軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

どこも報じないG7

2016年9月30日 11:30

DSC_0052.JPG
9
23日から25日まで開催された「G7交通大臣会合」の期間中、

会場となった軽井沢プリンスホテルの周辺では、警備にあたる警察官の姿を多く見かけましたが、

天皇皇后両陛下が毎年静養される軽井沢では、珍しい光景ではありません。

町の人にとっては、いつもとさほど変わらない週末だったのではないでしょうか。

DSC_0140.JPG

国交省の発表によると、取材申請したプレスの数は45社307人。

みんな免許証のコピーを付けた申請書類を、事前に提出しています。

会場の入口には金属探知機があり、持っている荷物は全てX線検査で調べられ、

一旦会場の外へ出たら、再度チェックを受ける必要があります。

DSC_0091.JPG

会場内は、自由に出歩いて取材できるわけではなく、プレスが通れるエリアは限られています。

取材したい会談、会議などが始まる30分前(内容によっては1時間前)に、

プレスセンター前の廊下に集合し、一列に並んで会場へ。

会談、会議が公開されるのは冒頭の3~5分のみで、その後は退出させられます。

DSC_0168.JPG

会合期間中は、終始ピリピリした雰囲気が漂っていましたが、

会議の全日程が無事終了すると、はりつめていたプレッシャーから解放され、

スタッフの方々も展示室などの見学を、楽しんでおられたのが印象的でした。

DSC_0158.JPG

通訳ボランティアスタッフとして参加した軽井沢高校の女子生徒が、

会議場の大臣席に腰掛けていたので、

「大臣の温もりはあったか」尋ねると、

「私の前に別のおじさんが座っていたので...」。

私の質問の内容が悪かった、と反省したのでした。

(J記者)

軽井沢新聞の特ダネは

2016年9月14日 13:09

P1030614.jpg

秋ですね。軽井沢は萩の花が満開です。

M記者「あ~あ、あっという間に夏が終わっちゃいましたね」

マリン「この夏もおいしい夏だったね」

M記者「おいしい夏?」

マリン「ほら、ニューオープンのお店もいっぱいあってさ、取材に行ったじゃん」

そうでした。マリンは率先してグルメ取材に駆け回ったのでした。

M記者「体重計にのってごらん。後悔するから」

マリン「ウエ~ン、こんなに太ったなんて・・・」

M記者「明日からダイエットね」

P1030561.jpg

国道18号線を走ったら、軽井沢警察署の看板が目に留まりました。

花に囲まれた白い看板に小鳥が止まっています。

M記者「警察書の文字をカフェに替えてもいいくらい可愛いいわね」

警察の人「こらこら、何をやってるんだ」

マリン「写真を撮ってんのよ」

警察の人「今日は日曜日なんだから、用があるなら、中に言ってから撮りなさい」

M記者「は~い、すみません」

マリン「警察って看板の写真撮るのも、断らないといけないのかな?」

M記者「G7交通大臣会議があるから、警戒してんのよ」

マリン「怪しまれたの?アタシたち」

P1030573.jpg

長年親しまれてきたスーパーマツヤが今日でお別れとなりました。

閉店セールが行われ、「ワインが安い!」とツイッターで話題でした。

「めったに安くならないワインが半額なんだって!」と別荘の人に3万円渡されたけど、

最終日に行ったら、みごと、高級ワインセラーの中には1本もありませんでした。

M記者「みんな、ワインの価値を知っているのね。もっと早く来ればよかった」

マリン「ジャーキーは安くなっているかな?」

この日はほとんどのものがなく、棚はガラガラでした。

来年のGWの頃には新築オープンになるそうです。

P1030635.jpg

軽井沢新聞9月号が発行になりました。

人物語は直木賞作家の村山由佳さんです。

トップ記事は・・・

M記者「へぇ~、昔の駅舎を利用したいという話がでているんだって。いい形で利用で来たらいいね」

P1030636.jpg

こちらは特ダネの記事。

M記者「『堀辰雄文学記念館の前に、なぜ本陣の門が?』というこの記事ね。確かに、みんななぜ、ここに?って思っていたわね」

マリン「え、なんで?なんで?」

M記者「この特ダネ、ぜひ、読んでね。疑問が解けますよ」

秋の足音

2016年9月 4日 08:46

 秋になる前に、夏らしい写真を撮っておかないとと出かけると・・・

IMG_3037.JPG

IMG_3036.JPG

!!

P8311374 1.JPG

!!!

 秋、始まっちゃってました。

 秋・・・秋といえば・・・

P8011364.JPG

 芸術の秋ですね。軽井沢新聞8月号でも紹介しているセゾン現代美術館の企画展、

「恋する現代アート」。近年は専門的な企画展が多かったことから、

「現代アートに初めて触れる人でも楽しめるような展示にしたかった」と

代表理事の堤たか雄さん。

美術館にはおなじみの、作品前の床に貼ってある「これより内側には入らないでください」と

いう線も、作品を近くでじっくり観られるようにと、ここではオープン当初から設けていないそう。

「ドキドキしませんか?」と聞くと、「やっぱりちょっとドキドキしますね」。

 まさに恋ですね。企画展は11月23日(水・祝)まで開催です。

(A記者) 

アーカイブ

PAGE TOP