軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 スペシャル
軽井沢新聞 スペシャル

その1 雪かき

少しの雪でも雪かきしないと大変なことになる軽井沢。さて、そのコツは...

ph_201402-04.jpg牛田さんの雪かき道具。
右から:竹ほうき、プラスチックスコップ(新雪用)、ラッセル(幅広スコップ、雪の移動に)、角スコップ氷を割りすくい取る)、剣スコップ(氷を割る)、スノーダンプ(深雪の移動)、ツルハシ(氷を割る)、アイスピッケル(氷をはぎ取る)。
ph_201402-05.jpg凍った雪をアイスピッケルで取り除く牛田さん。
力をいれなくても氷を水平にはぎとることができ、ツル
ハシのように地面に穴をあけることもないそうだ。
8種類の道具を使い分ける達人

 東海地方から引っ越して、まだ半年の私にとって雪かきは苦手な仕事。寒冷地軽井沢には軽井沢独特の雪かきがあるらしいのだ。もともと、軽井沢は1月、2月は寒すぎて雪が少なく、むしろ3月4月に降ることが多かったらしいが、地球温暖化とともに1月、2月も積雪量が増えたそうだ。
 中軽井沢で喫茶店を経営する牛田健さんは、軽井沢へ来る前は横浜暮らし。雪かきの経験はほとんどなかったが、7年の間にすっかり上達した。「初めはスコップだけあればいいと思っていたが、甘かった」と、しだいに道具は増え、今では8種類を用途によって使い分けるほどに。「軽井沢の積雪量は少ないけど、すぐに雪が凍ってしまう。勝負は雪の降り始め。早い方がいいですね。」降り初めの粉雪は竹ほうきではく。「スコップにすくう量が多いと、重くて続けるのが大変。少なめにした方が効率的」とアドバイス。

ph_201402-06.jpg広い駐車場などは除雪車を使い一気に雪を取り除く。こどもがいる別荘では、雪を1ヵ所にまとめ雪遊び場にすることも。

別荘は屋根の形やアプローチの周りをチェック

 別荘管理の会社で働く柏木祥治さんにとって、除雪は冬の重要な業務だ。別荘の除雪の際には雪がたまりやすい場所を確認してから作業する。別荘は屋根の形もユニークで、雪がたまる場所もいろいろ。また、玄関からのアプローチにも注意する。枕木や砂利の部分はラッセルやスコップ、ほうきを使用する。「融雪剤はコンクリートを傷めてしまうので、注意が必要です」

その2 野生動物・サル

自然が豊かだからこそ、問題になる野生動物問題。今回はサルをリポート。

 大雪の影響か、2月下旬の軽井沢では、野生動物が相次いで目撃され、2月18日には、中央公民館の屋根の上にサルが出没したという。野生のサルについて、どのような対策が行われているのか、サルに関する情報はどこで知れるのかを調べた。
ph_201403-01.jpg軽井沢のサル。
自然豊かな軽井沢で、いかに人と野生動物が共生するかは重要な課題だ。(撮影:藤原秀)
365日サルを追う猿レンジャー

 町役場観光経済課農林係によれば、現在町内には40~60頭のサルの一群が生息し、専門員2名を含む7名の職員が追い払いにあたっているという。農林係長は、「サルが人里に降りてこないように、1年365日、2グループ体制でサルを追っています」と話す。サルにつけられた発信器をもとに毎日サルを監視し、住居エリアや市街地に下りてこないよう、電動ガンなどでサルを山地へ追い立てている。もしサルに遭遇したときは、「とにかく近寄らず、エサを与えないこと。自分で窓を開けて食料を食べることもあるので、窓にカギをかけ、外から見える位置に食料を置かないようにしてください」。

位置情報はラジオやネットで
 サルの位置情報は、軽井沢のコミュニティ放送局FM軽井沢が行っている「モンキーリポート」で知ることができる。2001年に始まったこのコーナーでは、町役場からの情報をもとに、平日は朝と夕方の1日2回、休日は朝1回、サルの群れの位置情報を伝え、注意喚起をしている。「サルのリポートというのは、全国でもちょっと珍しいかもしれませんね」とFM軽井沢の木和田さん。町役場HP内の「軽井沢さる・くまなびねっと」では、町内のサルの位置情報を毎日17:00に更新し、クマの出没情報も随時発信している。サルの位置情報を毎日配信するメールサービスもある。

