軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 7/18 欧州美術史の変遷たどる企画展 山寺後藤美術館収蔵の欧州絵画など80点展示

7/18 欧州美術史の変遷たどる企画展 山寺後藤美術館収蔵の欧州絵画など80点展示

2009年7月18日 10:36

090718.jpg
メルシャン軽井沢美術館は7月18日より、山寺後藤美術館(山梨県)収蔵の名作を展示する企画展を開催している。山寺後藤美術館は実業家、後藤季次郎が長きにわたり集めた欧州絵画を中心に、ガラス、彫刻作品を収蔵する平成6年オープンの美術館。
 今展では、欧州美術史の変遷に触れられるよう、同美術館コレクションから厳選し、18世紀フランスの宮廷画家ブ-シェやナテイエらの神話画、19世紀フランスの田園風景を描いたミレーやコローらバルビゾン派の作品、エミール・ガレ、ドー繝 兄弟のガラス芸術など約80点を展示。
 同展を監修した美術評論家の阿部信雄さんは「日本人には馴染みの薄い、イギリスの風俗画、スペインの宗教画なども展示しているので、多彩な作品を楽しんでほしい」と話していた。
(写真は17日行われた内覧会で、作品の説明をする阿部信雄さん)

〈期間〉7/18(土)~11/29(日)
〈開館時間〉9:30~17:00
〈入館料〉一般1000円 大学生800円 高・?生600円
TEL32-0288(メルシャン軽井沢美術館)

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP