軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 「きれいな音出たよ」小学生109人 、御代田の桜で作ったコカリナで音色奏でる

「きれいな音出たよ」小学生109人 、御代田の桜で作ったコカリナで音色奏でる

2011年5月12日 18:43

110512.JPG
 御代田町の町民有志が5月12日、町道改良工事によって伐られた桜からコカリナを製作し、御代田南小の6年生109人全員に寄贈した。演奏指導を受けた児童は早速メロディーを奏で、澄ん縺 音色を体育館に響かせていた。
 コカリナに使用されたのは御代田町道雪窓向原線沿い(通称:シチズン通り)の桜。成長した桜の・?によって歩道が隆起している箇所があり、歩行者がつまずいたり自転車が転倒して危険と、3年計画で歩道の改良工事が進んでいる。工事に伴い桜が伐採されるのを知った町民有志が相談し、「町の桜で作ったコカリナを奏でよう実行委員会」を結成。昨年8月に伐採された11本の桜の木から、周辺企業の寄付金50万円を充て250個のコカリナを製作した。コカリナはそれぞれ木目が異なり、発する音も微妙に違うという。近く御代田北小6年生にも寄贈する予定で、浅間縄文ミュージア繝 で販売(3500円)も行っている。
 同実行委員会の柳沢久子会長は、「子どもたちが大きくなったとき、コカリナを見て故郷を思い出してくれたら嬉しい」。コカリナを吹いた小島啓悟君は「きれいな音が出た。もっと上手く吹けるようになりたい」と話していた。同小学・?では総合学習の時間をコカリナ練習の時間に充て、ゆくゆくは演奏会を開く考えもある。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP