軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 3/25 軽井沢が一夜で氷の世界に 雨氷で樹木の枝折れ被害も

3/25 軽井沢が一夜で氷の世界に 雨氷で樹木の枝折れ被害も

2010年3月25日 18:19

0325.JPG
 3月25日朝、軽井沢の樹木や自動車などが雨氷で覆われ、氷の重みによる樹木の枝折れや倒木の被害が出た。千ヶ滝地区では昼11時半・?に、枝の重みで電線が切れ、中軽井沢駅周辺が約30分ほど停電。駅前交差点では警察官が手信号で車を誘導する光景も見られた。 
 しなの鉄道は架線が凍り電力の供給が困難なため 、小諸軽井沢間の運転を朝から15時過ぎまで見合わせた。今年は2月にも同じ理由で、3日間にわたり運転を見合わせたことがあり、同社上田営業所の担当者は「架線凍結による運転見合わせは過去10数年で3回ほど縺 ったが、今年は既に2回なので驚いている。御代田と信濃追分間の凍結が特にひどかった」。

 長野地方気象台によると、雨氷は氷点下の空気の層の上に、暖かい空気の層がある逆転層の状態で雪が降ったときに発生。暖かい層を通過した雪が溶けて雨になり、下の冷たい層で過冷却の状態(0℃以下でも液体の状態)になった水滴が、地上にぶつかった衝撃で瞬時に凍結する着氷現象の一種。同気象台担当者は「軽井沢でも年に数回は発生する現象縺 が、これ縺 けの規模は稀」と話していた。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP