軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 スペシャル
軽井沢新聞 スペシャル

Kaleidoscope 軽井沢が見える万華鏡 No.5

Kaleidoscope

 この季節、軽井沢を訪れる人々の楽しみは新緑。木々の芽吹きが始まると、林の中は柔らかな萌黄色に彩られます。そして、気づくと足元には小さな野の花が...。花屋の店頭でパンジーやヴィオラしか見たことのない都会人は、本物のスミレがこんなにも小さいことや、ピンク・白・濃い紫・薄い紫など何色もあることに驚かされるのです。

 また、タラの芽、ワラビ、コゴミなど山菜を採って味わうのも、この季節ならでは楽しみ。これまた、種類がたくさんあって覚えきれません。最近の私のお勧め山菜はギョウジャニンニク。ただの葉っぱみたいなのに、食べるとニンニクのような味がします。1株分けてもらって庭に植えたら大きくなり、様々な料理に使えるので重宝しています。

 ところで、明治時代、軽井沢へ避暑に訪れた外国人たちは、いったいどんなものを食べていたのでしょう。取材をしてみると、食文化に関しても軽井沢は特別な処だったことがわかります。

 明治21年に別荘を建てたA.C.ショーのクチコミで、友人たちが軽井沢へやってきます。外国人向けに改築した亀屋(万平ホテル)に泊まる人もいましたが、別荘を所有する人も増えていきました。明治26年には外国人別荘が21戸。その前年には、旧道に肉屋が2軒、牛乳屋が3軒、氷屋が2軒できていました。そう、彼ら西洋人は、日本に来たから、信州に来たからといって山菜や蕎麦を食べていたわけではなく、自分たちのライフスタイルをそのまま持ってきていたのです。信州の寒村にすぎなかった軽井沢はたちまち欧風化して、旧軽井沢には肉屋、パン屋が増えていきました。ホテルでは、軽井沢に住む外国人から教えてもらい西洋野菜を栽培したり、豚や鶏を飼って自家製ハムやソーセージを作っていたそうです。

 明治・大正時代の日本では、ご飯、味噌汁、焼魚、納豆、漬物といった和食が一般的。今でこそ、フランス料理のディナーコースも身近なものになりましたが、当時の一般庶民にとっては、見る機会すらない超高級料理でした。「リゾート軽井沢」の歴史をたどると、外国人の影響を大きく受けていることがわかりますが、食文化もまた例外ではなく、パン、ジャムなど、その影響が今日へと続いていることも興味深いのです。

(広川小夜子 軽井沢新聞編集長)

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PAGE TOP