軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー
軽井沢新聞 ニュース

ウィスラー市から手紙。記念イベントも多彩に開催

「軽井沢・避暑地130年」

ショー01.jpg A・C・ショー
 カナダ人宣教師A・C・ショーによって1886年、避暑地として見出されてから、軽井沢は今年で130年を迎える。避暑地130年を冠したイベントも、多数企画されている。

 軽井沢の自然、歴史遺産の保全に取り組む「軽井沢ナショナルトラスト」は7月17日、軽井沢町観光振興センター2階会議室で、『軽井沢の自由研究』の著書で知られるエンジニアの升本喜就さんの講演会「明治~大正期の軽井沢を考える」を行う。130年を振り返り、ショーが避暑をした頃の軽井沢の景観、気候などについて語る。時間は13~15時。聴講費は1000円。

 軽井沢高原文庫では7月23日から10月10日まで「130年の軽井沢・室生犀星・堀辰雄・川端康成・遠藤周作...」と題し、夏季特別展を開く。(詳細は本紙イベントページ参照)

 軽井沢町には、姉妹都市カナダ・ウィスラー市のナンシー・ウィルヘルム モーデン市長から祝いのメッセージが5月に届いた。

全文が軽井沢町広報7月号に掲載されている。両市町の中学生が相互に行き来していることに触れ「将来のリーダーであるこれらの若い世代が、お互いに定期的な連絡を取り合うことで、今世紀の理想的な姉妹都市関係を作り上げることができます」と綴っている。

 ナンシー市長は7月30日の「さわやか軽井沢交流会」(軽井沢アイスパーク)に参加するため来日。藤巻進町長との対談や「世界的リゾート ウィスラー」と題し講演も行う。

第一交通の乗務員ら、認知症サポーターに

DSC_0010.JPG
 タクシー運行の第一交通軽井沢営業所の乗務員やスタッフ39人が6月8、15日に「認知症サポーター養成講座」を受講した。軽井沢町社会福祉協議会の社会福祉士から、認知症の人との接し方や、接するときの心構えなどを学んだ。乗務員の一人は「認知症の方を接客するときがあれば、習ったように『優しい口調ではっきり』を心がけたい」と話した。

ローソン軽井沢東店、サギ防止優良店に認定

DSC_0008.JPG
 軽井沢警察署は7月5日、特殊詐欺被害を水際で防止したとして、ローソン軽井沢東店の店長浅賀しのぶさんと、従業員の栗原哲也さんに署長感謝状を贈った。6月23日、同店を訪れた町内の女性が「有料動画閲覧料金の未払いで裁判になるため、ギフトカードを購入するよう電話で言われた」と申し出たのを受け、特殊詐欺と見抜き警察に相談するよう促した。同店は、昨年9月にも同様の特殊詐欺を未然に防止。県警生活安全部長から同日、「あなたの街のサギ防止優良店」にも認定された。浅賀さんは「日頃から気軽に世間話できるお店作りを心がけている。今まで以上にサギ防止に貢献したい」と話した。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP