軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 2月にフィリピンで歯の治療ボランティア  同行する高・?生が・?修に奮闘

2月にフィリピンで歯の治療ボランティア  同行する高・?生が・?修に奮闘

2009年1月20日 10:12

2月にフィリピンで歯の治療ボランティア 
同行する高・?生が・?修に奮闘


県内外の医療関係者らでつくる民間団体「フィリピン医療を支える会(会長:林歯科診療所林春二)」が2月7日から10日まで、フィリピンで歯科治療ボランティアを行う。そこに同行する高・?生が、御代田町の林歯科診療所で・?修に励んでいる。
  同会は2003年の設立から毎年、フィリピンで歯科支援活動を実施。その際は、現地の実状を知ってもらおうと2~7人の高・?生を必ず同行させてきた。今回は県内外から過去最多となる14名の高・?生が参蜉 する。そのうちの6名(軽井沢2名、佐久長聖、北佐久農業、上田西、新島学園各1名)が、学・?終了後に林歯科診療所を訪れ、器具の掃除方法や基本的なサポート業務などを学んでいる。
  今回渡航するのは全国の歯科医師、歯科衛生士に、高・?生スタッフらを蜉 えた約50名。マニラ市内や同市近郊の児童保護施設などで歯科診療や歯磨き指導を行い、日本全国から届いた歯ブラシやタオル、せっけんなどを渡す予定縺 。今年は昨年より2万本多い15万本の歯ブラシが同会のもとに集まった。
  高・?生の指導を担当する、同診療所木内友美歯科医師は「高・?生には今の3~5倍の大きい声を出してもらいたい。フィリピンの治療現・?では大声を出さないと、かき消されてしまう」と蠢 告。既に4度の・?修を受けた軽井沢高・?2年の石山芽衣さんは「足手まといにならぬよう、ボランティア当日までにもっと声を出せるようにしたい」。 同じく同・?2年の鈴木優美さんは「将来は歯科技工士を目指している。たくさんの人の歯を見てきたいし、現地の子供たちとたくさん触れ合いたい」と意気込みを語った。
  帰国後、高・?生の表情がどう変わっているかが楽しみ縺 。




最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP