軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 「7~8割が1日100円以下で生活」フィリピン医療ボランティア参蜉 の高・?生ら・?告

「7~8割が1日100円以下で生活」フィリピン医療ボランティア参蜉 の高・?生ら・?告

2012年4月16日 14:22

120416.JPG
 フィリピンで歯科医療などのボランティアを行う「ハローアルソン・フィリピン医療を支える会」(林歯科診療所・林春二会長)が4月14日、今年2月に現地で行った奉仕活動の・?告会をエコールみよたで開いた。同会は2001年より毎年、フィリピンで物資支援、歯科医療などのボランティアを続けている。今年は2月8日から11日まで、75人(歯科医師17人、歯科衛生士11人、高・?生25人ほか)が、マニラ近郊カビテ市のスラ繝 地帯を訪問。約1500人に日本で集めた歯ブラシやタオルなどの物資を配布し、1154人に歯石を除去するクリーニングや抜歯、投薬などの歯科医療を施した。

 この日は、・?告会に集まった350人の聴衆を前に、参蜉 した高・?生らが現地の様子や活動を通じて感じたことなどを発表した。 将来は歯科医師になるのが夢という、新島学園高・?3年の生方雄平君は「次は歯科医師としてこの活動に参蜉 し、フィリピンで多くの人を笑顔にしたい」と、夢がもう一つできたことを・?告。

 また、上田西高3年生の4人は、リレー形式でスライドを交えながら「フィリピンで暮らす7~8割の人は1日100円以下で生活している」「歯を抜くときのメキメキという音は、今までで聞いた中で一番いやな音縺 った」「ボランティアに大小はない。難しくなく、誰でも簡単に始められること縺 とわかった」などと発表した。

 続いて登壇した同ボランティアの団長、せきぐち歯科医院(・?木県那・?塩原市)の関口敬人院長は、バケツに貯まった抜いた虫歯の写真をスライドに譏 し、「日本縺 ったら治療できた歯。設備がないため治療ができず、歯ブラシを買えないから虫歯になる」とフィリピンの現状を説明した。

 ・?告会に出席した御代田町の女性は 「高・?生の発表から現地の様子が痛いほど伝わってきた。現地には行けないが、物資集めなど日本でできることで協力したい」と話していた。

 同会では、2013年2月7日から10日(予定)にフィリピンでボランティアを行う高・?1・2年生を募集している。募集邱 切は7月21日。またフィリピンに届ける、未使用の歯ブラシ、タオル、石鹸も随時募集中。
問い合わせはTEL0267-32-3613(林歯科診療所内「フィリピン医療を支える会」事務所)

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP