軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 来年9月開催のコウモリフェスティバル 主催者が協力求め、町長訪問

来年9月開催のコウモリフェスティバル 主催者が協力求め、町長訪問

2011年10月31日 14:39

111031-1.JPG
 コウモリの会(神奈川県)の水野昌彦事務局長とピッキオのスタッフが、2012年9月1、2日に軽井沢で開催する「第18回コウモリフェスティバル」への町の協力を求め10月31日、藤巻進町長を訪問した。同フェスティバルは、悪いイメージが先行するコウモリについて、正しい理解を深め印象を良くしてもらおうと、全国各地で毎年開催され来年は18回目。

 この日、水野さんらは今年7月のフェスティバル(山梨県櫛形山)で使った、コウモリをイメージした衣装に身を包んで登・?。イベントの主旨などを町長に伝え、標本などを見せながらコウモリの生態について説明した。ピッキオによると、軽井沢では2010年夏より生態調査を進めていて、ウサギコウモリやモモジロコウモリなど6種類の生息を確認しているという。

 コウモリについて町長は「どこにでもいて、どんなところでも生きていけそうなイメージ」と話すと、水野さんは「実は天敵が多く、カラスやカモメのほか、テンやイタチ、ヘビなどからも狙われている」と応じた。また、益鳥としても知られるコウモリは「農家の害虫駆除に役立っていることは間違いない。た縺 ・?究者が少なく、分布調査もされていないので、特定の種類が減少してもわからないのが現状」と課題について話した。

 「第18回コウモリフェスティバル in 軽井沢」は2012年9月1、2日、ロイヤルプリンス通りにある「千代田区少年自然の家」を諡 点に開催。コウモリの・?究発表のほか、野鳥の森での観察会などを行う予定で、主催者は「大勢の地元の子供たちに参蜉 してほしい」と話している。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP