軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー
軽井沢新聞 スペシャル

Karuizawa Report 三善里沙子(エッセイスト)

緑と風を感じる軽井沢に

緑と風を感じる軽井沢にカフェ 涼の音
 ようやく、秋めいてまいりました。ごぶさたしましたがお元気でいらっしゃいましょうか。この夏も軽井沢で過ごさせていただきました。

 今年の軽井沢はクーラーが欲しいくらい暑かったり、ストーブをつけるほど冷えたり、いつもより寒暖の差が激しい夏でした。
 日中、街に出るとアスファルトの照り返しがきつく、木陰を求めたくなりました。やはり緑の多い所は涼しくてホッとします。街中では、観光会館前などをはじめとして、ぽつぽつと木が立っています。個人の方でも、みやぎさんなど、樹木を植えようという方は頑張っていらっしゃるのですが、何しろ全体的に少ないような......。
 はっきりいって、南口のアウトレットに押されてしまうのは、街歩きがいまひとつ楽しくないからではないでしょうか。いろいろ取りざたされるアウトレットですが、山と木と芝生と、自然を感じながら歩けるのは嬉しい。軽井沢の街も、緑で覆われていれば、散歩がてら歩く気にもなるものです。
 長年木の保護活動を続けている「しいある倶楽部」の鈴木美津子さん によれば、今までは枝を切ってと頼まれてきたけれども、今年は「切らないで」というお店の人の声が多かったとか。木の下で涼む人が多かったそうです。そんな鈴木さんは、今年はチャーチストリートをプロデュース。緑豊かに生まれ変わりました。
 また、スーパー紀ノ国屋跡に出店したSAWAMURAは、空間と緑がうまく調和し、好評でした。やはり新店舗のFOUNDRYは、フランスの田舎家風なアレンジで、奥行きもグリーンの配置も和みます。
 思えば、軽井沢のカフェも、老舗のミハエル、リスの来るラフィーネ、カレーのサジロカフェ、ベランダ的な涼の音、ハルニレテラスまで、開放的なテラススタイルが人気です。緑と風を感じられ、なにより空気が都会と違っておいしいから。
 好きだった旧軽のマッジオ・ダ・アダージオがなくなったのは残念ですが、テラスを引きつぎピレネー系列のVenusができました。
 街に話を戻すと、私が子どものときは、旧軽井沢銀座に行くのが楽しみでした。毎日でも行きたかった。そこには洒落たもの、他にないものがあり、素敵な人が居て、ドキドキワクワク、何かしら発見があったのです。
 いっぽうこの夏、ある路地は、もう数件の飲食店を除いて、シャッター街のように。これは、大変ショックなことでした。
 私の住む東京の杉並区は商店街活性化のために千客万来企画というのを区がサポート。私は選考委員として蛍を飼育する商店街などを選ばせていただいたのですが、その商店街は非常に話題になり発展しました。
 軽井沢町も、中長期の街の緑化とお店の育成を考えていただければ幸いです。現状は、若い人が意欲をもって店を始めても、資金も続かず一年でやめてしまうケースも多いとか。
 軽井沢は、一年ではなかなか人に知られることが難しい。せめて三年はなんとか頑張れるように、軽井沢に合うお店のサポートが助言も含めてできないものでしょうか。
 軽井沢銀座はやはり街の顔、かつては、本家銀座に勝るとも劣らないとまで言われていたのですから。 。

<軽井沢クマ物語>

vol.1 ジゴロー

標高1,000mに位置する軽井沢。自然豊かな町には様々な野生動物が暮らしている。NPO 法人「ピッキオ」では、野生のツキノワグマの保護管理を行い、17 年間で120頭以上を捕獲、追跡してきた。彼らが語る個性豊かなクマのエピソードから、自然と人との共存のヒントが見えてくる。
ph_201503_01.jpg1、人に対して恐怖心をもたせ、人に気づいたら
距離を とることを教える目的で、捕獲された
クマに 「お仕置き」をしてから放すこと
2、軽井沢町では、クマの出没場所や行動の
特徴を もとに、駆除するかどうかを判断する
基準を設けている
 ピッキオでは、捕獲したクマにナンバーと名前をつける。クマは単独行動をすることが多いが、名前があると性格や個性が覚えやすくなり、管理しやすくなるという。「名前をつけるとクマそれぞれに対する責任も増す気がします」とスタッフの田中純平さん。
 2003年の夏、旧軽井沢の別荘地でオスグマが罠に掛かり、「ジゴロー」と名付けられた。捕獲時の体重は100キロで、当時としては平均的だった。ジゴローは学習放獣(脚注1)を施され、再び山奥へ放たれた。その後の発信器による追跡で、ジゴローが再び町内に出没し、ゴミ漁りをしていることが分かった。「ジゴローは人間界をよく観察していました。週末や月曜に人里に降りてきていたので、大量のゴミが出る周期も理解していたかもしれない。罠に掛からないので学習放獣もできませんでした」
 発信器の電池がもつのは3年間。年を追うごとにジゴローの餌付きは酷くなり、06年に駆除(脚注2)の判断が下った。
 罠に使う食べ物は、原則としてはちみつなどの自然にあるクマの好物だ。ゴミを漁る癖がつくと困るので普通は人の食べ物を用いない。しかしジゴローは駆除が決定しており、一刻も早く捕獲する必要があったので、大好物だったケーキを例外的に仕掛けた。再捕獲時のジゴローの体重は170キロ。ピッキオが捕まえてきたクマの中で一番大きいという。クマが開けられないよう設計された「野生動物対策ゴミ箱」の開発で、町内の野生動物によるゴミ被害は減少した。
 「ジゴローは秋に捕獲しましたが、これは珍しいケース。秋の軽井沢にはクマの好物の木の実がたくさんなるので、罠のエサにあまりつられない。クマは基本的に、人の食べ物よりも自然にあるものを好むんです。逆にジゴローのようにゴミを漁る癖がついてしまったクマを元に戻すのは難しい。ゴミ管理と、徹底した追跡・追い払いが、ジゴローのようなクマを生まないためには必要です」
 自分のゴミの出し方が、野生動物に影響を与えるかもしれない。一人ひとりの意識が大切だということを強く感じた。
(A記者)

軽井沢高原文庫30周年

その軌跡と功績をたどる その1

ph_201507_01.jpg今年は開館30周年記念特別展として室生犀星の2回
目の展覧会「室生犀星~金沢と軽井沢」を開催してい
る(10月12日まで)。
 軽井沢高原文庫が開館したのは1985年8月10日。軽井沢町やつくば市で古書店を経営していた岡田富朗さんと藤巻進さん(現・軽井沢町長)が出会い、共に文学館建設の夢を膨らませて実現した。当時、長野県内でもこうした文学関係のミュージアムは珍しかった。「軽井沢では作家が多く滞在し、作品も足跡も多く残っている。軽井沢が文学的な意味でも大切な場所だということを伝えたい」と藤巻さんは思った。ちょうど、旧軽井沢にある堀辰雄山荘売却の話が持ち上がり、藤巻さんは堀夫人に相談し寄贈を受けて、山荘を文庫敷地内に移築した。
 第1回目の展示は堀辰雄だった。「最初は何もわからず夢中でした。堀多恵子さんの家の土間いっぱいに本を広げて、展示の本をどう並べようかと考えていたことを思い出します」当時学芸員として入社したばかりだった大藤さん(現在、同文庫副館長)は当時を振り返る。
展示はこの30年の間に約120回に及ぶ。これは膨大な資料がこの軽井沢に集められ、多くの人々が軽井沢ゆかりの文学に関心を高めたという記録でもある。
 「堀夫人や室生朝子さん(室生犀星長女)など 作家や文学関係者の交流が深まり、皆さん快く力を貸してくださいました」と大藤さん。軽井沢ゆかりの作家たちの展覧会の中でも、堀辰雄、遠藤周作、北杜夫は2回開催した。

(次号へ続く)

次号では、軽井沢高原文庫のその後の歩みと多岐にわたる活動について紹介します。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP