軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 ニュース
軽井沢新聞 ニュース

日本最古の歴史を持つ由緒あるテニス大会

軽トーが100年記念の年

003_DSE_4910.jpg 軽井沢国際テニストーナメント試合風景。
(写真協力・軽井沢会)
 「軽トー」の愛称で親しまれている軽井沢国際テニストーナメントが今年100年目を迎える。5月に東京・六本木で行われる展示会をかわきりに、様々な記念事業が開催される。
 軽トーは1917年に第1回目の大会が行われ、太平洋戦争中の2年間を除いては毎年開催されてきた。日本に現存するテニス大会としては、もっとも古い歴史を持つ。
 およそ100年の間、旧軽井沢にある軽井沢会テニスコートが会場となってきた。天皇皇后両陛下のロマンスで有名になった場所だ。これまでの大会参加者には、両陛下を始めとする皇族、朝吹三吉さんや緒方貞子さんら軽井沢ゆかりの面々が名を連ねる。歴代優勝者にはデビスカップ(男子テニス国別対抗戦)の出場選手も多い。
 軽井沢会テニス部では、2014年から「軽トー100年事業実行委員会」を立ち上げ、準備を進めてきた。5月に展示会の開催、秋に記念誌の発行を予定。今夏の100年目となる大会では、限定でベテランミックストーナメントを行う。
 展示会では「軽トー100年の歩み」と題し、歴代優勝者名や過去の優勝プレート、記念グッズや大正時代のラケットなども紹介。軽井沢会や大会の沿革に加え、軽井沢の歴史や日本におけるテニスの変遷などを伝える。
軽井沢会テニス部委員長の金子義明さんは「外国人のスポーツだったテニスは、明治30年代前半から軽井沢では日本人にもその門戸が開かれた。軽トーはそういう意味でも日本で最初のテニストーナメントです」と話す。  展示会は東京・六本木ヒルズ森タワー内ヒルズカフェで5月13日から4日間開催される。問い合わせは一般財団法人軽井沢会軽井沢事務所(TEL0267・42・2170)まで。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PAGE TOP