151029-hana.jpg


クマに厳しく、ヒトに優しく

2015年10月27日 12:04

アメリカ・モンタナ州のベアドッグ(クマ対策犬)育成機関から、
2頭のベアドッグ(メスのタマと、オスのナヌック)が軽井沢にやってきました。
取材会の記事はこちら

151027%E3%83%BC01.JPG

名前の由来ですが、
「タマ」は、初代ベアドッグのブレット(bullet=弾丸)にちなんで、
弾(タマ)と名付けられました。
「ナヌック」はイヌイット語でクマ。
ハンドラーの大嶋さんが、学生時代にカナダの北極圏で過ごし、
イヌイットの人々とも交流があったことから名付けたのだそう。

151027%E3%83%BC02.JPG

2頭の犬種はカレリアン・ベア・ドッグ。
フィンランドとロシアの国境地帯カレリア地方原産の犬で、
特徴は、吠え声が大きく勇敢。
ただ、クマに飛びかかるようなことはせず、
上手に間合いをとりながら、追い払いができます。
人に対しては優しいのですが、他の犬に対しては攻撃的な面もあるため、
愛犬と散歩中にベアドッグを見かけたら、無闇に近づかない方がいいとのこと。

取材会では大勢の人から注目され、やや緊張気味のタマに対し、

151027%E3%83%BC03.JPG

ナヌックはごろんと寝転がったり、

151027%E3%83%BC04.JPG

大きなあくびをしたりと、大胆不敵っぷりを発揮していました。

クマが暮らせる多様な森と、
ヒトが安心して暮らせる街の両立のため、
二人二頭十二脚の活躍に期待しています。

10年目の特別な演奏会

2015年10月21日 16:20

 経営者でもあり、音楽家でもあったソニー名誉会長の故・大賀典雄さんの寄付によって設立された、軽井沢大賀ホール。開館10周年の今年は、バラエティに富んだ様々なコンサートが開かれています。

151021a.jpg

 目玉のひとつともいえるのが、11月5日の中国フィルハーモニー管弦楽団による演奏会。同管弦楽団の指揮者ロン・ユーさんたっての希望で実現したコンサートです。

 2001年11月3日、大賀さんは北京で東京フィルハーモニー交響楽団の演奏を指揮している最中に倒れてしまいます。その時代役として舞台に上がったのが、客席にいたロン・ユーさん。中断してしまったチャイコフスキー交響曲第5番第2楽章の途中から指揮を行い、交響曲は無事最後まで演奏されました。

 そんな特別なコンサートのチケットを、3組6名様にプレゼントします。
 ご予約は、こちらから。

151021b.jpg

 コンサート会場のどこかで、大賀さんも交響曲の調べに聴き入っているかもしれませんね。
(A記者)

もう、クリスマス?

2015年10月18日 11:06

P1020016.JPG

野ぶどうも少しずつ色づいて、だんだん秋が深まってきました。

でも、本格的に紅葉が美しくなるのはこれからのようです。


P1020012.JPG

いつもの散歩道を行くマリン。

「この木道はこれからもっときれいになるよ。でも、別荘地の中はかなり紅葉しているから、

アタシ、これから写真を撮りに行こうと思っているの」

%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80.JPG

M記者「そう、行ってらっしゃい」

マリン「行ってきま~す」

と、マリンが出かけたあと、M記者は千ヶ滝のお宅へ。

そこには、こんなご馳走が待っていたのです。

%E7%AA%AA%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%93.JPG

「ようこそ」と招いてくださったのは、ヴィネット下巻に登場した窪田さん。

「ひとめぼれした別荘」を掲載させていただき、注目を集めました。

今日はサンルームで周りの緑を眺めながら、手作りのランチをごちそうになりました。

一緒に伺ったのは環境アドバイザーの鈴木美津子さん。

鈴木さんもこの自然環境をすっかり気に入った様子です。

テーブルの上には、彩りもきれいなサラダやキーマカレー、

デザートはマシュマロ入りのヨーグルトとチョコレート。

キーマカレーは季節の野菜が添えられ、ライスはなんと庭で採れた山栗ご飯でした。

窪田さん、ごちそうさまでした。

P1000892.JPG

このことをあとで知ったマリンは

「アタシがいないときに、自分ばっかりずる~い!プン、プン」

M記者「ごめんごめん、じゃあ、マリンもすてきな所に連れて行ってあげる」

と・・・行った先には

マリン「あ!サンタクロース。わ~い、クリスマスだ!」

塩沢の家具のお店・ベルリネッタさんには、もうクリスマスの素敵なグッズが並んでいます。

マリンはこのクリスマスの楽しい雰囲気に満足したかなと思ったM記者でしたが・・・

マリン「ねぇ、クリスマスケーキはどこ?」

(M記者)

やっと楽しめた秋の味覚

2015年10月 7日 04:15

%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3.JPG

8月下旬から9月は台風で雨が多かったからか、あちこちキノコが出ていますね。

会社の駐車場にも赤いきれいなキノコがたくさん顔を出しています。

マリン「あ~あ、こんなの食べられないよ。アミタケとかリコボウとか

食べられるキノコがいいな~」

%E9%80%80%E5%B1%88.JPG

締め切りに追われているうちに、秋の味覚を食べ損ねたマリンは、ごきげん斜めです。

マリン「いつも食べているあれ、あれを食べないと軽井沢の秋が来たって気がしないよね」

M記者「あれって何?もしかして・・・山栗モンブラン?」

マリン「それそれ!あるの?」

%E6%A0%97%E3%83%87%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%88.JPG

M記者「これからFちゃんが作って撮影するから、終わったら食べられるわよ」

マリン「やったー!山栗あったの?」

軽井沢ヴィネット特別版『デリス』の記事のため、少しだけど、A記者が

別荘地の奥で拾ってきたのだそう。

F記者の奮闘1時間余り。こんな自家製「山栗のモンブラン』が完成しました!

詳しい作り方は次号『デリス』に載りますよ。『やまぼうしのチョコレート掛け』も

掲載しますのでお楽しみに。

マリン「味は最高!」


%E5%90%89%E6%9D%91%E5%B1%95.JPG

翌日はエロイーズカフェで開催している『吉村順三展』に出かけました。

エロイーズカフェはエロイーズ・カニングハムさんが日本の子供たちのためにと

建てた音楽研修所。設計が吉村順三の貴重な建物です。その設計図が出て

きたので、初公開展示しています。詳しくはイベントページをご覧ください。

カフェでは紅茶フェアもやっていました。キノコカレーがあったのでマリンは

設計図よりそちらに夢中。

栗にキノコにと、ようやく秋の味覚に満足したのでした。

%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%83%B3.JPG

会社へ戻ると、ケーキがいっぱい。

マリン「わぁ、すごい。どれがいいかな・・・いただっきま~す!」

A記者「あ、ダメダメ!これは軽井沢WEBのショップページに入るル・レガランさん

のケーキ。写真を撮ってそこに載せるんだから」

ちなみに左奥は人気のモンブラン、手前右は高級チョコレート使用の"レガラン"

左のマーブルケーキは生地が3層になっていて、それぞれ味が違うという凝ったもの。

もっと見たい方は軽井沢WEBのガイドページをご覧ください。

軽井沢のお店がいろいろ検索できて便利ですよ。

(M記者)

浅間山撮影

2015年10月 5日 15:08

晴れの日が続いた先週は、絶好の写真撮影日和。
来年発行の雑誌で使用する浅間山の写真を撮りに行ってきました。
9月は曇りの日が続き、太陽が出る日はあっても、
浅間山に雲がかかっていたりしたため、
きれいに晴れ渡る日を密かに待っていました。

1005-01.JPG

まず向かったのは大日向地区。
昭和天皇の行幸を記念し建てられた石碑のあたりからは、
雄大な浅間山がきれいです。
上部に見えるハートの形もくっきり。

1005-02.JPG

コスモスもちょうど見頃でした。

1005-03.JPG

こちらは千ヶ滝別荘地。
林の隙間から浅間山が見える場所を探して撮影。

1005-04.JPG

続いて、しなの鉄道追分駅前。
すすきの向こうに、ひょっこり顔を出した浅間山。

1005-05.JPG

最後に茂沢の別荘地オナーズヒル軽井沢の自然公園。
御代田・小諸方面まで、裾野がきれいです。
皆さんのお気に入りの浅間山は、
どこから見た浅間山か、ぜひ教えてください。

(J記者)

アーカイブ

PAGE TOP