軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 自然光の中、森を散策している気分で絵画鑑賞 軽井沢千住博美術館が10月10日オープン

自然光の中、森を散策している気分で絵画鑑賞 軽井沢千住博美術館が10月10日オープン

2011年10月11日 12:06

111010.JPG
 軽井沢千住博美術館が10月10日、塩沢の国道18号軽井沢バイパス沿いに開館した。日本画家・千住博さんが、1978年から2011年にかけて制作した約100点の作品を所蔵する美術館で、世界的な賞を受賞している建築家の西沢立衛さんが設計した。

「森の中を歩いているように、自然光で作品を見てもらいたい」という千住さんの意向で、美術館の周囲はガラスを多用。館内にもガラスを隔てて外部とつながる空間を4カ所に設置し、美術館の周りには150種以上の樹木や草花を植・?した。ガラスは作品が傷まぬよう、紫外線を通さない特殊蜉 工のものを使用。本来の土地の起伏を生かした作りで、緩やかに傾斜する床も特徴縺 。

 千住さん自身が、開館に合わせ選ん縺 という展示作品は、流れ落ちる水の動きを表現した滝のシリーズや、子鹿が星空の下をさまよう絵本「星の降る夜に」の原画など47点。オープンに合わせて描いた新作「ウォーターホール」も展示している。

 美術館の他に、千住さんの画業をパネル写真や譏 像で紹介するギャラリー館、軽井沢の老舗パン屋「浅野屋」のカフェやミュージア繝 ショップが入った建物も敷地内に併設。開館は9時半から17時。入館料は一般1200円、高・?・大学生800円、中学生以下無料。12月26日から2月末までは冬期休館。TEL0267-46-6565

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP