軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 スペシャル
軽井沢新聞 スペシャル

読書の秋 いま読みたいこの1冊

軽井沢にゆかりのある作家の最新刊に、書店スタッフ一押しの一冊も。読書の秋を満喫しよう。軽井沢新聞社では毎週金曜10時から18時まで、「金曜日の本屋」を営業中。
■軽井沢ゆかりの一冊
41P9+wcgT1L.jpg
『ラヴィアンローズ』
 庭で薔薇を育てながら夫と暮らす、フラワーアレンジメント講師の咲季子。年下のデザイナー・堂本との恋をきっかけに、夫の異常な支配に気づく。大切なものを守るため、彼女は「あること」を行う。軽井沢在住作家・村山由佳さんの最新刊。
<著者コメント>
 編集者に「私は本当の殺意を抱いたことがある」と話したことから、この小説は生まれました。主人公が人を殺める場面を書いたのは初めてです。咲季子は堂本と恋に落ちたことで夫のモラハラに気づき、取り返しのつかない道へと踏み込みますが、自らの意志でそれを選んだという意味では自由なもの。読者の方が物語を読むことで自分の問題に気づいたり、前向きな気持ちになって頂けたら嬉しいです。


地域福祉源流カバー.jpg
『地域福祉源流の真実と防災福祉コミュニティ』
川村匡由 大学教育出版 定価1800円(税別)
<著者コメント>
 30年前、北軽に山荘を建てて以来、調査研究してきた結果、地域福祉の源流は明治・大正期の社会事業ではなく、この浅間山の「天明の大噴火」の復旧・復興こそと痛感しています。そこで、現代人はこれを教訓に政府、自治体、国民、NPO、企業が一体となって災害対策に取り組むべきです。
【プレゼント情報】抽選で10名の方に同書をプレゼント。申し込みは軽井沢新聞社(Mail : info@karuizawa.co.jp)まで。





P9231381.JPG
■あのお店のおすすめ本
『つるとはな』
つるとはな 定価1300円(税別)
 「人生の先輩に聞く」をサブコピーに2014年創刊、現在3号が発売中の雑誌。「Ku:nel」創刊者で元マガジンハウスの岡戸絹枝さんが編集長を務め、いきいきと年齢を重ねる著名人や市井の人々のインタビューなどを紹介している。「雑誌ですが、一冊の本のようにゆっくりと読みたくなりますね」とカウントブックス店長の三石さん。 (カウントブックスTEL0267-42-1376)





P9231375.JPG
『はんしろうがないた』
せなけいこ グランまま社 税別800円(※古本)
 『ねないこだれだ』(福音館書店)や『おばけのてんぷら』(ポプラ社)などで知られる、絵本作家で児童出版美術家連盟会員のせなけいこさんによる一冊。背中が半分白いうさぎの「はんしろう」が、嫌いなシャンプーを克服するおはなし。「せなさん独自の、貼り絵を使った手法で描かれています。表情がやわらかくて可愛らしいですよ」。 (コトノイトTEL0267-41-4112)

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PAGE TOP