軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 スペシャル
軽井沢新聞 スペシャル

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.21

軽井沢は再生エネルギー推進の町

ph_201405_01.jpg 春を告げるコブシの花
 軽井沢の人々にとって、今年ほど春到来を待ち望んだ年はなかったのではないだろうか。大雪の影響か、春を告げるコブシの花がなかなか咲かず、「春はいつ来るの」と待ち続けていた4月。そして遅咲きのコブシのおかげで桜との美しい紅白風景を眺めることができたGW(例年はコブシが散ってから桜が咲く)。軽井沢は今、若葉と野鳥のさえずりに、ようやくいつもの高原らしさを取り戻している。

 厳しく長い冬だったが、我が家の太陽光発電は一生懸命稼働し、なんと3月は197kWも発電してくれた(パネル24枚で3.144kW)。これは昨年7月や8月よりも多い。さすがに大雪に覆われた2月は24kWしか発電できなかったが、1年間の合計は1561kW、金額にすると65,720円。冬も雪氷に閉ざされていなければ、想像以上に発電する。年間を通して晴天が多い軽井沢は太陽光発電に向いているのだ。しかも、軽井沢町は最高40万円という県内一の補助金が出るので、取り付け費用は他の町より優遇されている。
「費用を取り戻すには何年もかかるでしょ」と友人は言うが、私が太陽光発電を取り付けたのは、金銭的な問題ではない。原発事故によって明らかになった問題点や恐ろしさを知り、原発に頼ることを少しでも減らしたいと思ったからだ。自分に何ができるかを考えて太陽光発電を決めた。

「再稼働しなければ電気代がさらに上がってしまう」と、思っている人も多いようだ。しかし、本当にそうだろうか。「総括原価方式」で何もかも電気料金に乗せるというやり方は一向に改められない。止っている原発の維持管理費まで使用電気料金に含むというのは、「使った分(買った分)を払う」という商売の基本からはずれている。「夏の電力が危機」という記事を目にするが、電力が足りないなら、なぜ政府や電気業界が節電を呼びかけないのだろうか。都市部の冬は暖房が効きすぎで暑く、夏は冷房が強すぎて寒い。なんと国会議事堂はライトアップまでされている。本当のところ、政府は電力不足云々ではなく、再稼働するための道筋をつけたいだけなのではないかと思う。
 その点、軽井沢町の取り組みは優れている。原発事故のあと、直ちに「再生可能エネルギー推進の町」を宣言し、昨年末には役場の駐車場に地熱利用の融雪設備を取り付けた。今年4月の議会では「木もれ陽の里」の屋根に215Wの太陽光発電パネル478枚を設置することが決まった。寒暖差を活かした温度差エネルギーやバイオマスなども検討されている。「自然との共生」をスローガンに掲げた軽井沢町の、さらなるエネルギー問題への取り組みに期待したい。

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.22

世界を一歩先に行く「日本国憲法」を作ったベアテさん

ph_201406_01.jpg ベアテ・シロタ・ゴードンの著書
『1945年のクリスマス』
 日本国憲法をめぐり、いま世論が渦巻いている。日本国憲法制定の際、軽井沢ゆかりの外国人女性が草案作成に力を注いだことをご存知だろうか。その人の名はベアテ・シロタ・ゴードン。ユダヤ人ピアニスト、レオ・シロタ・ゴードンの娘でウィーン生まれ。山田耕作の招きで東京音楽学校に赴任した父に伴い、5歳から15歳までの多感な時期を日本で過ごした。米国に留学した大学時代も夏休みは日本へ戻り、軽井沢の別荘で避暑生活を送っている。

 大学卒業後、ベアテは米国の戦争情報局やタイム誌で働き、その後、GHQ民生局のスタッフとして再来日。著書『1945年のクリスマス』は、帰国後、ベアテが懐かしさに胸がいっぱいになりながらも、焦土となった日本に衝撃を受けるところから始まっている。その時、両親は第三国人強制疎開地に認定された軽井沢に滞在していた。

 日本語が堪能で日本人の心を理解できるベアテは、GHQの民政局で憲法草案作成委員の一人として参加する。そのときベアテが力を注いだのは「日本女性の権利」。家のために結婚させられたり、売られたりする娘...、子供の頃から見てきた苦しむ女性たちの権利を守りたいという強い気持ちを日本の新憲法に盛り込んだ。
日本側は女性の権利条項の削除を求めたが、ベアテは入れることを強く主張した。こうして、当時、世界的にも一歩進んだ男女平等の理念が加わった憲法が誕生した。のちに美智子皇后はベアテについて「日本における女性の人権の尊重を新憲法に反映させた」とその功績を称えた。

 安倍首相や改憲派は「今の憲法はGHQの押しつけ」と言うが、そうだろうか。戦後初めての総理大臣に就任した幣原喜重郎はGHQに「憲法の自由主義化」を求められ、憲法の草案を作成した。しかし、その草案は国民を「臣民(天皇の忠実な部下)」と記し、国民の自由や権利が法律によって制限されるなど、明治憲法とほとんど変わらないものだった。このとき日本政府が作っていたら、とんでもない憲法ができていただろう。

