軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > フリマや体験コーナー 母親グループ企画の復興支援イベント、3月4日に

フリマや体験コーナー 母親グループ企画の復興支援イベント、3月4日に

2012年2月22日 15:10

 東日本大震災を機に結成した軽井沢の母親グループ「ままふあり」が3月4日、昨年に続き2回目となる復興支援チャリティーイベント「リサイクルメッセ」を軽井沢町中央公民館で開く。会・?入口で義援金を寄付するともらえる「ふあり券」 を使い、会・?内で買物や体験コーナーを楽しむことができる。

 会・?にはリサイクルの子ども用品を中心に扱うフリーマーケットのほか、物づくりやマッサージ、ネイルアートなどの体験コーナーが登・?。ステージではシンガーソングライターのオギタカさんによるアフリカ楽器の演奏、覆面マジシャン・ブラックサタンさんのマジックやバルーンアートのショーも行われる。

 震災以降、同グループは福島県南相馬市の母親らに使ってもらおうと、同市の原町中央産婦人科に、手作りのハンカチやおむつケースになる巾着などを送る活動を継続。その縁で今回、集めた義援金は、福島県の南相馬市に送ることが決まっている。昨年7月に開いた同イベントには約500人が来・?し、集まった203,356円の義援金を、長野県・?村へ送った。
120222.JPG
 同グループは子ども服、育児用品を扱うフリーマーケットの出店者を2月26日まで募集中。また、出品する子どもの古着(洗濯済みの美品、サイズ150cmまで)や通園カバン、園服などの持ち込みも、イベント当日の9時半から受け付けている。

・?所:軽井沢町中央公民館
日時:3月4日11:00~15:00
問い合わせ:TEL090-3451-4508(清水)

(写真は昨年7月のイベントの様子)

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP