軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー
軽井沢新聞 スペシャル

検証1 南軽井沢・発地メガソーラー

発地・馬取地区に計画され、大きな波紋を呼んだ敷地3万坪のメガソーラー。軽井沢町長へ反対の署名が提出され、テレビや新聞などマスコミにも取り上げられたが、その後、どうなったのか、気にかけている人も多いことだろう。ここではこれまでの経過を検証し、今後の軽井沢での「太陽光発電」と「自然景観」の問題を考える。
ph_201504_01.jpg馬取地区のメガソーラー計画地では今年に
入ってから工事が始まった。
現場ではブルドーザーが動き、
切られた木々が積んであった。
(3月12日撮影)
外周100m内の近隣へ説明会

 2014年9月17日、馬取公民館で株式会社JMS(東京都新宿区)による太陽光発電事業の説明会が近隣住民に向けて行われた。JMSの発表によると、敷地面積99,663㎡(約3万200坪)、19,980枚の太陽光パネルで最大約6,000kWを発電する計画だ。JMS側は「自然エネルギーは二酸化炭素の発生削減に貢献できる」と強調。一方、参加者からは「樹木を伐採してまでやるのは矛盾している」などの反対意見があがった。土地の所有者は29人の馬取区民からなる馬取共有地財産管理組合で、既に20年の賃貸契約を行ったという。軽井沢町の太陽光発電設置基準では近隣100m範囲の住民に説明会を開くことになっているが、この計画地100m以内にあてはまる家はわずか数軒。反対意見を述べるのは範囲外の人ばかりだった。
 その後JMSへの取材により、以下のことがわかった。2013年に馬取共有地財産管理組合に説明会を開催。2014年1月、組合総会において土地借用に関する議決がなされた。同年3月、JMSは経済産業省より承認され、中部電力に接続許可の申請を行った。軽井沢町生活環境課に正式に届け出たのは6月。その後も生活環境課に相談し意見を聞きながら進めてきたということだった。中部電力から系統接続許可を受けたのは同年10月で、契約金額は1kW36円だった。
自然環境を危惧する声

 9月26日に行われた軽井沢自然保護審議会では、このメガソーラーが議題にあがった。同審議会の事務局(生活環境課)は「設置基準に適応している」「境界から10m及びメンテナンススペースはできる限り樹木を残す」「雨水は北側へ流れるよう設計している」「区長も財産管理組合も計画を推進している」等を説明した。委員からは「現地を見なければわからない」という声があり、現地視察をした上で審議することになった。
 10月10日の視察後すぐに審議会が開かれ、反対は2名、賛成多数で可決された。決定は新聞等で報じられ、このとき初めて多くの町民が、メガソーラーの計画を知った。
 「軽井沢の自然を破壊してメガソーラーを作るなんて」「なぜ自然保護審議会が認めるのか」という町民の声が広がっていった。町民ばかりか町議会議員もほとんどが知らないうちに決まったことに疑問を感じた人もいた。「これでは納得できない」という町民の声が高まっていった。
 軽井沢新聞では、この問題を町民に投げかける意味でアンケート調査を行ったが、その結果「計画に反対」は70%、自然保護審議会の決定に「納得できない」は74%という大きな数字が浮かび上がった。また意見も多く寄せられ、敷地の広大さというよりは「木を切ってまで行うメリットがあるのか」「野鳥や小動物が暮らす場を失う」「環境調査を行うべき」など自然環境を心配する声が多かった。

署名提出し、陳情書も

 メガソーラー計画を町が認めたことに納得できないという声は大きくなり、10月上旬「南軽井沢・発地メガソーラー計画を考える会」が発足、反対の署名運動が始まった。
 「考える会」は11月19日、町議会に計画を白紙に戻して環境調査を行い町議会で審議することを求める陳情書を提出した。町議会は社会常任委員会において審議したが、「軽井沢自然保護審議会の決定を重視する」との方向で不採択となった。
 12月10日「考える会」は藤巻進軽井沢町長に「広大な緑を失うことは軽井沢の損失」として1212名の反対署名を提出し、同計画の白紙撤回を求めた。町長は「現段階では再生可能エネルギー推進が町のスタンス」と審議会の決定を支持しつつも、「今後は軽井沢での太陽光発電のあり方を考えなければいけない」と述べた。

各地で反対運動、長野県も環境アセス対象に

 この1、2年の間にメガソーラーが景観に及ぼす影響が全国各地で問題となっている。2013年に静岡県藤枝市では緑地帯10,000㎡に約3,800枚の太陽光パネルを敷く計画があり、業者と住民が対立し、業者が白紙撤回を決めた。九州の湯布院では「自然環境と再生可能エネルギー設備事業との調和に関する条例」を策定。さらに貴重な自然や優れた景観のある地域は「メガソーラー抑制地域」に指定する条項を盛り込んだ。長野県でも上田市や伊那市など各地で設置反対の運動が展開され、阿部守一長野県知事は2015年3月4日、メガソーラーを環境アセスメントの対象に含める意向を示した。

抜け穴だらけの設置基準

 軽井沢には2013年に制定した「太陽光発電施設設置基準」があり、自然保護審議会でもこの基準に合っているかどうかがまず判断される。しかし、これには上限がないため5万坪であろうと10万坪であろうと広さは問題にならない。また、「第一種低層住居専用地域(保養地域)は設置禁止」といいながら「特定道路から見えなければいい」という抜け道がある。別荘地の多くは特定道路(国道やバイパスなどのことで、1,000m林道のような道路は含まれない)からは見えないので、別荘地の中でもほとんどが設置可能となる。「原則として周囲への植栽を行う」となっているが、「状況により常緑樹」と書かれているので落葉樹でもいいということになり、秋に葉が落ちると丸見えになる。この設置基準に合わせ、その後も太陽光発電設置の申込みが相次いで認められている。(広川小夜子)
Voice
長野県地球温暖化防止活動推進員 百瀬湜夫さん(軽井沢町長倉)
「再生可能エネルギー尊重はいいが、CO2を吸収する木々を伐採して太陽光発電設備を設置するのは本末転倒と言ってもいい。県は太陽光発電に比べて遅れているバイオマスや小水力にも力を入れている」
※皆さんのご意見をお送りください。郵送・FAX・Eメールにて、軽井沢新聞社voice係まで。

<軽井沢クマ物語>

vol.2 ニム

ph_201509_02.jpg
 軽井沢町の北部に広がる豊かな森は、80年以上の歴史をもつ、国指定の鳥獣保護区だ。長く人間に追われる恐怖が無かった影響か、軽井沢では2000年を過ぎた一時期に、人を見ても逃げないクマが現れた。

「今はない光景ですが、昼間に人がいても気にせずに木の上で木の実を食べているクマもいました。こちらが保護をすれば、動物は気を許すんですね」
 2004年の夏に、ニムという1才のオスグマが駆除された。最初に捕獲されたのは5月31日。駆除されたのは同年7月19日だった。  7月19日未明、ニムは離山の辺りに出没し、ピッキオのスタッフが夜通しで監視を続けていた。しかしスタッフが交代する1時間の間に、ニムは山を降り、国道18号線を越えて南へ渡ってしまった。
「山に戻そうとしたんですけど、その日は大雨で、音で威嚇することができなかった。そのまま夜が明けてしまったんです」  土曜日だったこともあり、すぐに国道18号線は渋滞し始め、ニムはしなの鉄道の線路付近から動かなくなった。

「経験からすれば、夜になれば自分から山へ戻ったと思います。だから本当は待ちたかったけれど、やはり何かあってからでは遅い。私は10mくらいのところからニムを見ていました。離山をじっと見つめながら、クンクンと匂いを嗅いでいるんです。その姿が『オレ、あっちに帰りたいんだけどな』と言っているみたいで。あの光景は忘れられない」

 麻酔銃で眠らせようとしたがうまく行かず、ニムは同日午前中のうちに射殺された。まだ若かったニムは、暮らしていく場所を探している最中だった可能性もある。森をさまよううちに、離山付近に暮らす他のクマから追い出され、国道を越えてしまったのかもしれない。
「ニムが人里に出てきてしまったのが週末でなければ、あるいは夏以外の季節だったら、別の方法があったかもしれないですね」

 緑豊かな町であると同時に、年間入込客数が800万人を超える避暑地でもある軽井沢。そこでの野生動物との共生の難しさ、複雑さが、ニムの話から分かる。(A記者)

軽井沢高原文庫30周年

その軌跡と功績をたどる その2

ph_201509_01.jpg林の庭で行われる高原文庫の会。夏はこのほか、『高
原の文学サロン』も開催。
 【前回は】軽井沢高原文庫が創立したいきさつや、第1回目の展示から今まで30年の間に約120回もの展示が行われ、膨大な資料がこの軽井沢に集められ多くの人々の関心を集めたことなどを掲載。

堀辰雄山荘でも展示
 展示は年に3~4回開催するが、特に夏を中心に行う特別展は注目を集める。特別展はどのように決めているのだろうか。特別展は『生誕○○年』など節目となることを選ぶことが多いそうだ。今年の開館30周年記念展は北陸新幹線開通ということもあり、金沢市の後援も得て室生犀星を選んだ。また、堀辰雄山荘でも展示を開くことがあり、今までに立原道造の展示や『加藤周一全著作展』など様々な展覧会を開催した。
 2009年に行った北杜夫の『どくとるマンボウ昆虫展』には天皇・皇后両陛下が来館され、興味深くご覧になったという。

文学者も集うパーティー
 毎年8月に開催する「高原文庫の会」は同文庫「友の会」の会員の親睦会。軽井沢で夏を過ごす作家たちの交流の場でもあり、文学ファンにとっては直に作家たちに会える魅力のパーティーだ。毎回、講演があり、なかなか聞けないエピソードが聞かれる楽しみもある。遠藤周作の長男・遠藤龍之介さんは、イタズラ好きの遠藤周作のとんでもないイタズラやエピソードなど「おもしろトーク」を披露してくれた。
 軽井沢高原文庫の活動が広がり、ネットワークも深まることによって、文学碑の建立や作家の別荘の移築の話も持ち上がっていった。

文学の枠を超えて文化を発信
 政治家の鳩山邦夫さんが中心となった「立原道造詩碑」、ガラスでできた珍しい文学碑「中村真一郎碑」、野上弥生子の茅葺きの「書斎兼茶室」、朝吹登水子の「睡鳩荘」など、文学にまつわる軽井沢のメモリーが残されている。
 また4年前から「睡鳩荘」での朗読劇を開催するなど、今や文学だけにこだわらず活動の幅を広げている。「美術・音楽・建築など文学と密接につながる軽井沢の芸術文化を発信します」と副館長の大藤敏行さんはにこやかに話してくれた。

その1 雪かき

少しの雪でも雪かきしないと大変なことになる軽井沢。さて、そのコツは...

ph_201402-04.jpg牛田さんの雪かき道具。
右から:竹ほうき、プラスチックスコップ(新雪用)、ラッセル(幅広スコップ、雪の移動に)、角スコップ氷を割りすくい取る)、剣スコップ(氷を割る)、スノーダンプ(深雪の移動)、ツルハシ(氷を割る)、アイスピッケル(氷をはぎ取る)。
ph_201402-05.jpg凍った雪をアイスピッケルで取り除く牛田さん。
力をいれなくても氷を水平にはぎとることができ、ツル
ハシのように地面に穴をあけることもないそうだ。
8種類の道具を使い分ける達人

 東海地方から引っ越して、まだ半年の私にとって雪かきは苦手な仕事。寒冷地軽井沢には軽井沢独特の雪かきがあるらしいのだ。もともと、軽井沢は1月、2月は寒すぎて雪が少なく、むしろ3月4月に降ることが多かったらしいが、地球温暖化とともに1月、2月も積雪量が増えたそうだ。
 中軽井沢で喫茶店を経営する牛田健さんは、軽井沢へ来る前は横浜暮らし。雪かきの経験はほとんどなかったが、7年の間にすっかり上達した。「初めはスコップだけあればいいと思っていたが、甘かった」と、しだいに道具は増え、今では8種類を用途によって使い分けるほどに。「軽井沢の積雪量は少ないけど、すぐに雪が凍ってしまう。勝負は雪の降り始め。早い方がいいですね。」降り初めの粉雪は竹ほうきではく。「スコップにすくう量が多いと、重くて続けるのが大変。少なめにした方が効率的」とアドバイス。

ph_201402-06.jpg広い駐車場などは除雪車を使い一気に雪を取り除く。こどもがいる別荘では、雪を1ヵ所にまとめ雪遊び場にすることも。

別荘は屋根の形やアプローチの周りをチェック

 別荘管理の会社で働く柏木祥治さんにとって、除雪は冬の重要な業務だ。別荘の除雪の際には雪がたまりやすい場所を確認してから作業する。別荘は屋根の形もユニークで、雪がたまる場所もいろいろ。また、玄関からのアプローチにも注意する。枕木や砂利の部分はラッセルやスコップ、ほうきを使用する。「融雪剤はコンクリートを傷めてしまうので、注意が必要です」

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP