軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー
軽井沢新聞 スペシャル

127年目の軽井沢

Vol.1

ph_201303-01.jpg
 昨年帰国し、6年ぶりに軽井沢の別荘にやって来た川田美枝子さん(仮名)は、別荘の周辺の変わりように驚いた。田崎美術館の前にあった林は全部切られ、大きな切り株がたくさん残されていた。数えてみると100本近い。土地分譲の看板が掲げられているが、売るなら別に全部切る必要はないのに、と悲しくなった。

 【要綱第4条】町民等及び事業者は、自然環境の保護及び良好な景観の形成に自ら努めるとともに、町がこの条例の目的を達成するために行う施策に協力しなければならない。(条例の目的とは、自然環境及びそれによる景観を保護し、明るく健康的な国際保養地としてのまちづくりに寄与すること、と第1条に書かれている。)
 
【要綱第4の1】敷地内に存する樹木をできる限り残存させるとともに、建築物等の周囲に植栽を施し、自然環境の保護に支障のないものであること。
 ロイヤルプリンス通りと呼ばれるこの通りは、突き当りに皇室用のプリンスホテルがあったことから、今もそう呼ばれている。周囲には古くからの別荘も多いが、新しい家がたくさん増えていた。別荘だけではなく、移住してきた人の家や店舗も目立つ。
 川田さんが気になったのは、この通りにある黒い塀が続いている家だ。「軽井沢の自然保護対策要綱では、塀を作るのはいけないことになっている」と聞いていたから、なぜこの塀が許可されたのか不思議だった。自分の別荘の囲いも周囲に合わせて、浅間石と樹木にしていた。

 【要綱第4の1】塀その他の遮へい物はできる限り設けないこととし、やむを得ずこれらを設ける場合は、コンクリートブロック、有刺鉄線を使用せず、樹木等を活用し、自然環境の保護に支障のないものであること。
 近くの喫茶店に入ってその疑問を話すと、客の一人が言った。「私もそう思って役場に訊いたんですよ。あれは黒塀の前に低木で植栽してあるからいいという解釈らしいです」。
 すると、他の客たちが「それはおかしいだろう。どう見ても、塀が目立っているんだから」「天皇・皇后だってここを通られるんだから、あの鉄の黒壁はみっともない」「なんで、町役場はそんなごまかしにのせられて、取り締まることができないんだ」と、怒りの声が店内に広がった。
 川田さんは喫茶店のオーナーから聞いたことで、もう一つ気になることがあった。

(広川小夜子 軽井沢新聞編集長)

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP