軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 福島県の親子50人、マジックショーや流しそうめん楽しむ

福島県の親子50人、マジックショーや流しそうめん楽しむ

2011年8月25日 18:40

110825.JPG
 軽井沢旅館組合は8月22日、福島県内の原発被害に苦しむ地域から軽井沢町へ静養に訪れている子どもらに、楽しい夏の思い出を作ってもらおうと「夏をあそぼう!in 軽井沢」を開いた。今夏3度目の開催となるこの日は、約50人の親子連れが参蜉 。軽井沢町社会福祉協議会の職員や、ボランティアセンターに登録している町民ら計20人が準備に協力した。
 親子連れは矢ヶ崎公園管理棟で段ボールの迷路製作や、ケン玉やコマ、お手玉などをして遊ん縺 後、覆面マジシャンとして町内を中心に活動する、ブラックサタンのマジックショーを観覧。昼食は公園に出て、スタッフが組み立てた竹の仕掛けで、流しそうめんを楽しん縺 。
 参蜉 した福島市の橘内美幸さん、伊藤朋美さんは小さい子どもを持つ母親仲間。4組11人の親子グループで、8月15日から29日まで軽井沢に滞在するといい、この日のイベントは宿泊先で知った。伊藤さんは「子どもたちは、初めて行う流しそうめんをとても楽しんでいた様子」、橘内さんは「地元では野外で遊ぶことができないので、子どもを外で遊ばせてあげられるのが何より嬉しい」と話していた。
 軽井沢旅館組合事務局の徳道千代子さんは、参蜉 者に向けた最後の挨拶で「天気になって、計画通りできたことを嬉しく思う。この日を思い出して、また軽井沢へ遊びにきてほしい」と呼びかけていた。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP