軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 「東北への想い、忘れないで」 被災小学生56人が撮った写真展示

「東北への想い、忘れないで」 被災小学生56人が撮った写真展示

2012年2月29日 14:58

120229.JPG
 昨年12月、小瀬地区にオープンしたカフェ「軽井沢・天空Cafe・Aura」が3月3日より12日まで、東日本大震災の被災地の小学生が撮影した写真を店内に展示する。写真を撮ったのは宮城県石巻市立開北小学・?と女川町立女川第二小学・?の5・6年生56人。「生まれた絆」「復興の芽」「将来の夢」の3テーマをもとに、子どもが震災後自由に撮影したもので、仙台駅構内や全国主要都市でも展示された。

 また9日から11日は「復興への明かりになるように」と願いを込め、同店の庭一面に氷で作ったキャンドルを設置し点灯。11日の一日の売上は、東北復興基金として全額を寄付する。

 同店マネージャーの菅原久美子さんは 「日々の生活に埋もれると、被災地への意識が薄れていくのもまた現状。震災を風化させないためにも、写真をみて東北への想いを深めてもらいたい」 と来店を呼びかけている。

営業時間は平日が11時~19時、土日祝は9時半~18時半。キャンドルを設置する3月9日~11日は19時半まで営業。TEL0267-31-0865(軽井沢・天空Cafe・Aura

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP