軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 ニュース
軽井沢新聞 ニュース

自動車の最新技術開発・普及、交通インフラ整備など議論

G7交通大臣会合開催

DSC_0051.JPG 24日朝のフォトセッション。この後、ヒノキとコブシの木の記念植樹があった。
 G7長野県・軽井沢交通大臣会合が9月23日から25日、軽井沢プリンスホテルを会場に開かれた。各国からの代表団は62人(アメリカ21人、ドイツ11人、イギリス8人、イタリア6人、カナダ8人、フランス4人、EU4人)。報道陣の事前登録は45社(海外プレス3社)、307人に上った。
 23、25日は日本と各国の二国間で話し合うバイ会談が中心で、一堂に集まり議論するメインの会合は24日に集中。午前中は各国の自動車会社や研究機関も交え、自動運転について話し合う官民セッションを実施。午後に「自動車及び道路に関する最新技術の開発と普及」「交通インフラ整備と老朽化への対応のための基本的戦略」の2つをテーマに議論し、それぞれ大臣宣言を採択した。
 町内を視察するエクスカーションは、イタリアとドイツの政府団が参加し町民らと交流。議長を務めた石井啓一国交相は24日の会見で、軽井沢町での開催意義について、「(軽井沢の)奥深い魅力を世界中に知ってもらう機会となった。大臣の中には、『次回は家族で訪れたい』という声もあった」と話していた。

石井国交相「大きな方向性示せた」

2テーマで宣言を採択

DSC_0182.JPG

DSC_0137.JPG 24日、大臣らはホンダ、日産、トヨタ各社の燃料電池車、自動運転車に乗って昼食会場のフォレスターナ軽井沢まで移動した。
 G7各国共通の課題である「自動車と道路の最新技術開発・普及」と「交通インフラ整備と老朽化対応のための基本戦略」の2つのテーマに関する議論を24日に行い、それぞれのテーマで「G7長野県・軽井沢交通大臣会合宣言」を採択した。
 自動運転については、早期実用化に向けG7各国が協力、リーダーシップを発揮し、産学官が連携して取り組む重要性を共有。また、自動運転中の人間と機械の役割分担のあり方、自動運転の社会的な受容性についての研究の必要性を確認した。課題を詳しく検討するためワーキンググループの設置も決めた。
 交通インフラの投資については、新規整備と既存のインフラのメンテナンスの双方に必要であることを確認。観光、雇用などを増加させ、中長期的に経済を成長させる効果や防災・減災効果に着目し、計画的、継続的に十分な投資を行う重要性について認識を共有した。
 日本と二国間で議論するバイ会談では、各国と交通インフラ整備における地球温暖化対策などについて意見交換。来年議長国を務めるイタリアとの会談では、過疎化地域等を含めた社会の持続性についても議論していく意向が示された。
 石井国交相は2つのテーマの成果について、「大臣宣言として、大きな方向性を示すことができた」と振り返り、充実した議論が行われたことを強調した。

県産食材を使った料理や、様々なアトラクション

歓迎夕食会、和気あいあいと

IMG_1612.JPG 佐久の柳田清二市長の発声で行われた鏡開き。 DSC_0109.JPG 歓迎夕食会のメニュー
 歓迎夕食会が23日、軽井沢プリンスホテルで開かれ、長野県知事、軽井沢町長、長野県関係者約80名がG7交通大臣らと食事やアトラクションを楽しんだ。阿部知事は長野県の特徴をアピールし、軽井沢には天皇皇后両陛下が毎年ご静養に来られることやジョン・レノンにも愛された町であることなどを紹介した。佐久市長も参加して、佐久の酒蔵が集まって造った日本酒「SAKU13」の鏡開きで乾杯が行われた。
 ふるまわれた夕食メニューは地元食材を中心に、東日本大震災の復興支援として被災地の食材も取り入れたフランス料理のコース。今年春頃からメニュー作りを進めてきたという、北爪雅信総料理長は「元々良い素材なので、その味を生かすために、組み合わせなどを考えた」。ワインは長野県原産地呼称管理委員会の選定委員が銘柄を隠して選んだ県産のものを提供した。
 アトラクションは真田幸村の武勇を表現する和太鼓や諏訪地方に伝わる伝統的なり唄を御柱の映像と共に披露。NAGANO善光寺よさこいの演舞も会場を活気づけた。
 藤巻町長は翌日の記者会見で夕食会について「アトラクションは各国の大臣にも参加してもらう形で盛り上がりを見せた。料理も美味しいと好評だった」と振り返った。

