軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 6/29 「軽井沢高原ビール」寄付金贈呈式 今年は“寸劇”で自然との共存を解説

6/29 「軽井沢高原ビール」寄付金贈呈式 今年は“寸劇”で自然との共存を解説

2009年6月29日 16:11

090629_1.jpg
・?式会社ヤッホー・ブルーイングは6月25日、製騾 販売する「軽井沢高原ビール」の売上の一部を、軽井沢の自然保護と文化保護のために活動する「軽井沢ワイルドフォレスト」と「軽井沢ナショナルトラスト」2つの団体に寄付し、その贈呈式をトンボの湯前広・?で行った。
1997年より行われているヤッホー・ブルーイングの寄付活動、12年目となる今年は2つの団体に併せて52万円が寄付され、軽井沢ワイルドフォレストを通して町に「かしこい熊でも開けられないゴミ箱」が贈られた。現在、軽井沢高原ビール1缶につき、1円が寄付されている。
井出社長は挨拶で「高原ビールを発売して13年目。“地”とつけている以上、軽井沢に貢献できれば、という気持ちで始めました寄付も、今年で総額820万円になりました。軽井沢の魅力を維持したい、という思いが受け入れられたと嬉しく思いっています」と話した。
贈呈式では実際に授与したゴミ箱の効果を寸劇仕立てで紹介し、「クマに開けられないゴミ箱を寄付したが、・?本の解決ではない。個人でのゴミの管理が大事」と、クマとの共存の大切さを訴えた。劇にはピッキオからベアドッグも参蜉 し、訪れていた観客らを沸かせた。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP