軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 スペシャル
軽井沢新聞 スペシャル

軽井沢が見える万華鏡 No.30

「自然の中に住まわせてもらう」

20160404_173440.jpg
 数年前、同時期に別荘建築の工事をしている所が2ヵ所あり、工事のやり方が対照的で興味を引いた。1ヵ所は敷地の木を皆伐し、道路側の並木も全て切った。 建築会社にとっては邪魔なものがなく工事しやすいのだろう。大型トラックが出入りしてあっという間に完成した。 道路側には低木が植えられ、続いていたカラマツ並木がそこで途切れてモダンな別荘が丸見えになった。 もう一方の工事現場では、建てる所だけ木を切り、通りに面したカラマツを5本移動して工事していた。 完成した後、木は元に戻され、新築の家は前からそこにあったかのように林に囲まれていた。私はこれが先人たちの言う「自然の中に住まわせてもらう」ということなのだと感心した。 自然に配慮する家が最近は少なくなっていただけに、この家の持ち主に好感を持った。所有者はわからなかったが、家の建て方の記事の中に、良い例としてこのやり方を紹介した。
 翌年、蟹瀬誠一さん(国際ジャーナリスト・明治大学教授)を取材することになり訪ねて行くと、その別荘の持ち主が彼だったので驚いた。 工事のやり方に感動したことを伝えると、「軽井沢なら当たり前のことですよ」と笑っていた。  今年3月、万平ホテルで蟹瀬さんの講演会が行われた。タイトルは「心に響くおもてなし~国際観光都市に今求められるもの」だが、話の内容は濃く、軽井沢のあり方を考えさせられるものだった。
「ジョン・レノンにカメラを向けない町。これも特徴の一つ。歴史・文化・自然など軽井沢は他の町にない特徴がある。それを大切にしなければいけない。自然は神から与えられたもの。だから自然は変えてはいけない」。 蟹瀬さんの話は軽井沢にとどまらず広がっていった。印象的だったのは「経済至上主義は文化を進める努力をしなくなり国を衰退させる。それは歴史が証明している」という言葉だ。 思わず、「経済優先」ばかり言っているどこかの首相に聞かせたいと思ってしまった。
 グローバルな視点で物事をとらえられる蟹瀬さんは、軽井沢の本質をよく理解している。 家そのものではなく、建て方一つにもそうしたことが見えてしまうのが、軽井沢の恐ろしいところなのかもしれない。

<軽井沢が見える万華鏡No.29>

軽井沢のサロンで意見を交わす

img-203112632-0001.jpg
 新しい年を迎えて早くも1ヵ月が過ぎた。浅間山にほとんど雪のないお正月、雪や氷の危険がない日だったのに起こったバスの大惨事、そして急激に冷え込み大雪となった1月下旬。師走に発表された2015年の漢字は「安」だというが、誰も「安心」の「安」だとは思っていない。むしろ「不安」の「安」ではないだろうか。

 暮れからお正月にかけて、軽井沢で過ごした人はこの冬も多かった。東京と軽井沢とパリの3ヵ所で過ごしているTさんもその一人。近くまで来たからと、立ち寄ってくれた。「パリのテロは大変でしたね」Tさんのアパルトマンが事件現場の近くだったことを思い出して尋ねると、「ちょうど近くのレストランで食事していたときで、犯人がその前を通って行ったらしいの」。
えっ!と驚いて「パリは危険だから、しばらくは日本にいらっしゃる方がいいのでは」と心配すると、「日本も危ないのは同じ。既にイスラム国の標的に入っていますから」。
3月にはパリに戻るのだという。
 年々ひどくなる異常気象、世界各地でテロ頻発、原発再稼働、安保法成立で戦争のできる国へ...。「不安」の文字は大きくなるばかりだ。軽井沢の「G7交通大臣会議」はだいじょうぶ?
 数年前までFM軽井沢で『さわやか談義』という番組があった。長年、万平ホテルの社長を務めた佐藤泰春さんと、旅行読売の編集長を務めた伊本俊二さんの辛口トークが好評だった。生番組だったので、過激な発言もあったりして司会者が焦る様子も見受けられたが、それがまた受けていたようだ。この番組が続いていたら激動のこの年を何と語るだろうか。

 最近は報道規制がそれとなく行われている。ズバッと政府を批判して視聴者にわかりやすく説明してくれる人気のキャスターたちが追いやられ、当たりさわりのない内容に代わっていく。それでも新聞はまだ「モノ言う精神」が残っている。私は、政府の問題点を歯切れよく書く信濃毎日新聞の社説のファンでもある。

 日本人はおとなし過ぎる。日本の政治、世界の状況などを、自分の言葉で話し合える場がもっとあったらいいと思う。特に若者たちが議論しないのが気になる。みんなおとなしく無口になっているうちに、日本の状況は変わって行く。昔の軽井沢はリベラルな議論が行われる場だった。平和を模索する人々がたくさんいた。

 翻訳家の朝吹登水子さんが「フランスでは、カフェで議論するのはごくあたりまえ。自分の意見を言わない人は何も考えていない人と軽蔑されます」と言い、睡鳩荘のサロンで来客と意見を交わしていたことを思い出す。

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.28 広川小夜子(軽井沢新聞編集長)

2016年は「軽井沢・避暑地130周年」

20151209_181637.jpg Asako Hirooka
 2014年に引き続いて、2015年のNHKテレビ小説も軽井沢にゆかりの女性がモデルとなっている。
伝説の女性実業家といわれるその人、広岡浅子は日本女子大学の創設に力をそそいだことでも知られる人物。三井財閥第6代当主の娘として生まれた浅子は、軽井沢にある三井家(所有者三郎助は浅子の弟)の別荘を訪れ、日本の女子教育のパイオニアとなる成瀬仁蔵を8代当主の三井高景(三郎助)に紹介している。それがきっかけとなり三井家は女子大創立のために資金や土地を援助した。明治後期に建てられた三井三郎助別荘は、今も旧軽井沢の木立の中に残っている。日本人が建てた軽井沢で最古の洋館別荘だ。インドの詩人タゴールや西園寺公望が訪れ、新館には皇太子(現天皇)の英語教師、バイニング夫人が泊まったこともあるなど歴史の物語が伝えられている場所でもある。
 洒落た造りの白い室内には浅子と成瀬と三井家の人々が一緒に撮った写真が飾られている。写っている籐イスが、今も廊下にあるのが何とも不思議な時の流れを感じさせる。所有者が代わりながらも、100年経ても残っているというのは「奇跡」である。売却されず残っているのは、現在の所有者が「これは軽井沢の文化遺産」ということを理解しているから。かなり老朽化しているので、1日も早い保存の対策が必要だ。
 2014年に軽井沢新聞社では村岡花子ゆかりの別荘見学会を行ったが、倍以上も定員オーバーとなったため開催日を1日増やした。『アンと花子』に登場する校長・ブラックモーアの別荘はヴォーリズ建築だったが、数年前に売却のため壊された。参加者たちは跡地で写真を撮り、「建物があったら...」と残念そうだった。
 木造建築であっても現代の建築技術では保存することは可能だ。むしろ使わなければ朽ちていく。軽井沢の歴史的別荘には宝物が詰まっている。調べれば調べるほど色々な人物と物語が出て来る。その人物たちが意外な所でつながって、他の市町村ではあり得ない物語が編まれている。文化遺産は町の財産として保護しなければいけないと多くの人々が思っている。新しいものを造っても、宝物のような物語はすぐには生まれて来ない。軽井沢ならではの別荘建築を次世代につなげることを、手遅れにならないうちに行政は考えるべきだ。2016年は「軽井沢・避暑地130周年」にあたる。

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.26

失われた緑を取り戻す企業

ph_201410_01.jpg緑に囲まれた"軽井沢チョコレートファクトリー"

ph_201410_02.jpg銀座通りで緑が目立つ"チャーチストリート軽井沢"
 緑の軽井沢の美しさを積極的に店舗にも取り入れようという動きが見えてきた。国道18号線沿いにある"チョコレートファクトリー"がいつの間にか緑に包まれた館になっている。元々コンビニだった建物を利用したものなので、周りに殺風景な駐車場があるだけだったが、今はその面影がないくらい木々に囲まれている。「自然豊かな軽井沢を感じてほしいという会社の方針でたくさん木を植えました。国道が丸見えだったテラスが、今は緑に囲まれてくつろげるようになりました」と店長。以前は雨の日の来店客が多かったが、今は晴れた日も増えたそうだ。
 旧軽銀座通りを歩くと"チャーチストリート"の大きな木が見えてくる。3年前からこのビルのオーナーとなった大城さんは、緑豊かな軽井沢らしい場所にしたいと思っていた。そんなある日、表参道のビルの屋上に大木が何本も植えられて森のようになっていることを知った。これは誰が造ったのかと尋ねると、軽井沢にいる女性が考えたというので驚いた。さっそく軽井沢へ戻り、その女性・鈴木美津子さんに会い相談したところ、「旧軽銀座には木陰がなく訪れる人たちがきのどく」と思っていた鈴木さんは「協力しましょう」と即答した。しかし、森にするには時間が必要。この夏は間に合わせだったが、高木や中低木、野の花のプランター70個がビルを彩った。通る人が「あ、ホタルブクロ」と声をあげ、写真を撮って行く姿も見られるようになった。テナントの従業員たちも進んで野の花に水をやっている。「来てくださった方に最も軽井沢らしい雰囲気を味わっていただきたい」とマネージャーの西山さんは力を込める。
 軽井沢はここ十数年の間に急激に緑が減少した。民間企業に頼るばかりでなく行政がすぐにでも対策を講じるべきだ。「緑ゆたかな高原の自然を愛しまもりましょう(軽井沢町民憲章)」「軽井沢の伝統とすぐれた自然を保全する」(平成25年軽井沢町長期基本計画)と、町役場は大々的に掲げている。3万坪の森の木を切って2万枚の太陽光発電パネルを設置するという南軽井沢の計画が現在、問題になっている。メガソーラーのために3万坪の緑を失うことは本来の軽井沢の爽やかさを失うことだ。町民憲章や振興計画ではっきりと謳っている以上、まさか、役場がこれを認めることはないと思うが。もし、これを認めてしまったら次々と同じような計画が出て、軽井沢本来の役割とはかけ離れた場所になってしまうことだろう。

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.27

2015年、どうなる日本、そして軽井沢は...

ph_201412_01.jpg 軽井沢町役場の玄関前には『軽井沢町民憲章』の碑が置かれている。
 TVドラマや舞台化もされ人気を集めた村上もとか原作の「JIN-仁」の中で、タイムスリップして江戸末期にやって来た主人公・南方仁に勝海舟が「未来の日本はどうなんだ?」と尋ねる場面がある。仁が「平和で争いのない穏やかな国になっている」と答えると、勝は「よかった」とうなずく。戦(いくさ)の続く歴史を経て平和になった日本を大切にしなければいけないと思わせるシーンだ。軽井沢新聞のこの号が発行されるときには衆議院選挙は終わっている。今回の選挙は「経済政策を問う」のではなく「日本の未来を考える」を優先順位とする選挙であってほしかった。「平和な日々」がお金より大切だということは、3・11や原発事故で日本人は身にしみて分かっているはずだ。  軽井沢のことに話題を変えよう。発地のメガソーラー計画に関して、10月号のコラムで「自ら軽井沢町民憲章で『緑ゆたかな高原の自然を愛し守りましょう』と謳っている軽井沢町が、まさかこれを認めることはないと思うが」と書いたのだが、自然保護審議会と町長はこの計画を事実上許可した。
これには多くの住民ががっかりし、先月号のアンケートでも「納得できない」人が73%を占めた。『発地メガソーラー計画を考える会』は「町長と審議会だけで決めるのではなく、町民代表の町議会議員にも議論してほしい」と町議会へ陳情書を出し、有志で集めた設置反対の署名を町長へ提出した。この様子をNHKや信越放送、信濃毎日新聞などマスコミが報道し話題となった。  ここで注目したいことがある。太陽光発電を認める理由に町があげるのは2011年に「軽井沢町は再生可能エネルギー推進の町として議会で決めたから」だという。しかし、その頃と現在とでは状況が変わっている。太陽光発電施設は2014年6月末までに原発70基分の7178万KWが既に国に認可されている(経済産業省・資源エネルギー庁発表)ということを町や同審議会は知らないのだろうか(10月24日付信濃毎日新聞『社説』にも掲載されている)。太陽光発電施設の数はこれで充分満たされている(送電線の問題で稼働は15%)。何も軽井沢のような歴史あるリゾート地が自然を損なってまで設置することはない。軽井沢町が「再生可能エネルギー推進の町」というなら、現状を踏まえた上で、送電線や蓄電の研究を推進するよう政府に進言すべきだ。県議会再生可能エネルギー普及促進議員連盟では既に進言や要望を行っている。 『軽井沢が見える万華鏡』は今回で終了します。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PAGE TOP