 GHQはこの草案を知って呆れ「憲法のモデルになるものを作ろう」と作成に取り組む。7つの委員会が作られ、25人のメンバーが理想の憲法を作ろうと必死で取り組む様子は、ベアテの著書に詳しく書かれている。メンバーには憲法学者や弁護士、大学教授も揃い、皆、世界の憲法や日本について一生懸命学んだ。日本人のために、民主主義の理想の国を作ろうと、米国の憲法にさえ書かれていない進歩的な憲法を編み出したのだ。彼らの理想と努力から生まれたのが「主権在民」「戦争放棄」「基本的人権の尊重」等を掲げた日本の『平和憲法』だ。

 戦後平和な時代を築けたのはこの憲法があればこそ、ということを私たちは忘れてはいけない。

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.23

「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子と宣教師たち

ph_201407_01.jpg 花子とも交流があったハミルトン校長の別荘 (愛宕に現存)
グリンゲイブルスの家から少女が登場し、主題歌のメロディにのってクルクル回るように歩いて行く。そんな場面から始まるNHK朝のテレビ小説は『赤毛のアン』を翻訳した村岡花子の生涯を描いたドラマ。「2014年のテレビ小説が村岡花子の話になります。軽井沢関係の宣教師さんも登場するかもしれませんね」。2年前にそう言っていたのは軽井沢ナショナルトラスト理事のAさん。2010年に横浜で開かれた村岡恵理さん(村岡花子の孫)の講演会に行き、花子の生き方に興味を持った。そのとき恵里さんの著書『アンのゆりかご』を買って読み感動し、「これがテレビ小説になったら」ともう1冊買ってNHKに送った。NHKからは本が届いたことと「検討します」という返事はあったが、その後どうなったか特に連絡はなかったので、新聞で発表を見てAさんは驚いたという。もしかしたら、このときの1冊が脚本家の目に留まったのかもしれない。
 安東はな(村岡花子)に大きな影響を与えた一人として、ブラックバーンなる人物が登場する。威厳を感じさせる校長先生で生徒を叱るとき「Go to bed!」と怒鳴るのだが、瞳の奥は優しく慈愛に満ちている。実在の人物はブラックモアといい、旧軽井沢のヴォーリズレーン近くに別荘があった。のちに宣教師メジャーの別荘となり2、3年前までは残っていたが、所有者が変わり売却のため壊された。私は10年ほど前に見学したことがあるが、新渡戸稲造の自筆の書が飾ってある古い暖炉が印象に残っている。  ドラマに出てくる女学校のモデルは東洋英和女学院、花子の出身校だ。東洋英和女学院と軽井沢は宣教師を通してつながりがある。愛宕山別荘地の知人が気に入って購入した古い別荘も、調べてみたら東洋英和女学院ハミルトン校長の所有だったことが分かった。「ハミルトン先生の別荘が軽井沢に残っていたなんて!」と東洋英和女学院の関係者は驚いて見学にやって来た。  当時の宣教師たちは夏休みを軽井沢で過ごしていた。宣教師たちの力で発展した軽井沢は「清潔で健康なリゾート」を守り続け、今も深夜営業や風俗営業が禁止されている。軽井沢の歴史を知らない人たちからは、コンビニや飲食店が夜11時で閉店するのが不満という声も聞こえてくる。しかし、これは軽井沢の伝統であり誇りでもあるのだ。ブラックモア校長が花子に大切なことを厳しく教えたように、新たに訪れる人たちに伝えていかなければいけない。8月1日には『軽井沢ショー祭』が行われる。A.C.ショー始め先人たちを顕彰するこの記念式典は、軽井沢の原点を見つめる良い機会でもある。縁あって軽井沢に暮らすようになった人達には、ぜひ参加してほしいと思う。

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.24

いつの時代も「平和」を考える場所

ph_201408_01.jpg 左端:鳩山一郎、中央:近衞文麿
ここに1 枚の写真がある。戦争が激しさを増す昭和18年8月、伊東治正(伯爵、新聞記者)の軽井沢の別荘(翠雨荘)に政治家たちが集った「軽井沢会談」である。軍部が勢力を持つこの頃、政治家たちは憲兵に悟られないように庭から庭へと歩いて翠雨荘に集まり、和平への道を話し合った。戦火の時代も軽井沢は「平和」を考える場所だったのだ。

 7月のある日、テレビで「『集団的自衛権』を知っていますか?」という調査を行っていた。10代、20代の8割近くが「よくわからない」と答えている。新聞やテレビであれだけ話題となったのに、無関心の若者が多いようだ。実際、私の周りでも政治の話をしている若い人をほとんど見かけない。
 軽井沢のレストランで働く20代後半の女性。「集団的自衛権って、海外に行って戦争するようになるらしいけど、自衛隊のことでしょ」自分たちには関係ないと言う。佐久地方の病院で働く22歳の看護師(男性)。「集団的自衛権?新聞もテレビも見ないのでよくわからない」。ちょうど持っていた新聞の見出しに「戦争のできる国へ」と大きく書いてあり、元自民党幹部の議員が「自衛隊に入る人 が減り、いずれは徴兵制になる」と話している記事が載っていたので、それを見せると表情が変わった。「いやだよ。戦争になんか行きたくない!」。若者たちも自分の身に降りかかることとなれば、真剣に考えるようだ。
 若者ばかりでなく多くの国民の間で議論が深まらないうちに、憲法解釈を変更し集団的自衛権を使えるようにした安部内閣のやり方に対して、地方の新聞は厳しい目を向けている。7月9日付の朝日新聞によれば「地方紙の40紙が反対、賛成はわずか3紙」。東京新聞は「自公だけの『密室』協議で『解釈改憲』の技法だけの話し合い」と批判。信濃毎日新聞は3月から7月30日現在までの間に「安保をただす」と題した社説を40回以上掲載し「政権が思うまま解釈変更するのでは憲法の意味がない」と述べた。
 地方の声は新聞だけにとどまらない。長野県内では46市町村議会と県議会が、解釈変更の反対や、慎重な対応を求める意見書を可決した。共同通信社の全国調査では「解釈変更不十分」と答えた人が82%にのぼり、行使容認への反対は半数を超えている。では、佐久市や小布施町など46議会が意見書を可決している中で、軽井沢町の議会はどうだったのか。『議会だより』を見ても、議会としての意見書を出すという話は全く持ち上がっていない。町民の声をすくいあげる一番身近なところにある町議会がこれでは...とがっかりした。国が行うことにこれだけ多くの人が納得していないという事実をしっかり認識し、町民の代表として政府へ意見を述べる勇気を持ってもらいたいと思う。軽井沢は平和を考える場なのだから。

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.25

"安心して暮らせる別荘地"が基本

ph_201409_01.jpg 木々を伐採し、急斜面を開発した別荘地
60年前から旧軽井沢の別荘で、毎夏過ごしているSさん。2011年のある日、長野県砂防課から「土砂災害警戒区域」説明会の連絡を受けて驚いた。「緑に囲まれ、小鳥のさえずりを聞きながら過ごす、快適なこの別荘地が危険区域だとは!」。しかし、言われてみれば、近くの緑の丘は削られ、いつの間にか、むき出しの斜面にモダンな別荘がたくさん出来ている。「もし、大雨になってあそこが崩れたら、この家はひとたまりもない」
 この夏、日本列島は集中豪雨による被害に見舞われ、8月20日、広島県では大規模な土砂災害で70人以上が亡くなった。急傾斜地の土砂災害の危険は、山や丘陵を切り開き分譲してきた場所も多い軽井沢では、人ごととは言えない。
 2003年に、長野県は「土砂災害危険箇所の分布状況地図」を発表している。軽井沢別荘団体連合会では、急傾斜地の樹木を伐採し見晴らしを良くして販売しようとする業者があとを絶たないため、「急斜面の樹木を根こそぎ伐採すると危険」というチラシを作り、裏面にこの地図を入れた。土石流やがけ崩れの生じる危険な地域が記されているため、反響も大きかった。 
 県砂防課は旧軽井沢の調査が終了した2011年、東京と軽井沢で土地所有者への説明会を開いた。東京では約100名、軽井沢では約70名が参加。どちらの会場でも「歴史ある別荘の資産価値が失われる」「目視だけで指定するのはおかしい」など、多くの参加者が指定に反対して会場は大混乱になった。前述のSさんはこの説明会で、自分の別荘の危険度を初めて認識した。開発によっていつの間にか危険になっていく場所というのは意外と多い。自分たちがそうしたわけでなく、無謀な開発によって危険になるだけに、気づいたときにはどうしようもない状態になっている。土砂災害警戒区域に指定されると、開発は規制される。このとき旧軽井沢だけでも指定されるはずだったが、結局、延期になった。その理由が「不公平のないよう軽井沢全域の調査が終了してから」だという。これがなぜ理由になるのか、理解に苦しむ。いったい、誰に対して不公平なのか?本来、行政の立場なら、危険な場所での開発を1日も早く止めさせるべきだろう。まさか、「指定を遅らせるから、その間に開発して売却を」というわけではあるまい。
「歴史ある別荘地の資産価値が失われる」と心配する人も多かったが、大災害になり人命が失われては、「歴史ある別荘地」も「資産価値」も吹っ飛んでしまう。前号の軽井沢新聞に掲載したように、県は軽井沢全域の基礎調査を今年度中には終え、イエローゾーン(土砂災害警戒区域)とレッドゾーン(土砂災害特別警戒区域)を指定すると述べた。土砂災害の危険性は広島の犠牲で多くの人が理解したはずだ。今回は確実に指定し、町も「警戒避難体制の整備」を迅速に進めてもらいたいものである。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PAGE TOP