<歓迎夕食会のメニュー(抜粋)>
・真鯛の昆布〆で巻いた長野県産長芋と雲丹のおむすび見立て
・信州サーモンと彩り野菜のモザイクテリーヌ
・信州産花びら茸と福島県産野菜とオマール海老のクネル入りオマールコンソメスープ
・岩手県産帆立貝のソテー 信州産柿の木茸と3色野菜のリボン添え
・信州プレミアム牛肉フィレ肉のブレゼ
・信州ブドウ3種とハーブティーのジュレ
※このメニューは11月18日~来年1月まで、軽井沢プリンスホテルで一部アレンジして提供する。
(15名以上からの『忘年会スペシャルプラン』)

<ワイン>
・白ワイン/ソーヴィニヨンブラン2015(ヴィラデストワイナリー、東御市)、シャルドネ樽熟成2014(楠ワイナリー、須坂市)
・赤ワイン/シャトーイヅツ(井筒ワイン、塩尻市)
・デザートワイン/氷菓の雫コンコード(林農園、塩尻市)

年内に歩道整備、遺族会は慰霊碑設置へ

国交相らスキーバス事故現場で献花

DSC_0014.JPG 献花台に花を手向け、黙とうをして事故の犠牲者を悼んだ。
 G7交通大臣会合の開幕を前に、石井啓一国交相は23日、大学生ら15人が死亡した1月のスキーバス転落事故の現場を訪れ、犠牲者を追悼した。現場訪問は事故直後以来2度目。
 石井国交相は「このような悲惨な事故を二度と起こさないとの決意の元で献花した。国交省では、6月に総合的な対策を取りまとめた。速やかにできるものから随時実施する」と述べ、献花台へ向かうための歩道整備に10月から取り組み、年内に完成させる考えも示した。
 この日は、事故の遺族8人も献花に。被害者遺族の会代表の田原義則さんは「あのような事故が二度と起こらないよう、安全、安心のバスの運行を願うのが我々の一番の思い」。また、国交省が歩道を整備するのに合わせ、現場に慰霊碑をつくる方針も示した。
 歩道の新設は10月3日に着工。道路脇の山側斜面を削り、幅約2m、長さ約200mの歩道をつくる。

神事の見学やワイン試飲で、町の人らとふれあい

伊・独の政府団、町内視察

DSC_0075.JPG お茶のもてなしを受けるイタリアの大臣(左)ら。 DSC_0216.JPG ドイツの大臣ら、長野県産ワインで乾杯。
 グラツィアーノ・デルリオインフラ・運輸大臣をはじめ、イタリア政府団の6人は23日、峠町の熊野皇大神社を訪れた。水澤光男宮司の案内で、敷地にある樹齢850年以上といわれる神木を見学後、軽井沢御神楽保存会の神事「浦安の舞」を観覧した。続いてお茶屋「しげのや」で、茶道石州流長野会の茶のもてなしを受けると、「ボーノ(美味しい)」と言いながら、飲み干す団員も。
 舞い手を務めた水澤万希子さんは「『浦安の舞』は、平和をお祈りする舞いなので、世界が平和になるよう思いを込めて舞った。緊張しました」と話した。
 アレクサンダー・ドブリント連邦交通・デジタル・インフラ大臣らドイツ政府団10人は25日、軽井沢千住博美術館や軽井沢風越公園を見学したあと、軽井沢駅北口のワインポータル「AU DEPART」へ。白と赤、スパークリングの3種のワインを試飲した。
 その後、会見に応じたドブリント大臣は、軽井沢滞在中のもてなしについて感謝の気持ちを表し、会合が成功裏に行われたことを強調した。県産ワインについては「フランス、イタリアに匹敵する世界的にも高い水準」と称賛。軽井沢について「スポーツ、芸術、文化、自然が非常によく調和している」と印象を述べた。

燃料電池車などの展示エリアや議場

会合終了後、一般に向け開放

DSC_0158.JPG 大臣が腰掛けた椅子に座るボランティアスタッフら。
 展示エリアには、自動車、鉄道、空港、船舶などの交通に関する企業や大学、自治体のブースがあり、各国の大臣らも会場を見学した。ドイツのドブリント大臣は、水素で作った電気を燃料に走るトヨタとBMWの燃料電池車の前で説明を受け、諏訪東京理科大学が開発した、重心を傾けて移動するパーソナルモビリティーに試乗。同大4年の丹羽真吾さんは「まさか乗ってもらえるとは。慣れていなければ一発で乗りこなすのは難しい。上手でした」。
 全ての会合が終了後、オープニングセッションで使われた会議場や展示室が一般公開された。通訳ガイドのボランティアを務めた、軽井沢高校2年の依田沙弥佳さんは、会議場でイタリアの大臣の席に着席。一緒にボランティアをした友人と写真撮影を楽しみ「ふかふかで座り心地がいい」。見学に訪れた上田市の西沢恒幸さんは「水素の燃料電池車は二酸化炭素の抑制にも繋がる。値段が手頃になれば、乗ってみたい」と話していた。

会場の内と外で温度差も

G7に関わった人、町の人の反応は

 23日の歓迎夕食会、24日の植樹には、長野県の阿部守一知事と藤巻進町長も参加。24日の会見で阿部知事は「会合を成功させることで、これまで以上に長野県、軽井沢の認知度は上がる。今回の会合の準備で築いた、大使館関係の皆さんとのネットワークを維持しながら、国際的な会議の誘致に積極的に名乗りを上げていきたい」。藤巻町長は「G7の開催は、軽井沢にとって大きな試金石になる。いろんな面で、経験を生かせるものと思っている」と力を込めた。
 大臣会合開催に向け、受け入れ準備を進めてきた「町民会議」の土屋芳春会長は、会合の全日程終了後、「リゾート会議都市を目指す軽井沢にとっては、一つの通過点。まだまだ経験値を積んで、これからに繋げたい」と先を見据えた。
 一般公開に来ていた町内の男性は「天気が良くなかったのは残念。警備上、難しいとは思うが、朝の木立の中を大臣に散歩してもらったり、軽井沢の良さをもっとPRできたらよかった」。中軽井沢で飲食店を営む男性は、「関わっているのは一部の人のみ。町全体で歓迎している雰囲気を大臣らに直接伝えたかった」と話した。

基準地価の上昇率、住宅地は軽井沢が県内1位

P1030675.JPG
 長野県が9月20日に発表した基準地価(2016年7月1日現在)によると、長野県の商業地で地価が上昇したのは軽井沢本通りのシャトレ―第2軽井沢の1地点のみ。0.7%上昇で135000円だった(価格は1㎡あたり)。上昇率が県内1位の住宅地は南原別荘地。3.3%の上昇で49400円だった。北陸新幹線の影響や別荘需要が高まったことが要因としてあげられている。

町内小中学生が書いた防犯ポスター、優秀作品選ぶ

DSC_0002.JPG
 軽井沢警察署と町防犯組合連合会は9月9日、町内の小中学生から募集した防犯ポスターの審査会を開いた。町内3小学校の4~6年生から76点、軽井沢中学2年生から15点の応募があり、学年ごとに最優秀賞と優秀賞を選んだ。特殊詐欺への警戒、戸締まりの啓発、万引き防止などをテーマに描いたものの中から、配色やデザイン、目を引くかどうかなどを基準に、軽井沢署長や軽井沢高校美術科の教諭ら9人が審査。入賞作品は全国地域安全運動(10/11~20)に合わせ、軽井沢警察署ロビーで展示する。

固定資産税の課税誤り判明、町長ら謝罪

 軽井沢町は9月7日、2015、16年度の鉄骨鉄筋コンクリート造及び鉄筋コンクリート造の保養所(会社寮・学校寮)の固定資産税を、過大に課税、徴収していたことを発表した。記者会見を開き、藤巻進町長や税務課の担当職員が陳謝し、事情を説明した。対象棟数は106棟(納税義務者99人)で、過大に課税、徴収した金額は2253万円。7月末に、納税義務者より課税額の計算方法について問い合わせがあり、本来の課税額と違うことが判明した。該当者に対し町は謝罪文を送付、随時還付の手続きを行うとしている。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PAGE TOP