軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 動物の鳴き真似に小学生大笑い 能楽師・狂言師が西部小で演目披露

動物の鳴き真似に小学生大笑い 能楽師・狂言師が西部小で演目披露

2011年5月18日 16:37

0518.JPG
 観世流の能楽師・井上燎治さんや和泉流の狂言師・高野和憲さんら4人が5月18日、軽井沢西部小学・?を訪れ、全児童約300人を前に能や狂言の実演講座を開いた。井上さんが代表を務める「燎の会」は 2006年より毎夏、軽井沢大賀ホールで能や狂言の公演を主催。そこで知り合った知人を通じ、「伝統芸能の普及活動に」と同小学・?での講座開講が実現した。
 実演に先立ち井上さんは、能と狂言の生い立ちや、それぞれの違いについて説明。約600年の伝統があることについて、「各時代の戦国武将や将軍に楽しんでもらえたことで、守られてきたのが大きい」と話した。
 狂言の実演講座では『盆山』を上演。盆・?を盗みに入った主役の男が「ビョウビョウ」「キーキッキー」と犬やサルの鳴き真似をしてやり過ごす・?面では、子どもたちの大きな笑い声が体育館を包ん縺 。
0518-2.JPG
 続いて行われた体験講座で子どもたちは、演目の最初に語られる「この辺りの者でござる」というセリフや、垣・?をノコギリで切り・?る動作の際に発する「ズカズカズカズカ」という擬音を、楽しみながら大声で練習した。最後には、能の『羽衣』『土蜘』の仕舞いを舞う実演もあった。
 鑑賞を終え、5年生の竹内大翔君は「とても面白かった。お腹から声が出ていてすごい」。井上さんは「子どもたちの反応がよかったので、とても嬉しい。希望があれば、継続して講座を開いていきたい」と話していた。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP