軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 「いま、なぜサガン?」睡鳩荘で文学カフェ

「いま、なぜサガン?」睡鳩荘で文学カフェ

2010年11月22日 11:08

101122.JPG
 11月20日、塩沢湖畔に佇む旧朝吹登水子別荘・睡鳩荘で、『サガンという生き方』(山口路子著)の出版を記念して、「いま、なぜサガン?」と題した“文学カフェ”が開催された。第1部は、『悲しみよこんにちは』(朝吹登水子・翻訳)で文壇デビューし、個性的な生き方をしたフランソワーズ・サガンの人生や作品について、山口さんが講演。「その日の気分で作品を選んで読むと安心して逵 りにつける。サガンの世界で安らげるのは、私にとっての世界と似ているから」など、山口さん自身のサガンへの想いも語られた。第2部はサガンが好き縺 った紅茶とフィナンシェでティー・パーティーとなり、歓談の輪が広がった。
101122-2.JPG
 山口さんは「朝吹登水子さんの名訳がなければ、日本でこれほどサガンが読まれることはなかったでしょう。その朝吹さんの山荘で開催できることは、とても幸せなことです」と笑顔で語った。
 この・?所での“文学カフェ”を企画した演出家の星野和彦さんは、「軽井沢にはこういう邏 晴らしい・?所があるの縺 から、より想いが伝わりますね。文学サロンのような形で使うのがふさわしいと思います」と話した。 
 佐久市からの参蜉 者・木村さんは「期待通りのすてきな時間が過ごせました。サガンに関心があるのは年配ばかりかと思ったら、若い人も多く参蜉 していましたね」と満足そう縺 った。

(写真左上:サガンの作品を多数翻訳した朝吹登水子さんの別荘縺 った建物。暖炉が燃えるサロンで開かれた“文学カフェ”のイベント。話しているのは作家・山口路子さん。サガンがフランス人であることから、シャンソンの名曲「枯葉」のヴァイオリン演奏も行われ、フランス文学ゆかりの・?所にふさわしい空気に満たされた)

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP