軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 スペシャル
軽井沢新聞 スペシャル

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.16

Kaleidoscope

 小雨の降る7月初旬、明治時代の古い別荘を見る機会がありました。この別荘は以前から気になっていた建物。日本風の外観だけれど、「下見板張りで紅殻塗り、暖炉の土管煙突がある」ということから、軽井沢の別荘建築に興味のある人なら、西洋人が建てた相当古い別荘だということが分かります。明治の頃は建築用の木材が手に入りにくかったらしく、中山道・軽井沢宿の廃業した旅籠を買い取り、その資材で建てた外国人の別荘がたくさんありました。この別荘の前を通るたび、もしやそういう外国人別荘ではないだろうかと思っていたのです。

 この日は、軽井沢ナショナルトラスト会長の中島松樹さんも一緒に訪問。現所有者の深川さんは、土地の履歴がわかる事項証明書を用意して待っていてくださいました。

 明治42年に地上権が設定され(当時外国人に土地を売ることはできなかった)、その地上権者がジョーアンナ・アリス・キルビーであることが分かりました。「キルビーさんといえば...!」私たち軽井沢ナショナルトラスト関係者には馴染みのある名前です。剣豪小説で知られる作家・柴田錬三郎の別荘も旧キルビー別荘。しかし、外国人宣教師に詳しい中島さんでさえ、キルビーに関する資料がなく、どういう人物なのか分かりませんでした。このとき初めて女性であることが判明。深川さんの話から英国人宣教師ではないかと思われました。キルビーは一度この別荘を手放しますが、昭和24年に再び購入。おそらく帰国し、再び日本に戻ったのではないかと中島さんは推測します。

 キルビーが買い戻したほど気に入っていた別荘は103年の時を経て、今なお健在。

 その姿は当時のまま、愛宕の森にひっそりと佇んでいます。数日後、「軽井沢の歴史のすばらしさを知ってもらうためにも何とか残していきたい」と書かれた深川さんからの手紙が届きました。

(次号へ続く)

(広川小夜子 軽井沢新聞編集長)

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.17

Kaleidoscope

 2年前の秋、「ウイン別荘が工事している。売りに出されるのかも...」という情報が入り、あわてて様子を見に行きました。

  「ウイン別荘」とは軽井沢に現存する数少ない明治時代の建物の一つ。アメリカ人宣教師ウイン・トーマス・クレイが建て、後にアイルランド文学の翻訳者で歌人の片山廣子が夏を過ごした別荘としても知られています。片山廣子は、芥川龍之介がその才能を認め心惹かれた美しく聡明な人物。片山廣子母娘と交流があった堀辰雄も訪れているという文学者ゆかりの別荘です。文芸評論家の吉村祐美さんは「文学的にも大切な軽井沢の文化遺産。絶対、残さなくてはいけない別荘」と断言します。

 しかし、これまで一度も雨戸が開いているのを見たことがなく、「今でも別荘として利用されているのだろうか、利用されていないなら、いつ壊されるかわからない」と、ずっと心配していました。

 2年前に屋根の工事を見たとき思わず駆け寄り、作業をしている人に「売りに出ているって、ほんと?」と問い詰めてしまいました。その人は笑って、「持ち主の人はこの別荘を大切にしているよ。今年は幾らと、予算を組んで修理をしているんですよ」と言い、「こんなこと、本当は軽井沢町がするべきことなんだよね」とも。この別荘の歴史的価値をよく知っている工務店の人でした。

 そしてこの夏、偶然通りかかると、ウイン別荘に灯りが点いているので思わず立ち寄りました。所有者のUさんは突然の訪問にもかかわらず、「この別荘が大好きなので、売りに出されないか心配していたんです」という私の話を聞いて、快く家の中へ通してくれました。建物の中は白い木の壁で、想像していたのとは全く違う明るい雰囲気。購入したときから変えずに使っているそうです。お洒落なインテリアは、当時としてはかなり斬新なデザインの別荘だったことでしょう。

 Uさんはこの別荘を大切にすると話していましたが、毎年かかる修理代はおよそ100万円だとか。古くなればなるほどもっとかかるに違いありません。個人の力には限界があり、もっと多くの人の協力が必要。軽井沢ナショナルトラストが中心になって、積極的にこうした軽井沢の宝を守るための策を講じる必要があると感じた2012年の夏でした。

(広川小夜子 軽井沢新聞編集長)

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.18

Kaleidoscope

 5年にわたり工事を行っていた東京駅が10月1日グランドオープンし、マスコミを賑わせています。見事に甦ったその美しい姿に驚いた人も多かったことでしょう。

 更に驚くべきは、駅としての機能が充実していることです。甦った東京駅は、「古いものは壊し、建て替えることによって機能的にする」という、今までの建築の常識を覆し、歴史的建造物を活かしながらも機能の充実が可能であることをはっきりと示しました。

 1980年代には東京駅が壊されるという話もありました。駅舎を壊して高層ビルに建て替えるという話が本格化し、赤レンガ駅舎保存の市民運動が起こりました。政府は専門家の意見も聞き、保全を決定。2003年、国の重要文化財に指定されたのです。

 壊してしまったら、その歴史の重みは二度と造り出すことはできません。そっくりに造ったとしても、重厚感、存在感は決して同じようにはなりません。「壊されなくてよかった」威風堂々とした東京駅を見て、心からそう思いました。

 駅は町の顔とも言えますが、軽井沢の駅舎はどうでしょうか。今年の10月で長野新幹線は開業15周年。軽井沢町が建てた現在の駅ビル「さわやかハット」も15年を迎えます。以前の軽井沢駅を知らない人も多くなってきていますが、赤い瓦屋根の白い駅は「高原の小さな駅」の趣がありました。新幹線用の駅建設のため取り壊しになるとき、駅舎保存の署名運動が起こりました。その結果、軽井沢町は当時、各地で造られたペデストリアンデッキ(高架の歩行者回廊)を備えた駅ビルを建設し、以前の駅を別の場所に復元して駅舎記念館として残しました。

 しかし、このペデストリアンデッキは厳寒の軽井沢には適していなかったようです。降り積もった氷雪を融かすためにデッキの路面下に電熱線を敷いて、かなりの費用をかけたにもかかわらず、真冬にデッキの上を歩いている人はほとんど見かけません。しかも、デッキの下は日陰になり冬は凍って、車の運転も危険な状態に。ビルの床には高価な御影石や大理石を貼ったのに、凍って滑る人が続出。ついに数ヶ月後、町役場はカーペットを敷きました。現在の駅の状態しか知らない人に「グリーンのカーペットの下は御影石と大理石」と言うと驚きます。

 中軽井沢駅は交流施設がまだ建設中ですが、今度はそんな失敗のないようにと願っています。

(広川小夜子 軽井沢新聞編集長)

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.19

Kaleidoscope

私が東京から軽井沢へ移り住んで、今年でちょうど40年。「軽井沢はどう変わりましたか?」と訊かれても、変わりすぎたことが多くて、何から話してよいか戸惑ってしまいます。軽井沢は良い方向へ変わったのでしょうか?

 「おじさん達が守ってくれなかったから、軽井沢がこんなになってしまった!」という可愛い子供の声で、多くの人々に衝撃を与えた放送ドラマ『軽井沢タイムマシン』。2002年~2004年にFM軽井沢で放送され話題となりました。2シリーズ、全12作あり、一昨年まで繰り返し放送されたから聴いたことのある人も多いのではないでしょうか。「軽井沢の歴史探訪と軽井沢の将来展望とのシンクロ」がコンセプト。そこには作者でナレーターの星崎遼さんの鋭い分析と批判、軽井沢への強い愛情が込められていました。

 第1作は軽井沢へゴルフに来た男性が一人の男の子と出会い、いつしかゴルフ場になる以前の飛行場だった時代へ。遥か昔の意外な軽井沢に出合います。そして第3作。男の子に連れられて今度は何十年後かの軽井沢へ。そこには廃墟になった街の姿がありました。「おじさん達が守ってくれなかったから、軽井沢がこんなになってしまった!」と男の子は叫ぶのです。「軽井沢はいったいどうなるんだ!」この放送を聴くために毎週末、軽井沢へ来ている(その頃インターネットでは聴けなかったので)という若手別荘族の間で、こんなメールが回りました。第4作で、この1話は完結します。軽井沢が廃墟のままでなくてよかったとホッとしたのでした。

 このドラマの根底に流れているのは「軽井沢の原点」です。A.C.ショーや先人達が築いた「避暑地としての精神」をうまく織り込んで仕上げたドラマにすっかり魅了され、ぜひ、この脚本を掲載させてほしいと知人を通して頼みました。実現にはいたりませんでしたが、その後もドラマは続き、時にはユーモアをまじえて"軽井沢の精神"をさりげなく伝え、繰り返し長い間オンエアされたのです。

 星崎遼さんが2012年6月に亡くなったことを知ったのは、秋になってからでした。星崎さんのご冥福をお祈りします。「軽井沢の原点」に多くの人が気づくためにも、このドラマは繰り返し放送してほしいと願っています。

「Kaleidoscope」は今号をもって、しばらくお休みします。

(広川小夜子 軽井沢新聞編集長)

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.20

新聞で見えてくることは何?

ph_201404-01.jpg 相馬雪香さん
「憲政の父」と言われる政治家・尾崎行雄の娘、相馬雪香さんは子供の頃から軽井沢で夏を過ごし、晩年は年間を通して軽井沢で暮らした。「難民を助ける会」を設立し、「軍備の再武装ではなく、道義と精神の再武装が世界の平和をもたらす」と呼びかけ、96歳で亡くなるまで世界各地を駆け巡った。その功績は大きく、エイボン女性大賞やカナダの「世界平和と人道援助促進功労表彰状」など数々の賞を受けている。最後にお会いしたのは、雪の降る軽井沢駅だった。私を見て「この頃の軽井沢はどうなの?」と尋ねられた。会議のため韓国へ向かうということだったが、このとき既に90歳を超えていた。

 雪香さんは20年以上前に、別荘訪問の取材で訪れた私に「新聞は1紙だけではだめ」ということを教えてくれた人だ。当時80歳近かった彼女は毎朝5紙を読み、そのうちの2紙は英字新聞だった。その頃の私は「ニュースがわかればいい」くらいの気持ちで、東京のときから読んでいた新聞と地元紙だけだったが、今は何紙かに目を通す。そうすると、それまでの新聞では見えなかったことが見えて来る。
「新聞を何紙も読むなんて無理」と言う人には便利なサイトを紹介しよう。『MEDIA WATCH JAPAN』 (http://mediawatchjapan.com)は、様々な問題について、各新聞社(全国紙)のスタンスがどうなのかがひと目でわかり、社説も検索できる。テーマは『アベノミクス、原発政策、憲法96条改正、集団的自衛権、普天間基地移設』など7項目。例えば、「集団的自衛権の行使」については、賛成なのが読売、日経、産経、反対なのが、朝日、毎日の新聞だ。ちなみに信濃毎日新聞は、社説などから反対ということがわかる。

 ごり押しで成立させた「特定秘密保護法案」、憲法解釈について「最高責任者は私だ」と言い、戦争のできる国へと進もうとする安部首相。武器輸出もできる「武器新原則」で利益を生み出そうとする日本。その一方、一向に収束しない福島第一原発の汚染水。新聞からは、日本が危険な曲がり角に来ていることが見えて来る。
 尾崎行雄はヨーロッパを視察して戦争の悲惨さを見聞し、軍国主義の強かった日本で軍縮を唱えた人だった。軽井沢には文化人だけでなく、政治家にもリベラルな人たちがたくさんいた。雪香さんが生きていたら、今の日本の政治をどう思うだろうか。

広川小夜子(軽井沢新聞編集長)

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PAGE TOP