その3 ゴミ

軽井沢のゴミ問題

人が生活する上で、必ず発生するゴミ。別荘地であり、観光地でもある軽井沢は、この場所ならではの問題を抱えている。
全部で17分類 集められたゴミの行方は

 軽井沢では、可燃ごみ・容器包装プラスチック・不燃ごみ(9分別)・粗大ごみ・ペットボトル・古紙類(4分別)と合計17種類にゴミを分別する。指定ゴミ袋は3種類、指名記入欄もある。収集されたゴミはどのように処分されるのだろうか。
 町役場生活環境課衛生係によれば、細かく分けることで、ゴミを低コストで処理でき、より多くの資源を再利用できるという。具体的にはプラスチック、びん、ペットボトルをリサイクルし、可燃ごみは佐久の処理場で焼却する。カンや金属類は売却し、その他の不燃物は業者によって処理され、中野市や野沢温泉村の最終処分場へ運ばれる。最終処分場を持たない軽井沢は、なるべく細かく分別をすることで、廃棄物を減らす方法をとっている。

ph_201409_02.jpgGWのじん介処理場(2014年5月7日撮影)
排出量は冬の3倍 夏の軽井沢のゴミ問題

 別荘所有者にとって、ゴミは頭を悩ませる原因になることも多い。
 中軽井沢三井の森では、敷地内21ヵ所にゴミステーションを設置しているが、夏季シーズンは毎日、GW連休とお盆の間は1日2回ゴミ収集を行わないと間に合わず、ゴミの量も普段の倍以上になるという。「分別が甘かったり、指定以外の袋でゴミが出されていたりするので、集めたゴミをじん介処理場に持って行く前に、再度点検・分別し直します」と三井の森中軽井沢管理センターの荻原さん。別荘地に限らず、GWや夏の間、軽井沢のゴミの量は跳ね上がる。2013年8月の可燃ごみの量は同年2月の約3倍。町内各地区には105ヵ所の集積所、155ヵ所の路上回収所が設置され、12人体制で収集を行う。夏期はさらに臨時職員を募集するが、夏場は夜間にゴミを持ち込む人が増え、朝になると集積所の扉が壊れていることもある。
 別荘民からは「ゴミの収集日が軽井沢を発つ日と合わないことが多い」(吉ヶ沢エリア)、「数日の滞在ではゴミが溜まらないので、なかなか町の指定通りにはゴミを捨てられないのが現状」(千ヶ滝西区)といった声も。せせらぎの里に別荘を持つFさんは、「ここまで細かい分別は逆効果。軽井沢に頻繁に来ない人に、ビンを色分けしてゴミに出すように言っても無理がある。もう少し現実に即した優しいルールでもいいと思いますね」とアドバイスする。

リサイクル率100%!星野リゾートの「ゼロ・エミッション」

 135号に引き続き、軽井沢のゴミ問題を考える。飲食店や宿泊施設が多い軽井沢。その中で、独自にゴミ問題に取り組む企業に注目した。
ph_201411_01.jpg
 「星のや 軽井沢」を始めとする星野リゾート軽井沢事業所の5施設では、ゴミ問題について独自の取り組みをしている。2000年に、「運営によって生じる廃棄物の単純焼却・埋立てゴミゼロ=リサイクル率100%(ゼロ・エミッション)」を目標に掲げて活動を開始、2011年11月に目標を達成した。
 まずはゴミの種類と量を把握するための計量から始め、その後ゴミの分別方法や引き取り手などを模索した結果、分別は33種類に及ぶことになった。星野リゾート軽井沢事業所では、社員全員がゴミ分別種を把握し、部署ごとに計量、データ化している。
 最もリサイクルが難しかった生ゴミは、活動開始当初は全体の7割ほどを占めていたが、婚礼料理を当日選択制にすることで食べ残しを減らし、現在全体の4割にまで量を抑えている。生ゴミは社員自らも北軽井沢の牧場に搬入し、たい肥に生まれ変わる。
 「軽井沢という自然豊かな場所で営業しているので、環境への負担を最小限にとどめたいという思いが根底にある。行政が細かな分別を実施していることも活動の助けになりました」と担当の笠原さん。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PAGE TOP