軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > クマやイノシシとのばったり遭遇防止へ 5年目のやぶ刈りに120人が参蜉

クマやイノシシとのばったり遭遇防止へ 5年目のやぶ刈りに120人が参蜉

2011年9月14日 18:13

110914.JPG
 成城大学の学生や東信森林管理署の職員、町民有志らが9月11日、追分の宿泊施設「ベルデ軽井沢」近くの国有林でやぶ刈りを行った。2007年より毎年実施していて、今年は軽井沢国際森林年記念事業の一環で参蜉 者を募り、約120人が参蜉 。やぶを刈って林道からの見通しをよくすることで、クマやイノシシと近距離で遭遇するのを防ぎ、野生動物を住居地域に近づきにくくするのがねらい縺 。

 作業前には、野生動物の追い払い訓練を受けた「軽井沢フォレストレンジャードッグ」10・?が周辺の見回りを行い、クマなどが潜んでいないか安全を確認。参蜉 者はカマやノコギリを手に、林道の両脇に生い茂った草や低木を約1kmにわたって刈り払った。人の手によってやぶが切り開かれた・?所では、風倒木を玉切りにして片付け、刈り払い機で雑草を取り除いた。

 毎年参蜉 している大日向区長の小・?田久男さんは「このような地道な作業は何より人手が大事。今年は大勢の参蜉 者がいたので作業がはかどった」。また、毎年多くのゼミ生を伴ってやぶ刈りに参蜉 している成城大学准教授で軽井沢野生動物問題・?究会クロス理事長の打越綾子さんは、「野生動物の被害対策や森林整備に関心を持つ人たちが集まる・?になって、お互いの信・?関係が構築されてきているのは大変意義深いこと。これからも自然保護という理念を強調するのではなく、協働を実践するスタンスで続けていきたい」と話していた。

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP