軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > クマの特徴や対処法学ぶ ピッキオが西部小で安全講習会と特別学習

クマの特徴や対処法学ぶ ピッキオが西部小で安全講習会と特別学習

2012年5月11日 11:31

120511-02.JPG
 軽井沢町の委託でツキノワグマの保護管理を行うピッキオが5月7日、軽井沢西部小学・?でクマの安全講習会を開いた。全・?児童を前に、ピッキオスタッフの田中純平さんらが、クマの特徴や遭遇したときの対処法について話した。

 田中さんはクマについて、「木登りが上手」「100mを7秒台で走る」「とっても臆病」などと特徴を説明。登下・?時の・?好(ヘルメット、ランドセル姿)をした各学年の代表者とともに、遭遇したときの対処法を実践した。出合ったときの距離で対応は違い、5m以内に近づいた・?合は、首の後ろを両手で押さえた状態でうつぶせになってやり過ごすよう教え、子グマを見かけた際は「可愛いけど、近くにお母さんのクマがいるので、絶対近づかないで」と呼びかけた。
120511.JPG
 今年からは、クマが暮らす環境についてより深く知ってもらおうと、各学年ごとに環境学習も実施。2年生は、クマの毛皮や剥製に触れ、・?骨などを間近に観察した。軽井沢に暮らす他の動物とクマの・?骨を比較し、木の実をすり潰せるようクマの奥歯は平ら縺 が、キツネなどは肉を噛み切れるよう、奥歯も尖っていることなどを児童は学ん縺 。最後に田中さんは「軽井沢にクマがいるのは豊かな森がある証。た縺 彼らは人間に被害を及ぼす・?合もある。動物は言葉を喋れないので、上手に付き合っていけるよう、もっと調べて勉強していきましょう」と邱 めくくった。

 ピッキオは7月までに東部、中部小でも安全講習会を開く。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP